Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。

older | 1 | .... | 226 | 227 | (Page 228) | 229 | 230 | .... | 269 | newer

    0 0

    20日、東京・大田区総合体育館。WBA、IBF統一世界ライトフライ級タイトルマッチ。チャンピオン田口良一(ワタナベ)vs挑戦者・元WBA世界ミニマム級王者・IBF6位ヘッキー・ブドラー(南ア)。試合は初回から積極的に仕掛けた挑戦者が、手数、有効打で王者を上回り、着々とポイントを積み重ねて行った。

     

     

    動きの速いブドラーに対し田口選手は、右アッパー、左ボディで突破口を見出そうとした。

     

     

    挑戦者リードで迎えた最終ラウンド。ついに田口選手の左フックが爆発し、ブドラーがダウン(サム・ウィリアムス(米)主審はスリップと裁定したが、ラウンド終了後にダウンに訂正)。

     

     

    終了ゴングまでブドラーを追い回した田口選手だったが、終了ゴングに逃げ込まれた。敗者は「自分がダメ。受け入れます」と潔く負けを認めた。

     

     

    公式スコアはマイク・フィッツジェラルド(米)、ネヴィル・ホッツ(南ア)、中村勝彦(日本)が揃って114-113でブドラー(最終回は10-8に訂正)。

     

     

    2階級制覇を達成したブドラーは、スロースターターの田口選手に対し初回から仕掛けた作戦がまんまと的中し、してやったりの笑顔。「勝ててうれしい。すごく公平なジャッジだった」と語った新王者の初防衛戦はオプション契約により日本で行われる。そしてブドラーは、「相手は田口でもいい」と付け加えた。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    昨年5月にサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)に完敗を喫した、フリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ)の復帰戦が、8月4日(日本時間5日)か11日(日本時間12日)に米国で予定。対戦相手候補には、セルジオ・モラ(米)、ガブリエル・ロサド(米)、バネス・マーティロスヤン(アルメニア)らの名前があがっている。

     

     

    チャベスJrは、エディ・ハーンがオンデマンド・ストリーミング・サービスの「DAZN」で知られるパフォーム・グループと、8年、10億ドル(約1,0384億円)の契約を締結し、設立した「マッチルーム・ボクシング・USA」と、3試合の契約を結ぶ模様。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBCはスーパーミドル級王者デビッド・ベナビデス(米)=20戦全勝(17KO)=と、同級2位アンソニー・ディレル(米)=32勝(24KO)1敗1分=の両陣営に対戦を指令。30日間の間に対戦合意に達しない場合は、6月22日(日本時間23日)に入札が開催される。

     

     

    ベナビデスは7月28日(日本時間29日)に米・ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催予定の、WBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米)と、IBF世界同級王者ロバート・イースターJr(米)による王座統一戦興行に出場。同級15位マット・コロボフ(ロシア)を相手に2度目の防衛戦が計画されている。今後に注目。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBA、IBF統一世界ライトフライ級タイトルマッチ。チャンピオン田口良一(ワタナベ)vs挑戦者・IBF同級6位ヘッキー・ブドラー(南ア)。5月20日、東京・大田区総合体育館。田口選手は8度目となるWBA王座と、IBF王座の初防衛を賭けてリングに登場。

     

     

    挑戦者ブドラーは元WBA世界ミニマム級スーパー王者。

     

     

    IBF立会人はベン・キールティ(豪)。

     

     

    オフィシャルを派遣しなかったWBAの立会人は、JBCの安河内 剛 事務局長(左)が務めた。

     

     

    須藤尚紀リングアナ。

     

     

    ブドラーは初回から飛ばした。

     

     

    王者もジャブから試合を作ろうとしたが。

     

     

    挑戦者は上下へ多彩なパンチを打ち分け、すぐにサイドステップ。王者に的を絞らせない。

     

     

    ブドラーに傾いた試合の流れを変えようと田口選手が打って出る。

     

     

    しかし、ブドラーもしつこく反撃。

     

     

    中盤以降、王者は強い左ボディで挑戦者の動きを止めにかかる。

     

     

    終盤、さすがに疲れの色を見せたブドラーだが、手数は衰えなかった。

     

     

    いよいよ最終ラウンド。

     

     

    「倒せるぞ」のセコンドの声に送られた田口選手の左フックがヒット。

     

     

    ブドラーはキャンバスへ落ちたが、サム・ウィリアムス(米)主審はスリップとし試合続行。

     

     

    KOを狙った田口選手だが、ブドラーも懸命に逃げ切り試合終了ゴング。

     

     

    ワタナベ会長が主審に猛抗議。

     

     

    最終回終了後、主審がミスを認めダウンに訂正。今度はブドラー陣営が立会人に詰め寄った。しかし判定はブドラー。

     

     

    公式スコアはマイク・フィッツジェラルド(米)、ネヴィル・ホッツ(南ア)、中村勝彦(日本)が揃って114-113でブドラー(最終回は10-8に訂正)。

     

     

    2階級制覇を達成したブドラー(30歳)は、32勝(10KO)3敗。新王者は「勝ててうれしい。すごく公平なジャッジだった」と話し、オプション契約により日本で行われる初防衛戦は。「田口が相手でもいい」。ワタナベジム陣営も再戦への動きを見せており、田口選手のリベンジ戦に期待!。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    空位のIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦。3位ビリー・ディブ(豪)と4位テビン・ファーマー(米)の一戦は、8月4日にオーストラリアのシドニーで開催。同王座は昨年12月に米・ラスベガスで行われた王座決定戦で、ファーマーを破った尾川堅一(帝拳)選手が王座を獲得したが、ドーピング検査で陽性反応を示し、試合はノーコンテスト。尾川選手の王座は剥奪となっていた。

     

     

    地元リングで2階級制覇へチャレンジすることになったディブは、元3階級制覇王者のジェフ・フェネック(豪)に師事し、勝利を目指している。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBA世界スーパーバンタム級王者ダニエル・ローマン(米)と、暫定王者で同級1位のモイセス・フローレス(メキシコ)の一戦が、6月16日(日本時間17日)に米テキサス州フリスコのフォード・センターで開催。同日のメインはIBF世界ウェルター級王者エロール・スペンスJr(米)と、同級3位のカルロス・オカンポ(メキシコ)のタイトル戦。他にデボン・アレクサンダー(米)vsアンドレ・ベルト(米)の元王者同士のウェルター級12回戦も行われる。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    元東洋ウェルター級王者で、元国際ボクシングスポーツジム会長の高橋美徳氏が逝去されました。享年79歳。高橋氏は1961年にアマの全日本王者からプロ転向。三迫ジム入りし、東洋ウェルター級王座を獲得。64年1月にはエディ・パーキンス(米)の持っていた世界スーパーライト級王座に挑戦するも、死闘の末に13ラウンドKO負け。生涯戦績26勝(11KO)4敗。

     

     

    引退後は三迫ジム・トレーナーを経て、1971年4月に国際ボクシングスポーツジムを設立。ロイヤル小林、レパード玉熊、セレス小林の3人の世界王者を輩出した。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    25日に東京・大田区総合体育館で開催されるダブル世界戦の調印式が都内で行われた。WBA世界バンタム級戦は、3階級制覇を目指す井上尚弥(大橋)選手が、正規王者ジェイミー・マクドネル(英)に挑戦。日本のモンスター井上選手の試合は、英・スカイスポーツに続き、米・ESPN+で全米に生中継されることも決定。世界から大きな注目を集めている。

     

     

    井上選手は、「バンタム級初戦で過去最高の相手と戦えることに感謝したい。試合では全空間を支配する。ハッキリした形で勝利したい」。

     

     

    緊張感ある井上陣営。良い感じに見えます。

     

     

    マクドネルは「彼の強さは承知している。勝てば私の名前も世界に知られることになるだろう」。

     

     

    トレーナーのデイブ・コールドウェルは予想が不利だとされていることに対し、「それは他人の意見。真実は試合をしてみないと分からない。ジェイミーは亀田に二度も勝っている」。

     

     

    WBA立会人は、レンゾ・バグナリオル(ニカラグア)。英語の他、仏語・伊語も堪能。

     

     

    試合のオフィシャル。左からレフェリー、ルイス・パボン(プエルトリコ)、ジャッジ、イグナシオ・ロブレス(パナマ)、オリバー・ブライアン(独)、ピニット・プラヤドサプ(タイ)の三氏。

     

     

    ご覧のように体格では大きくマクドネルが上回る。井上選手がどんなボクシングを見せてくれるのか大いに楽しみです。試合の模様は25日午後8時2分~9時55分(延長あり)。フジTV・金曜プレミアム『FUJI BOXING 井上尚弥3階級制覇挑戦&拳四朗V3戦』で放映。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    25日に東京・大田区総合体育館で開催されるダブル世界戦の調印式が昨日、都内で行われた。WBC世界ライトフライ級戦は、チャンピオン拳四朗(B.M.B)選手が、前王者で1位のガニガン・ロペス(メキシコ)と約1年ぶりの再戦に挑む。

     

     

    フィリピン合宿でサウスポー相手に約150ラウンドのスパーリングを敢行した王者は、「サウスポーに慣れた。前戦より明らかな差を見せて、成長したところを見せたい。チャンスがあればKOを狙う」。

     

     

    王座奪還に意欲を見せるロペスは、「調子は上がっている。私が世界チャンピオンであることを証明する」と自信を見せた。

     

     

    WBC立会人は、メイジャ-・リ―氏(韓国)。

     

     

    ロペスから王座を奪取し、元王者のペドロ・ゲバラ(メキシコ)の挑戦を退けた拳四朗選手の実力は、国内よりも世界的ファン、関係者から認められている。それを証明するような勝利を期待!。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    25日に東京・大田区総合体育館で開催されるダブル世界戦の調印式が、本日、東京ドームドームホテルで行われた。WBA世界バンタム級タイトルマッチは、王者ジェイミー・マクドネル(英)が大幅に遅刻しながらも一発で計量をクリア。3階級制覇を目指す挑戦者の井上尚弥(大橋)選手も、最初の計量でパスした。

     

     

    井上選手はリミットの53・5キロ。

     

     

    1時間以上も遅刻したマクドネルは53・3キロで計量をクリすると、試合に勝ったかのように大喜び。

     

     

    マクドネルのプロモーター、エディ・ハーン(英)。遅刻に付いては、プロモーターである大橋秀行会長、帝拳ジムの本田明彦会長には随時連絡を入れていたと言い、「日本人と違って我々はそこまで時間にきっちりしていない。海外で30分、1時間の遅刻はよくある話」。

     

     

    井上選手は王者を睨みつけた。

     

     

    WBAオフィシャル。右からレンゾ・バグナリオル(ニカラグア)立会人、ルイス・パボン(プエルトリコ)主審、イグナシオ・ロブレス(パナマ)、オリバー・ブライアン(独)、ピニット・プラヤドサプ(タイ)のジャッジ三氏。

     

     

    BBBC(英国コミッション)代表のチャーリー・ジャイルズ。同コミッションは英国選手の海外での世界戦の際は、代表が試合に出席。

     

     

    井上選手は、「ふざけてますね。謝りの言葉ひとつもない。陣営の態度にもイラッときた」と怒り心頭。「この思いを明日にぶつける。判定は望んでいない」とKO奪取を宣言。それでも、「明日の夜9時までには時間がある。回復してくると思う」と警戒心も緩めなかった。まずは第一関門クリア。明日の決戦が楽しみです。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    

     


    0 0

    25日に東京・大田区総合体育館で開催されるダブル世界戦の前日計量が、本日、東京ドームホテルでで行われた。WBC世界ライトフライ級戦。チャンピオン拳四朗(B.M.B)選手と、挑戦者で1位にランクされる前王者ガニガン・ロペス(メキシコ)は、共に一発で計量をクリア。

     

     

    拳四朗選手は48.7キロでパス。

     

     

    ロペスも同じく48.7キロでクリア。

     

     

    向島 祐 コミッション・ドクター(左)と、JBC富樫光明氏。

     

     

    立場が入れ替わっての約1年ぶりの再戦。V2戦で素晴らしいKO防衛を見せてくれた拳四朗選手が、36歳となったロペスの間合いに合わせず、持ち前のスピードボクシングを機能させれば、おのずと勝利は見えて来る。好ファイトを期待!。。

     

     

    アンダーカードには井上尚弥(大橋)選手の実弟、井上拓真(大橋)選手が54.5Kg契約10回戦に出場。54.3キロで計量をクリア。

     

     

    対戦相手のワルド・サブ(インドネシア)=12勝(2KO)11敗=は54キロでパス。

     

     

    主要4団体で世界ランク入りしている拓真選手は、世界挑戦を前に内容を問われる試合となる。力まず、柔軟な姿勢で、どう崩して行くのかに注目。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    ホルヘ・リナレス(帝拳)選手に勝ち、WBA世界ライト級王座を獲得したワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が、正式に保持していたWBO世界スーパーフェザー級王座を正式に返上。空位となった王座は1位クリストファー・ディアス(プエルトリコ)=23戦全勝(15KO)=と、2位伊藤雅雪(伴流)選手=23勝(12KO)1敗1分=の間で争われる。試合は7月28日(日本時間29日)に、米・フロリダ州キシミーで開催されるESPN放映興行で計画されている。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBA世界ミニマム級の指名試合。王者ノックアウト・CPフレッシュマート(タイ)と、同級1位バイロン・ロハス(ニカラグア)のタイトルマッチは、7月27日にタイで開催。ロハスは2016年3月に敵地でヘッキー・ブドラー(南ア)を破り世界王座を獲得。9月の初防衛戦はタイへ渡り暫定王者だったノックアウトと対戦。ジャッジ三者が揃って115-113の僅差の判定で敗れた。以後、7連勝(2KO)のロハスは雪辱戦での王座返り咲きに意欲を燃やしている。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    24日(日本時間25日)、米・ニュージャージー州スプリングフィールドのIBF本部で行われた、IBF世界ヘビー級挑戦者決定戦。2位クブラト・プーレフ(ブルガリア・下写真)と、4位ディリアン・ホワイト(英)戦の入札は、ドン・キングの弁護士を長年務めていたジョン・ワート率いるエピックスポーツ&エンターテイメントが、150万111ドル(約1億6380万円)で落札。ファイトマネーの分配はプーレフ75%、ホワイト25%となる。

     

     

    ホワイトのプロモーター、マッチルーム・スポーツは83万1千111ドル、プーレフのザウアーラント・プロモーションは、80万1千305ドルだった。今後は6月8日(日本時間9日)までに契約を締結し、試合は8月24日(日本時間25日)までに行わなければならないとされている。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    世界を駆け巡るボクシング・カメラマン山田純夫氏は大相撲の大ファンでもある。昨日の取り組みがSUMIO・レポート番外編として送られて来たのでご紹介します。

     

     

    ○魁聖 突き落とし ●遠藤

     

     

    ○鶴竜 押し出し ●勢

     

     

    ●白鵬 寄り切り ○栃ノ心

     

    山田氏は本日行われる井上尚弥vsジェイミー・マクドネル、拳四朗vsガニガン・ロペスを取材後、すぐに27日(米国時間26日)に米・カリフォルニア州フレズノで開催されるジェルウィン・アンカハスvsジョナス・スルタン、カリ・ヤファイvsデビッド・カルモナを取材の為に移動と、相変わらず忙しい。SUMIO・レポートをお楽しみに!。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)擁するゴールデン・ボーイ・プロモーションのオスカー・デラホーヤは、9月に予定する次戦の対戦相手は世界ミドル級3団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)以外の選手をターゲットにすることを言及。候補にはWBO王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)、WBC暫定王者ジャモール・チャーロ(米)、元王者ダニエル・ジェイコブス(米)、4団体でランク入りしているゲイリー・オサリバン(アイルランド)の名前をあげた。

     

     

    ゴロフキンのプロモーター、トム・レフラーは、「ゴロフキンはミドル級の誰と戦うことを恐れるものではない。5月の試合がキャンセルされたことで彼は大きな犠牲を払った。だから再戦ではよりバランスの取れたパーセンテージを望んでいる」と発言。これに対し、デラホーヤは「ゴロブキンがカネロと戦いたくないのは明らかだ」とし、ゴロフキン陣営を批判している。今後に注目。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    元4階級制覇王者で”石の拳”のニックネームで一世を風靡したロベルト・デュラン(パナマ)の半生を描いた実話ドラマ、「ハンズ・オブ・ストーン」が26日、午後10時15分からWOWOWシネマで放映されます。デュランファンの皆様、お見逃しなく!。

     

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    25日、東京・大田区総合体育館。ダブル世界戦興行のアンダーカードに出場した井上尚弥(大橋)選手の実弟、井上拓真(大橋)選手は、ワルド・サブ(インドネシア)=12勝(2KO)11敗=との54.5Kg契約10回戦に挑んだ。

     

     

    強烈な左ボディがグサリ!。

     

     

    KOタイム初回2分14秒。

     

     

    倒して当然の相手とはいえ会心の初回KO勝ちで兄の露払いを果たした拓真選手は11戦全勝(3KO)。主要4団体で世界ランク入りしており、年内に予想される世界挑戦が期待されます。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    25日、東京・大田区総合体育館で開催されたダブル世界戦。WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ、チャンピオン拳四朗(B.M.B)選手に、挑戦者で1位にランクされる前王者ガニガン・ロペス(メキシコ)が挑んだ一戦は、拳四朗選手が第2ラウンド1分58秒、右ボディストレート一発でKO勝利。見事な一撃でした。おめでとうございます。

     

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    5日、東京・大田区総合体育館で開催されたダブル世界戦。WBA世界バンタム級タイトルマッチ。王者ジェイミー・マクドネル(英)に同級2位井上尚弥(大橋)選手が挑んだ一戦は、井上選手が初回KO勝ちで3階級制覇を達成。強い!。

     

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


older | 1 | .... | 226 | 227 | (Page 228) | 229 | 230 | .... | 269 | newer