Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。

older | 1 | .... | 203 | 204 | (Page 205) | 206 | 207 | .... | 269 | newer

    0 0

    クリスマスイブの夜も大竹重幸氏と相も変らぬボクシング談義。「喜友名はどうしているんですか?」。「元気ジムでトレーナーやってるよ!」。元日本ライトフライ級王者の喜友名朝博(協栄)選手は、大竹氏が育てた最初の選手。新人王戦で敗れ、特に目をかけてくれるトレーナーもいなかった喜友名選手のスピードに目を付けた大竹氏が、トレーナーを買って出た。

     

     

    1986年6月、喜友名選手は韓国・仁川でWBA世界ライトフライ級チャンピオン 柳 明祐(韓国)に挑戦。試合数時間前、大竹&喜友名コンビの応援に行っていた私が、急にセコンドに就くことになった。「今は便利になってYouTubeで試合も見れますよ」。31年前の映像。私も大竹氏もさすがに若い!。

     

     

    この試合。全く急に出番を告げられた喜友名選手は、初回に尻餅をつくダウンを喫し、我を忘れてしまった。一気に柳にペースを握られ、中盤持ち直したものの、無念の12回KO負け。体力、パワーの差を痛感させられた大竹氏は、新たなトレーニングメニューを考え、喜友名選手と再スタートを切ったが、「こんなの、もうやっていられない!」。世界戦から僅かな時を経て、あえなくコンビは解消された。

     

    失意の大竹氏を支えたのは、先代金平正紀会長の「気にする事無いですよ。選手は負けたら全部トレーナーのせいにするもんなんです」の一言だった。長い間、気まずい関係が続いていた二人だが、指導者としてボクシング界へ復帰した喜友名氏が、「あの時はすいませんでした。先生の気持ちは、今になってよくわかります」と謝罪。「喜友名も指導者になって、色々とわかって来たみたいだね。良かった、良かった」。

     

    喜友名氏がチャンピオンを作る日を楽しみに待っている大竹氏であります。それにしても、やっぱり若い!。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    WBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米)の、IBF世界スーパーライト級王者セルゲイ・リピネッツ(カザフスタン)挑戦が決定。ガルシアが勝った場合は、WBC世界同級ダイヤモンド王者で、WBA世界同級王者ホルヘ・リナレス(帝拳)選手と対戦するとしているこのクラスで、暫定王座決定戦開催の動き。

     

     

    同級2位イバン・メンディ(仏)のプロモーター、ブライム・アスロウムが、同級3位ルーク・キャンベル(英・上写真)擁するエディ・ハーンとの、暫定王座決定戦の交渉を開始したことが伝えられている(同級1位フォルトゥナは、IBF王座挑戦が決定)。今後に注目。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    WBC世界フライ級チャンピオン比嘉大吾(白井・具志堅)選手が、来年2月4日に那覇市の沖縄県立武道館で同級10位モイセス・フェンテス(メキシコ)を相手に2度目の防衛戦を行うことを正式発表。沖縄で世界戦が開催されるのは、1981年3月に具志堅用高(協栄)選手が、ペドロ・フローレス(メキシコ)と戦って以来。

     

     

    デビュー以来、14連続KO勝利を続ける王者は、「来たなという感じ。あと1回勝てば浜田さんの記録に並ぶので、2回勝って更新したい」と意気込みを語り、圧倒的勝利で具志堅会長が果たせなかった凱旋防衛戦での勝利を誓った。元WBO世界ミニマム級及びライトフライ級暫定王者のフェンテスは、25勝(14KO)4敗1分。好ファイトを期待!。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    元WBC世界フライ級チャンピオンの五十嵐俊幸(帝拳)選手が、選手生命を賭けて大晦日にWBO世界フライ級タイトルホルダーの木村 翔 (青木)選手に挑戦する。2013年4月、アマ時代4戦して負けたことがなかった八重樫 東 (大橋)選手に敗れ王座陥落して以来、実に約4年8ヶ月ぶりの世界王座蹴り咲きのチャンス到来。「この4年半、つらい思いばかりしてきた。それを帳消しにしたい」という挑戦者は、思いのたけを全てこの一戦にぶつける。

     

     

    伝統ある日本フライ級。五十嵐選手は4年8ヶ月ぶりの世界王座奪還を狙うが、それを上回る5年4ヶ月という時間をかけて世界王者に返り咲いたのが、大熊正二(新日本木村)選手。23歳の若さでベツリオ・ゴンザレス(ベネズエラ)を攻略し手に入れたWBC世界フライ級タイトルは、14度防衛の名王者となるミゲル・カント(メキシコ)の前に、どちらが勝ったのかわからない内容で敗れ、僅か”百日天下”に終わる。

     

     

    その後、大熊選手はWBA王者アルフォンソ・ロペス(パナマ)への挑戦、カントとの2度の雪辱戦でも惜敗。79年1月、WBA王者となっていたゴンザレスへの挑戦は、最初が引き分け。再戦指令が出た7月の再挑戦は、痛恨の12回KO負けという最悪の結果に。

     

     

    「悲運のボクサーも、もう限界」という声が飛ぶ。大熊選手自身も「一度はチャンピオンになったし、5回続けて世界挑戦に失敗して、もう十分な気持ち」と弱音を吐き、試合直後の木村七郎会長も、「力が抜けた、もう燃え尽きた感じ」と漏らしたほどの絶望感に襲われた。

     

    しかし、このまま引退かと思われた大熊&木村の師弟コンビは、カントを破ってWBC王者となっていた韓国の若きラッシャー朴 賛希への挑戦へ動く。そして80年5月18日、戒厳令下の韓国・ソウル。大熊選手は、「望みなき挑戦」とまで揶揄されたリングに上がる。

     

     

    「もう、運は自分で開いてゆかなけりゃ。それには妥協しないで、相手にもオノレにも勝つことです」(大熊選手)

     

    戦前、「ボディ攻撃が有効」と見ていた木村会長の指示通り、無敗王者の朴に迫った大熊選手は、強烈なボディブローで朴をノックアウト。奇跡の王座奪回をやってのけた。敵地で勝ち名乗りを受けた新王者は、「今日は燃えました。自分の為じゃない、自分の子供より俺に賭けてくれた会長をもう一度世界チャンピオンのマネジャーにしたかったんです。うれしい」と号泣。

     

     

    苦難の道を踏み越えて王座奪還を果たした大熊選手の、「自分の為じゃない」という言葉は、五十嵐選手の「ここまで支えてくれた皆さんのためにも」という言葉に通ずる。五十嵐選手はこれまで、なかなか世界王座返り咲きのチャンスに恵まれないで来たが、その間、帝拳ジムの本田明彦会長が「五十嵐にはもう一度チャンスを作ってやりたい」と考えていることを聞かされていた。

     

    世界王座陥落から4年8ヶ月の間、帝拳ジムには新しい世界チャンピオンが続々と誕生。名門ジムとしての勢いは衰えることを知らない。後輩選手の活躍は、五十嵐選手に大きな活力を与えている事だろう。

     

     

    木村 翔 vs具志堅用高 「家賃5万円からV13への道!」

     

    大晦日決戦。チャンピオンの木村選手も簡単に王座を明け渡すわけにはいかない。どんなドラマが待ち受けているのか。両選手の魂がこもった熱い戦いを期待!。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    来年は階級を上げ、バンタム級王座制覇を目指すことが確実視されているWBO世界スーパーフライ級チャンピオン井上尚弥(大橋)選手に対し、WBO世界バンタム級王座を保持するゾラニ・テテ(南ア)が、「井上の挑戦を受ける」と宣言。

     

     

    強打のサウスポー、テテへの井上選手の挑戦試合が実現すれば、期待に違わぬ好試合が期待される。井上選手、まずは30日に控えるヨアン・ボワイヨ(仏)との防衛戦が世界的にも注目されており、その結果に注目。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    27日、タイ・バンコクのラジャナムダン・スタジアムで開催されたムエタイマッチで、元WBA、WBC世界バンタム級王者ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)と、元WBF世界同級王者サムセン・ダッチボーイジム(タイ)が対戦。ムエタイ時代に3階級制覇を成し遂げているウィラポンとサムセンは、ムエタイ時代1勝1敗の後を受けた決着戦だったが、サムセンが判定勝ち。

     

     

    49歳のウィラポンと、45歳のサムセン。タイではかつての世界王者が金銭的理由からムエタイの世界に戻ることも珍しくないが、ウィラポン氏はレストラン経営で成功しており、金銭的に困ってのムエタイ復帰ではないとのこと。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    WBC世界スーパーフェザー級王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)の次期防衛戦は、来年2月10日(日本時間11日)に、故郷であるメキシコ・カンクンで、元スーパーフライ級王者で5位にランクされるクリスチャン・ミハレス(メキシコ)を相手に行われる事が決定。

     

     

    ベルチェルの対戦相手候補にあがっていた4位のジョニー・ゴンサレス(メキシコ)は、前王者で2位にランクされるフランシスコ・バルガス(メキシコ)との挑戦者決定戦に動く模様。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    30日に横浜文化体育館で開催される、井上尚弥(大橋)選手、 拳 四朗 (BMB)選手が出場するダブル世界戦興行の前日計量が、都内のホテルで行われた。WBO世界スーパーフライ級王座7度目の防衛戦となる井上選手はリミットの52・1キロでクリア。挑戦者ヨアン・ボワイヨ(仏)は51.6キロでパス。

     

     

    WBO立会人はエドガルド・ロペス・サッソ(プエルトリコ)。

     

     

    JBC羽生コミッションドクター。

     

     

    WBC世界ライトフライ級王座2度目の防衛戦に挑む 拳 四朗選手は、48.6キロでパス。

     

     

    挑戦者のヒルベルト・ペドロサ(パナマ)は、48.8キロ。

     

     

    WBC立会人はメジャー・リー(韓国)。

     

     

    東洋・太平洋フェザー級タイトルマッチ。チャンピオンの清水 聡 (大橋)選手と、挑戦者エドワード・マンシト(比)は共に57キロで計量をクリア。

     

     

    54キロ契約10回戦。世界ランカーの井上拓真(大橋)選手は53.9キロ。元日本バンタム級王者の益田健太郎(新日本木村)選手は53.6キロ。

     

     

    63.5キロ契約8回戦。井上浩樹(大橋)選手は63.5キロ、キム・ドンヒ(韓国)は63.3キロでパス。

     

     

    ダブル世界戦の模様はフジテレビ系列で、30日午後7時から生中継。FUJI BOXING 井上尚弥・拳四朗ダブル世界戦

     

    両王者がどんな戦いを見せてくれるのか。大いに楽しみです!。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    IBF世界スーパーフェザー級王座決定戦。同級4位尾川堅一(帝拳)vs同級5位テビン・ファーマー(米)。12月9日(日本時間10日)、米・ラスベガス、マンダレイ・ベイ・リゾート&カジノ。

     

     

    IBFアーロン・カイザー立会人(米)。

     

     

    カットマンは多くの帝拳ジム選手をヘルプする、故ヘナロ・エルナンデスの兄ルーディー。

     

     

    リングアナウンサーは、レイ・フローレス(米)。

     

     

    1R。

     

     

    2R。

     

     

    3R。

     

     

    4R。

     

     

    5R。

     

     

    6R。

     

     

    7R。

     

     

    8R。

     

     

    9R。

     

     

    10R。

     

     

    11R。

     

     

    試合終了。

     

     

    一人のジャッジが自分を支持したのを聞いて、勝利を確信し狂喜するファーマー。

     

     

    しかし、残る二人のジャッジは尾川選手を支持。

     

     

    尾川選手が新王者に!。

     

     

    公式スコアはマックス・デルーカ(米)115-113、バート・A・クレメンツ(米)116-112で尾川選手。ティム・チェイサム(米)は116-112でファーマーのスプリット。

     

     

    米国リングでの世界王座獲得は、1981年のWBA世界スーパーウエルター級三原 正 (三迫)選手以来、36年ぶりの快挙。新王者となった尾川選手は、「人生最高の日になった。これで人生が変わる」と喜びを語った。今後の防衛ロードに期待!。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    大晦日に東京・大田区総合体育館で開催されるトリプル世界戦の計量が、都内のホテルで行われた。日本人同士によるWBO世界フライ級指名戦。チャンピオン木村 翔 (青木)選手は50・7キロ、挑戦者の同級1位五十嵐俊幸(帝拳)選手は、リミットの50・8キロでクリア。

     

     

    メインの世界ライトフライ級王座統一戦は、WBAチャンピオン田口良一(ワタナベ)選手と、IBF王者ミラン・メリンド(比)が対戦。

     

     

    田口選手は48・8キロでパス。

     

     

    メリンドは48.7キロでクリア。

     

     

    IBF世界ミニマム級タイトルマッチは、チャンピオン京口紘人(ワタナベ)選手に、同級3位カルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)が挑戦。

     

     

    京口選手は47・5キロでパス。

     

     

    ブイトラゴは47・1キロでクリア。

     

     

    トリプル世界戦。現地観戦いたします。3試合共に好カード。2017年を締めくくる熱い戦いを期待!。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    30日、横浜文化体育館で行われたWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ。チャンピオン 拳 四朗 (BMB)選手が、同級11位ヒルベルト・ペドロサ(パナマ)の挑戦を受けた一戦は、 拳 四朗選手が4回1分12秒TKO勝ちで2度目の防衛に成功。

     

     

    自信満々で試合に臨んだ王者は第4ラウンド、右ストレートでチャンスを掴むと左右ボディで追い込み、右アッパーを炸裂させてダウンを奪い。立って来た挑戦者を一気に詰めて試合をストップ。素晴らしい勝利でV2を飾った。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    30日、横浜文化体育館で開催されたWBO世界フライ級タイトルマッチ。世界が注目するチャンピオン、”モンスター”・井上尚弥(大橋)選手が、同級6位ヨアン・ボワィヨ(仏)の挑戦を受けた一戦は、井上選手が3回1分40秒TKO勝ち。

     

     

    長身の挑戦者を相手に、王者はガードを高く上げて慎重なスタート。しかし、力の差は歴然で初回終了間際には左フックでダウンを奪う。そして迎えた第3ラウンド。井上選手は左のボディブローで立て続けに3度のダウンを奪って試合を終了させた。7度目の防衛に成功した井上選手は、バンタム級転向を示唆。来年は3階級制覇を狙うことになる。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    WBO世界フライ級タイトルマッチ。チャンピオン井上尚弥(大橋)vs同級6位ヨアン・ボワィヨ(仏)。12月30日、横浜文化体育館。世界が注目する”モンスター”、井上選手は7度目の防衛戦。

     

     

    現在31連勝中の挑戦者ボワイヨは、41勝(26KO)4敗1NC。

     

     

    試合開始ゴングが鳴るやガードを高く上げた王者が挑戦者に襲い掛かる。初回終了間際、井上選手の左フックでボワイヨはダウン。切れ味、威力共に十分のパンチだった。

     

     

    ゴングに救われた挑戦者だったが、試合の終わりは近いと予感させられた。

     

     

    そして迎えた第3ラウンド、王者は強烈な左ボディで挑戦者を立て続きにキャンバスへ送る。

     

     

    3度目のダウンも強いボディブロー。

     

     

    TKOタイム3回1分40秒。

     

     

    全く強い勝ち方でV7に成功した王者は、バンタム級転向を示唆。

     

     

    5連続KO防衛にも冷静な井上選手は、「ここで大はしゃぎしてるようでは先はない。もう少しヒリヒリする試合がしたい」と語り、来年はバンタム級王座奪取にとどまらず、目標は「統一戦。4団体の王座をまとめちゃうとかしたい。チャンスがあれば米国でも英国でも行きたい」と続けた。来年の"モンスター"に注目と期待!。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ。チャンピオン 拳 四朗 (BMB)vs同級11位ヒルベルト・ペドロサ(パナマ)。12月30日、横浜文化体育館。約2ヶ月のスパンでリングに登場の王者は、フジTVのゴールデンタイム登場にやる気満々。初回から左で挑戦者をコントロール。

     

     

    序盤からスピードの差は明らか。王者が自在の攻めで挑戦者を圧倒。

     

     

    第4ラウンド、ボディを効かせた 拳 四朗選手は、右の追撃でダウンを奪う。

     

     

    立ち上がって来たペドロサに襲い掛かった王者は、左右ボディを効かせダウンを追加。

     

     

    試合はここまで。TKOタイム4回1分12秒。

     

     

    狙い通りのKO防衛を果たした 拳 四朗選手は、「KOしたかった。それを皆さんに見せることができて、すごく幸せ。あと、名前を覚えてください」と笑顔。3度目の防衛戦は、前王者で同級1位のガニガン・ロペス(メキシコ)との再戦となるが、今日の出来を見る限り、持ち前のスピーディーなボクシングで圧倒しそう。今後に期待!。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    OPBFフェザー級タイトルマッチ。チャンピオン清水 聡 (大橋)vs同級14位エドワード・マンシト(比)。12月30日、横浜文化体育館。世界ランク入りも果たしたロンドン五輪銅メダリストの清水選手は初防衛戦。初回、早くも右でダウンを奪う好スタート。

     

     

    試合は清水選手のワンサイド。5回には右フックで2度のダウンを追加。

     

     

    一気に仕留められなかった王者は、7回、ようやくレフェリーストップに持ち込み試合を終了させた。

     

     

    TKOタイム7回2分8秒。

     

     

    V1成功にも表情が冴えない清水選手。盛り上がりに欠けた戦いとなり試合後、「試合中ずっと村田の解説ばかりが耳に入ってきた。的確なので助言をお願いしたい]」と苦笑い。ロンドン五輪で共にメダルを獲得した盟友、WBA世界ミドル級王者村田諒太(帝拳)選手に続く世界奪取が期待される2018年、今後のマッチメイクに注目。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    井上尚弥選手の実弟で主要4団体で世界ランク入りしている井上拓真(大橋)選手が、前日本バンタム級王者の益田健太郎(新日本木村)選手と対戦。12月30日、横浜文化体育館。序盤戦は井上選手が左をうまく使い益田選手の接近戦を阻んだ。

     

     

    中盤、益田選手も懸命の反撃。

     

     

    終盤は打ち合いとなったが、9回、井上選手が右からチャンスを掴み益田選手を追い込んだ。

     

     

    試合は既定の10回を終了。井上選手の手があがった。公式スコアは96-94、97-93、98-92の3-0。

     

     

    デビュー以来10連勝(2KO)を飾った井上選手だが、「お父さんの説教タイムが待っている。素直に喜べない」と反省。しかし、「根性で来るベテラン日本人に打ち勝った。いい経験で自信になる」と言葉を続け、世界戦は「決まればやりたい。それまでに悪い所を直していく」と来年にも予想される世界挑戦をにらんだ。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    間もなくゴングを迎えるWBO世界フライ級タイトルマッチ。チャンピオン木村翔(青木)選手は、バンテージを巻き、決戦の時は近づきつつある。











    0 0

    東京・大田区総合体育館で開催されたWBO世界フライ級タイトルマッチ。チャンピオン木村 翔 (青木)選手に、元WBC世界同級王者で級1位の五十嵐俊幸(帝拳)選手が挑んだ一戦は、木村選手が9回レフェリーストップによるTKO勝ち。

     

     

    木村選手がV1に成功。おめでとうございます。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    東京・大田区総合体育館で開催されたトリプル世界戦興行のメイン。世界ライトフライ級王座統一戦、WBAチャンピオン田口良一(ワタナベ)選手と、IBF王者ミラン・メリンド(比)が対戦した一戦は、田口選手が12回判定勝ち。

     

     

    王座統一に成功した田口選手の今後に注目。おめでとうございました。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            


    0 0

    WBO世界フライ級タイトルマッチ。チャンピオン木村 翔 (青木)vs元WBC世界同級王者・1位五十嵐俊幸(帝拳)。2017年12月31日、東京・大田区総合体育館。注目の日本人対決。木村選手は試合前の作戦通り、初回から先手の攻めで五十嵐選手に迫った。

     

     

    王者は豊富な手数と多彩なパンチで前進。挑戦者はカウンターで迎え撃つ。

     

     

    激しい戦いとなったが、木村選手のアタックは止まず、五十嵐選手は徐々に苦しくなって行った。

     

     

    木村選手は内外、上下、多彩なブローでテクニシャン五十嵐選手の技を封印。

     

     

    第9ラウンド。追い込まれた五十嵐選手は意地の反撃を見せたが、木村選手は打ち返し猛ラッシュ。

     

     

    コーナーに詰まった五十嵐選手を中村勝彦主審が救って試合は終了。TKOタイム9回2分34秒。

     

     

    8回までのスコアも木村選手が大きくリードしていた。

     

     

    指名試合をクリアし初防衛に成功した木村選手は、「力の試される試合だった。五十嵐選手は根性の強い選手で、勝ててほっとしています」と話し、「間違いなく引っ越します。バイトは要相談ですね。オールスター感謝祭の赤坂マラソンに出たい」と野望を披露。次の防衛戦はオプションを持つ前王者ゾウ・シミン(中国)陣営の指令する選手と対戦することになる。

     

    新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

     

    ★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

            

     


older | 1 | .... | 203 | 204 | (Page 205) | 206 | 207 | .... | 269 | newer