Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。

older | 1 | .... | 204 | 205 | (Page 206) | 207 | 208 | .... | 269 | newer

    0 0

    IBF世界ミニマム級タイトルマッチ。チャンピオン京口紘人(ワタナベ)vs同級3位カルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)。2017年12月31日、東京・大田区総合体育館。パワーで勝る王者は初回から得意の左ボディを織り交ぜた攻撃でペースを引き寄せた。

     

     

    京口選手の圧力の前にブイトラゴは、次第に追い込まれて行く。

     

     

    しかし、タフな挑戦者は下がりながらもカウンターを狙う。

     

     

    第8ラウンド。粘る挑戦者をチャンピオンが猛攻。

     

     

    ついにロベルト・ラミレスJr(プエルトリコ)主審が試合をストップ。TKOタイム8回2分28秒。

     

     

    7回までのスコアは全てのジャッジが、京口選手のフルマーク。

     

     

    完勝で初防衛に成功した京口選手は、「キャンバスに倒したかった」と悔しさをにじませ、「井上尚弥さんに比べるとカスみたいな試合。ギリ合格点。ちょっとだけ爪痕を残せたかな」と辛めの自己評価で先を見据えた。向上心旺盛な王者の今後の防衛ロードに注目。

     

    新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            

     

     


    0 0

    世界ライトフライ級王座統一戦、WBAチャンピオン田口良一(ワタナベ)vs IBF王者ミラン・メリンド(比)。2017年12月31日、東京・大田区総合体育館。初回こそ硬さが目立った田口選手だが、得意の右ストレートを打ち込み徐々にペースを掌握。

     

     

    メリンドは八重樫 東 (大橋)選手を初回で粉砕した強打で田口選手に迫る。

     

     

    回転の速い連打で攻め込むメリンドだったが、ラウンドが進むにつれてその動きはおとなしくなって行った。

     

     

    終盤戦、田口選手の攻勢の前にメリンドはピンチの連続。

     

     

    12ラウンド終了。文句なしの判定で田口選手の手があがった。

     

     

    公式スコアはグスタボ・ジャルキン(ニカラグア)116-112、イグナシオ・ロブレス(パナマ)117-111、フランシス・ジャクソン(米領バージン諸島)117-111の3-0。

     

     

    IBF王座を獲得し、WBA王座7度目の防衛に成功した田口選手は、「最高にうれしい。苦しかったが、勝てて良かった。ボクシングを始めて最初の夢が世界チャンピオン。次の夢が7回防衛と王座統一でした」と喜びを語り、「メリンドは本当に強いチャンピオンだった。自分の強さが証明できたと思う」とつなげた。次戦はIBFがメリンドとの再戦指令を出していたヘッキー・ブドラー(南ア)との対戦が濃圧。これも楽しみな戦いです。次戦も期待!。

     

    新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            

     


    0 0

    2017年大晦日。「有吉会長からお手伝いを頼まれたので、一緒に行きましょう」。元協栄ジム大竹重幸マネジャーからの連絡を受け、東京・大田区総合体育館へ。WBO世界フライ級チャンピオン木村 翔 (青木)選手は、元WBC世界同級王者で1位の五十嵐俊幸(帝拳)選手の挑戦を受ける。昨年7月、完全アウェイの中国で世界王座を奪取した木村&有吉コンビだが、国内での世界戦、TVのゴールデンタイム登場も初めて。

     

     

    5年前、同じ場所、同じ控室で世界戦を戦ったのがWBC世界スーパーフライ級チャンピオンの佐藤洋太(協栄)選手。「ゲンをかついで、その時と同じTシャツ着て来たよ」(大竹氏)に、うれしそうな笑顔を見せた木村選手は、強い意志と素直な心を持っていると感じた(私は初対面)。

     

     

    せわしなく動き回る木村選手に、「まだ2時間もあるぞ!」の声がかかる。

     

    「いいんだよ。調子がいいから早く動きたくてしょうがないんだろ!」(大竹氏)の言葉に、これまたニッコリのチャンピオン。

     

     

    6時半を前にバンテージ巻きが始まった。帝拳ジムの立会人は田中繊大トレーナー。

     

     

    和やかな雰囲気のうちにバンテージが巻き終わると、試合用のグローブを付けて試し打ち。

     

     

    この辺りから時が過ぎるのが早く感じられる。そして、グロービング。

     

     

    JBCのチェックを受け、再びミット打ち。

     

     

    緊張が高まって行く。「トレーナー(有吉会長)のトレーナー(大竹氏)なんですよ」と有吉会長が胸を押える。

     

    「有吉会長も周りで経験持っている人は、そんなにいませんから大変ですよね」

     

    「そうだよなァ。カポネ(金平正紀・協栄ジム先代会長)も最初はそうだったのかなァ」

     

    「三迫会長とか、スタンレーさんとか、助っ人頼んでいましたね」

     

    「なんにしても有吉会長が頼りにしてくれる素直な気持ちがうれしいじゃないですか」

     

    「そうだよなァ」

     

     

    ガウンをまといいざ出陣。

     

    「会長、私はどこにいたらいい?」

     

    「下に。僕のそばにいてください」

     

    戦いが始まった。

     

     

    試合前の作戦通リ。木村選手は初回から前に出て五十嵐選手を下がらせる。両選手の思いの丈がぶつかり合った激しい試合は、木村選手が勝利。夢をつなげることが出来た。

     

     

    控室にはドクターチェックを受けているチャンピオンよりも早く認定証が到着。

     

     

    そして木村選手の兄弟子にあたるWBOオリエンタルスーパーフェザー級王者渡邉卓也選手も、木村選手の勝利に大いに刺激された様子で、勝者の凱旋を待ち受けていた。

     

    「やっぱり世界戦の緊張感はいいねぇ!。良かった、良かった」

     

    「有吉会長もこれからどんどん経験積んで、カポネを目指してほしいですね」

     

    木村&有吉コンビの今後の更なる活躍を大いに期待します!。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    WBAは昨年12月度の最新ランキングを発表。月間MVPにライトフライ級王座7度目の防衛に成功し、IBF王座を吸収した田口良一(ワタナベ)選手が選出された。田口選手はスーパー(統一)王者に昇格し、正規王座は空位。前回7位の小西伶弥(真正)選手が2位へと一気にランクアップしているのが目立つ他、スーパーライト級10位に岡田博喜(角海老宝石)選手がランクイン。

     

     

    WBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)への挑戦に失敗したギレルモ・リゴンドウ(キューバ)の、スーパーバンタム級スーパー王座は剥奪され、リゴンドウの名前はランキングから消えている。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    3月10日(日本時間11日)に米・カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターでの興行に出場が決まっている、WBO世界フェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ)の対戦相手に、元WBA世界スーパーバンタム級王者で10位にランクされるスコット・クイッグ(英)が浮上。クイッグ擁するエディ・ハーンは、既に両陣営が契約同意に達していることを明かし、近々正式契約が結ばれるとしている。

     

     

    23戦全勝(19KO)のバルデス(上写真)は4度目の防衛戦。2階級制覇に挑むクイッグは、34勝(25KO)1敗2分。同日はWBO世界スーパーバンタム級王者ジェシー・マグダレノ(米)のV2戦との、ダブル世界戦興行となる。放映はESPN。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    昨年12月9日(日本時間10日)に米・ラスベガスで行われたIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦で、尾川堅一(帝拳)選手に敗れたテビン・ファーマー(米)のプロモーター、ルー・ディベラは、判定を不服とし弁護士を通じ正式にIBFに再戦指令を要求。

     

     

    この試合はマックス・デルーカ(米)115-113、バート・A・クレメンツ(米)116-112で尾川選手。ティム・チェイサム(米)は116-112でファーマーと割れたが、パワーパンチでよりダメージを与えた尾川選手の手があがっていた。ファーマーの勝ちを訴えるメディア、関係者の声もあったが、遠来の尾川選手に対し「ラスベガスのジャッジは公正なジャッジを下した」として、この再戦要求を支持しない意見も上がっている。

     

     

    最近のIBF世界戦では昨年9月にフィリピン・セブで行われたライトフライ級戦で、当時の王者ミラン・メリンド(比)が、6位ヘッキー・ブトラー(南ア)と防衛戦を行い、117-110、115-112でメリンド、115-113でブトラーのスプリットで地元のメリンドが勝利したが、ブトラー陣営が試合直後から最終ラウンドに喫したノックダウンの裁定は間違いだと主張し再戦を要求。それが認められ再戦指令が出ており、昨年大晦日にメリンドを破りIBF王者となった田口良一(ワタナベ)選手が、ブトラーの挑戦を受けることになる。

     

    さて、IBFがどんな裁定を下すのか。大いに注目されます。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    2階級上げてのワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)の持つWBO世界スーパーフェザー級王座挑戦に敗れ、WBA世界スーパーバンタム級王座を剥奪されたギレルモ・リゴンドウ(キューバ)のアレックス・ボルネーテ・マネジャーは、「不公平である」とWBAを非難。WBAの特別許可を得る為には、1万5千ドルの承認料を求められていたことを明かしている。

     

     

    無冠となったリゴンドウは、今後、スーパーバンタム級からフェザー級までを視野に入れ戦っていく方針だが、2015年から契約するロックネイション・スポーツとの契約は今夏で切れることになる。37歳の元王者がどんな形でリング復帰することになるのか。大いに注目。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    WBCは2月17日(日本時間18日)に米・ラスベガスのマンダレイベイ・ホテル&カジノで開催されるウェルター級2位ダニー・ガルシア(米)と、11位ブランドン・リオス(米)の12回戦を挑戦者決定戦として承認。

     

     

    WBC世界同級王者キース・サーマン(米)への指名挑戦権は、1位のショーン・ポーター(米)が既に保持しており、ガルシアvsリオスの勝者は、その次の指名挑戦者となる。戦線離脱中のサーマンは4月に防衛戦を計画。トップランクを離脱しアル・ヘイモン傘下となったジェシー・バルガス(米)と戦う予定。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    WBA世界スーパーウェルター級スーパー王者エリスランディ・ララ(キューバ)と、IBF世界同級王者ジャレット・ハード(米)が対戦同意。昨年10月に米・ニューヨークで開催されたスーパーウェルター級トリプルヘッダー興行に出場した両選手は、その後、王座統一戦での顔合わせが期待されていた。

     

     

    34歳のララは25勝(14KO)2敗2分。10月の興行では70万ドルの報酬を得ている。古豪オースティン・トラウト(米)を粉砕して初防衛に成功しているハード(27歳)は、現在、7連続KO中で21戦全勝(15KO)。トラウト戦のファイトマネーは33万ドル。

     

     

    勢いのあるハードが技巧派サウスポー、ララの牙城を崩すことが出来るのか。それとも、強打は空転させられてしまうのか。大いに楽しみな一戦です。正式発表が待たれます。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    前WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介(帝拳)選手が、王者ルイス・ネリ(メキシコ)に挑戦するリターンマッチが、3月1日に東京・両国国技館で開催されることが、正式発表された。同日ははIBF世界スーパーバンタム級チャンピオンの岩佐亮祐(セレス)選手が、同級13位エルネスト・サウロン(比)の挑戦を受ける一戦とのダブル世界戦となる。

     

     

    昨年8月の試合後に薬物検査で陽性反応が出たネリは、食べた牛肉のせいという理由が通リお咎めなし。WBCによって指令された再戦で、改めて勝負をつけることになった。サウスポー同士。勝負を急がず、体格の利を活かして戦えば、雪辱のチャンスが見えて来るだろう。

     

     

    岩佐選手は昨年9月に小國以載(角海老宝石)選手から奪った王座の初防衛戦。28歳のサウロンは世界初挑戦。これまでの戦績は、21勝(8KO)2敗1分。身長168センチのオーソドックス・スタイル。ここは岩佐選手の初防衛に期待。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    元2階級制覇王者カール・フランプトン(英)と、元5階級制覇王者ノニト・ドネア(比)が対戦するフェザー級12回戦は、4月7日(日本時間8日)開催から21日(日本時間22日)にスライド。英・ベルファストのSSEアリーナで開催される。

     

     

    フランプトンはドネアに勝って、夏にも地元ベルファストのウィンザーパークで世界タイトルに挑戦するプランを持っている。そのターゲットのIBF世界フェザー級王者リー・セルビー(英)は、同国人の指名挑戦者ジョシュ・ワーリントン(英)の挑戦を、5月19日(日本時間20日)に挑戦者の地元、英・リーズで受けることが決まっており、それぞれの試合結果が大いに注目される。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    IBFはスーラーライト級の次期指名挑戦者決定戦。3位アントニー・ジギ(スウェーデン・下写真左)=21勝(7KO)無敗1分=と、4位イバン・バランチェク(ロシア・米・オクラホマ州マイアミ在住・下写真右)=17戦全勝(10KO)=の両陣営に入札を指令(1、2位は空位)。入札は1月16日(日本時間17日)に、米・ニュージャージー州スプリングフィールドのIBF本部で開催される。

     

     

    同級王者セルゲイ・リピネッツ(カザフスタン)は、2月10日(日本時間11日)に米・テキサス州サンアントニオでWBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米)の挑戦を受けることが決定。予想有利のガルシアが勝つと、次はWBA世界ライト級王者でWBC世界同級ダイヤモンド王者のホルヘ・リナレス(帝拳)選手と戦うとしており、ジギvsバランチェクの行方は大いに注目される。

     

    5位にはリピネッツとの王座決定戦で、敗れたとはいえ評価を上げた近藤明広(一力)選手が位置しており、再浮上の為には今後のマッチメイクが大事になる。今後に注目。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    テレンス・クロフォード(米)との世界スーパーライト級4団体王座統一戦で敗れた、ジュリアス・インドンゴ(ナミビア)が、WBC世界ヘビー級王者ディオンテイ・ワイルダー(米)らを傘下に置く、ルー・ディベラの「ディベラ・エンタテインメント」と新たに契約。世界王座奪還へ向け、再出発を図る。

     

     

    新マネジャーにマイケル・カーター(米)を迎えたインドンゴは、米・ネブラスカ州オマハで訓練され、クロフォードがウェルター級に去った後のスーパーライト級王座奪還を狙う。22勝(11KO)1敗。今後の動向に注目。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    6日(日本時間7日)、ガーナ・アクラのブコン・ボクシング・アリーナで開催されたWBO世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦。同級1位セサール・フアレス(メキシコ)と、同級2位アイザック・ドビ(ガーナ)の一戦は、第2ラウンドにドビが先制のダウンを奪いリード。そして迎えた第5ラウンド。ガードを高く上げ前進、重そうな左右パンチを振るってドビを追いかけていたフアレスが、不用意に出たところにドビの左フックが炸裂。キャンバスへ尻餅をつく形でダウンしたフアレスは立ち上がったが、トニー・ウィークス(米)主審は試合をストップ。ドビのTKO勝ちとなった。TKOタイム5回2分12秒。

     

     

    元オリンピアンの新暫定王者ドビ(23歳)は、18戦全勝(12KO)。キャリア初のKO負けとなったフアレスは、20勝(15KO)6敗。ケガの為にフアレスとの戦いをキャンセルしていた正規王者ジェシー・マグダレノ(米)は、3月10日(日本時間11日)に米・カリフォルニア州カーソンの興行で復帰防衛戦を予定。その後、ドビとの王座統一選に挑む事になる。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    WBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(帝拳)選手への次期指名挑戦者を決める決定戦が、2月下旬に英・ロンドンで開催。同級2位にランクされるダウド・ヨルダン(インドネシア)陣営が明かしているもので、同級3位ルーク・キャンベル(英)との挑戦者決定戦に挑む。

     

     

    マイナー団体IBOの世界フェザー級、ライト級を制している30歳のヨルダンは、37勝(25KO)3敗1NC。昨年9月、リナレス選手にスプリットの判定で敗れているキャンベル(30歳)は、17翔(14KO)2敗。今後の動向に注目。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    WBCはスーパーウェルター級王者ジャーメル・チャーロ(米)への次期指名挑戦者を決める決定戦を同級1位マチエ・スレツキ(ポーランド)と、同級2位バネス・マーティロスヤン(アルメニア・下写真)の間で行うよう指令。マーティロスヤンは2016年5月にWBA王者エリスランディ・ララ(キューバ)に判定負けを喫して以来試合から遠ざかっており、昨年はアル・ヘイモン傘下から離脱しドン・キングと契約している。

     


     

    WBC2位にランクされているのが不思議がられているマーティロスヤンは、36勝(21KO)3敗1分。対するスレツキは、26戦全勝(10KO)。今後の交渉に注目。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    昨年リング復帰を果たし勝利を挙げた元王者同士が対戦。元WBC世界ウェルター級王者ビクター・オルティス(米)=32勝(25KO)6敗2分=と、元2階級制覇王者デボン・アレクサンダー(米)=27勝(14KO)4敗=が、2月17日(日本時間18日)に米・テキサス州エルパソで激闘。再浮上を賭けた激しい戦いとなりそうです。

     

     

    セミファイナルには16戦全勝(10KO)のIBF世界スーパーミドル級6位・WBA7位のカレブ・プラント(米)が、IBF12位ロヘリオ・メディナ(メキシコ)と、IBF2位の座を賭けた12回戦に挑む。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    IBF世界ヘビー級、WBA世界同級スーパー王座を保持するアンソニー・ジョシュア(英)と、WBO世界同級王者ジェセフ・パーカー(豪)による王座統一戦が対戦合意。試合は3月31日(日本時間4月1日)に、英・カーディフのプリンシパリティ・スタジアムで開催。試合はスカイ・スポーツによってPPV配信される。

     

     

    長い間、交渉が続けられた両選手の報酬は、ほぼ7:3の割合で決着。ジョシュアの報酬は2030万ドル(約22億9700万円)。パーカーは950万ドル(約10億750万円)になるとされている。正式発表が待たれrます。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    3月に復帰戦を予定している元スーパーライト級王者アミール・カーン(英)の対戦相手に、元4階級制覇王者エイドリアン・ブローナー(米)が浮上。両選手共にアル・ヘイモン傘にあり実現の可能性は高く、カーンが言う「ビッグな発表が行われることになる」が期待されている。

     

     

    カーンは2016年5月にサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)に6回、痛烈なKO負けして以来の再起戦となり、ブローナーは昨年7月にマイキー・ガルシア(米)に敗れて以来の試合。しばらくリングから遠ざかっているカーンに不安はあるが、ブローナーも何かと私生活に問題が多く、ウェイト面でも不安を抱えており、今のところファン、関係者の予想は7:3でカーン有利となっている。今後に注目。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    元4階級制覇王者ミゲール・コット(プエルトリコ)に敗れた 亀海喜寛(帝拳)選手の再起戦は、16勝(9KO)1敗のレコードを持つダクアン・アーネット(米)を相手に、27日(日本時間28日)に米・カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催。米国リング10戦目となる亀海選手は、「今後は一戦たりとも落とせない」と再浮上に強い決意で挑む。

     

     

    25歳のアーネットは身長178センチのオーソドックス・スタイル。昨年は7月に現WBO世界スーパーウェルター級王者サダム・アリ(米)をメインとする興行に出場。約1年8ヶ月ぶりとなるリングで勝利をあげている。亀海選手に勝てば世界ランク入りが見えて来るだけに、気合は十分。激しい試合が繰り広げられそうです。

     

     

    同日はWBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(帝拳)選手が、同級15位メルシト・ゲスタ(比)を挑戦者に迎える防衛戦と、WBA世界ウェルター級正規王座決定戦。同級1位ティーラチャイ・シッモーセン(タイ)vs同級ルーカス・マティセ(亜)も同時開催。試合の模様はWOWOWオンデマンドにて、ライブ配信されます。お楽しみに!。

     


older | 1 | .... | 204 | 205 | (Page 206) | 207 | 208 | .... | 269 | newer