Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。

older | 1 | .... | 180 | 181 | (Page 182) | 183 | 184 | .... | 269 | newer

    0 0

    IBF世界ミニマム級タイトルマッチ。王者ホセ・アルグメド(メキシコ)vs同級9位京口紘人(ワタナベ)。7月23日、東京・大田区総合体育館。勝てば、師と仰ぐ”浪速のジョー”・辰吉丈一郎(大阪帝拳)氏に並ぶ、プロ8戦目での世界王座奪取となる京口選手。。

     

     

    アルグメドは4度目の防衛戦。カネロ・プロモーションに所属する王者は、勝てば9月のゴロフキンvsカネロのアンダーカードで次戦を目論んでいた。

     

     

    マリク・ワリード(米)主審。

     

     

    ジャッジ、マイク・フィッツジェラルド(米)。

     

     

    ジャッジ、カルロス・コロン(プエルトリコ)。

     

     

    ジャッジ、野田昌宏(日本)。

     

     

    お馴染み、須藤尚紀リングアナ。

     

     

    大阪から東京にに拠点を移した京口選手のチーフトレーナーは、共に移籍して来た井上孝志氏。ワタナベジムに移籍するや、一昨年10月の河野vs亀田で河野選手のアシスタントトレーナーとして勝利に大きく貢献。昨年末の井上選手との戦いでは河野選手に勝利をもたらせなかったが、愛弟子京口選手を通じて「神風鷹志(選手時代のリングネーム)ここに在り」を大きくアピール。

     

     

    IBF立会人は、最近頻繁に活躍のベン・キールティー(豪)。

     

     

    1R。

     

     

    2R。

     

     

    3R。

     

     

    4R。

     

     

    5R。

     

     

    6R。

     

     

    7R。

     

     

    8R。

     

     

    ノニト・ドネア(比)。

     

    9R。

     

     

    タフなアルグメドがキャリア初のダウン。

     

     

    10R。

     

     

    試合を終えた田口良一(ワタナベ)選手もリングサイドで応援。

     

    11R。

     

     

    12ラウンド終了。激しい試合だった。

     

     

    ホッと安堵の表情を見せた新王者。豊富な練習量と強い心を感じさせる戦いだった。

     

     

    公式スコアはカルロス・コロン(プエルトリコ)116-111、マイク・フィッツジェラルド(米)116-111、野田 昌宏115-112で、いずれも京口選手を支持。

     

     

    プロデビューから1年3ヶ月での世界王座獲得は国内最速記録。「チャンピオンになれたことは素直にうれしい」と語った新王者の初防衛戦は、同級3位カルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)との指名試合。試合は10月にも予定されている。今後に期待!。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    昨年4月にローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が持っていたWBC世界フライ級タイトルに挑戦。12回判定で敗れていたマックウィリアムズ・アローヨ (プエルトリコ)の復帰戦が決定。9月9日(日本時間10日)、地元プエルトリコ・サンファンで元WBA世界フライ級王者エルナン・タイソン・マルケス(メキシコ)と、スーパーフライ級10回戦で対戦。

     

     

    試合はピーター・リベラの、「PRベストボクシング社」によるプロモートで、近日中に興行の詳細が発表される。再浮上を賭けた一戦に注目。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    亀海喜寛(帝拳)選手と2度に渡る激闘を繰り広げた、歴戦の雄、ヘスス・ソト・カラス(メキシコ)の復帰戦。8月4日(日本時間5日)、米・カリフォルニア州インディオで、元北米スーパーライト級王者マウリシオ・エレーラ(米)と対戦したウェルター級10回戦は、エレーラが10回判定勝ち。

     

     

    前に出るソト・カラスに対し、エレーラは距離を取りながらカウンターで応戦。互いに譲らぬ好ファイトは、96-94、96-94、95-95の2-0でエレーラの手があがった。勝ったエレーラは、24勝(7KO)7敗。亀海戦に続き連敗となったソト・カラスは、28勝(18KO)12敗4分1NC。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBCは空位のスーパーミドル級王座決定戦で、同級4位デビッド・ベナビデス(米)と対戦する予定だった、同級2位アンソニー・ディレル(米)がケガで出場を辞退したことを受け、代理として同級8位ロナルド・ガフリル(ルーマニア)の出場を承認。

     

     

    この王座決定戦は、TGBプロモーションのトム・ブラウン(故ダン・グーセンの義弟)と、日本にもお馴染みのサンプソン・リューコーイッツの手によって、9月9日(日本時間10日)の米・ロサンゼルス開催とされているが、まだはっきりしない。

     

    18戦全勝(17KO)の20歳ベナビデスに対し、思わぬチャンスが転がり込んで来たガフリルは、ラスベガスに住む31歳で、これまで18勝(14KO)1敗のレコードを残している。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    前WBO世界ウェルター級王者マニー・パッキャオ(比)は、先月敗れたジェフ・ホーン(豪)との再戦希望を、トップ・ランクのボブ・アラムに直接訴え。アラムがESPNとのインタビューで明かしたもので、「マニーの希望を聞いた。再戦の準備を進める」と語った。

     

     

    再戦はオプションで契約されており、ホーンも異存はない。アラムは11月にオーストラリアでの開催が有力で、ブリスベンかドニーの屋内会場になるとし、放映するESPNと期日を合わせて行きたいとしている。

     

     

    前戦の判定負けには納得していないパッキャオは、12月には39歳になる。先の戦いでは、「ホーン陣営が良く研究していました。カメラ越しに見ていた限りホーンの勝ちで問題ないと思います」(山田純夫氏)という声もあり、比国上院議員として仕事をしている前王者が、どれだけしっかりした準備を整えられるかが、勝敗に大きく影響してくる事になりそうです。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    年内にも復帰戦が予定されていた、元4階級制覇王者ファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)が引退。ラストファイトは2014年5月のマイク・アルバラード(米)戦での12回判定勝ち。リング復帰を目指しトレーニングを積んで来たマルケスだったが、度重なる負傷で体は満身創痍。十分なコンディションを作ることが出来なくなったとして、引退を選択した。

     

     

    「これまでのファンの皆様からのサポートには本当に感謝しています」と語ったマルケスは、4度戦ったマニー・パッキャオ(比)との第4戦でKO勝ちした試合を、「キャリアの中で最も忘れられない瞬間」と回想。

     

     

    1993年5月のデビュー戦は、初回に3度のダウンを奪うも2回開始時に反則負け。その後は勝ち続けるも有力プロモーターの後押しがなかったこともありチャンスに恵まれず、「無冠の帝王」と言われていた時代も長かった。

     

    「困難な道だった。素晴らしい結果を残すことが出来たが、それは、とても難しい道のりだった」と自らのキャリアを振り返ったマルケスは、「すべてには始まりと終わりがあります。さようなら」と結んだ。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    5日(日本時間6日)、米・ロサンゼルス。IBF世界ライト級2位、WBC2位、WBO2位、WBA6位のレイ・ベルトラン(メキシコ・134.5P)と、WBA世界スーパーフェザー級1位ブライアン・バスケス(コスタリカ・136.75P)が激突した一戦は、ベルトランが10回判定勝ち。

     

     

    この試合にはベルトランの持つ二つの北米ライト級王座が賭けられたが、バスケスは前日計量でライト級リミットをオーバー。勝っても王座を得られない立場となっていた。スコアは96-94、96-94、95-95の2-0。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    8月5日(日本時間6日)、米・ロサンゼルスで開催されたWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に同級10位ミゲル・マリアガ(コロンビア)が挑んだ一戦は、ロマチェンコが7回終了棄権によるTKOち。

     

     

    試合は第3ラウンドにダウンを奪ったロマチェンコが、終始マリアガを圧倒し、7回にもダウンを追加。このラウンドが終了すると、マリアガ陣営が棄権を申し入れ、試合は終了している。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界ライト級2位、WBC2位、WBO2位、WBA6位レイ・ベルトラン(メキシコ・134.5P)vsWBA世界スーパーフェザー級1位ブライアン・バスケス(コスタリカ・136.75P)。5日(日本時間6日)、試合はベルトランが持つ、NABA北米と、WBO北米の二つの王座が賭けられた。米・ロサンゼルス、マイクロソフト・シアター。

     

     

    かつて日本のリングで内山高志(ワタナベ)選手とグローブを交えたこともあるバスケスは、元WBA世界スーパーフェザー級暫定王者。しかし、前日計量でリミットをクリアできず、勝っても王座獲得とならない。

     

     

    バスケスはチームを一新、陣営をメキシコカンで統一。左端は元WBC、IBF世界ライトフライ級王者ウンベルト・チキータ・ゴンザレス。

     

     

    WBOパコ・バルカッセル会長と、NABF(WBC系北米タイトル団体)立会人クレイグ・ハブル(米)。8月15日の山中vsカールソンで来日。

     

     

    右はNABO(WBO系北米タイトル団体)立会人のジノ・ロドリゲス(プエルトリコ)。

     

     

    ベルトランは2015年5月、米・ラスベガスで行われたWBO世界ライト級王座決定戦で、粟生隆寛(帝拳)選手と対戦。0.4ポンドオーバーで計量失格。試合後のドーピング検査で、筋肉増強剤スタノゾロールの陽性反応を示し、2回TKO勝ちとされた試合は無効試合。ファイトマネー8万5千ドル(約940万円)から、30%に当たる2万5500ドル(約280万円)の罰金を課され、9ヶ月間のライセンス停止処分を受けた。

     

     

    1R。

     

     

    2R。

     

     

    3R。

     

     

    試合は足を使いながらも好戦的に仕掛けて来るバスケスをベルトランが迎え撃つ展開。

     

     

    4R。

     

     

    パンチ力で上回るベルトラン。

     

     

    5R。

     

     

    6R。

     

     

    バスケスもよく手を出した。

     

     

    7R。

     

     

    8R。

     

     

    9R。

     

     

    10R。

     

     

    ゴング直後、偶然のバッティングにベルトランは額から出血。

     

     

    終了間際、バスケスの左フックでべルトランはあわやダウンのピンチ。

     

     

    試合終了。バスケス陣営はすかさず勝利をアピール。

     

     

    勝者はベルトラン。

     

     

    公式スコアは、フェルナンド・ビジャレアル(米)96-94、ジェリー・カンツ(米)96-94でベルトラン。スティーブ・モロー(米)は95-95のイーブンだった。

     

     

    際どい判定を制し、二つの北米王座を護った36歳のベルトランは、34勝(21KO)7敗1分1NC。約13ヶ月ぶりのリングで惜敗となったバスケス(29歳)は、35勝(19KO)3敗。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBCはフェザー級王者ゲーリー・ラッセルJr(米)への指名挑戦者を決める決定戦を、同級2位ジョセフ・ディアスJr(米)と、同級3位ジョシュ・ワーリントン(英)で行うことを決定。ディアスJrのゴールデン・ボーイ・プロモーションと、ワーリントン擁するフランク・ウォーレンに通告した。交渉が合意に達しない場合は8月11日(日本時間12日)に、メキシコシティのWBC本部で入札が開催される。

     

     

    2012年ロンドン五輪米国代表のディアスJr(24歳)は、24戦全勝(13KO)。5月の試合では、元世界王者キコ・マルチネス(スペイン)の奮戦の前に大苦戦を強いられたワーリントン(26歳)は、25戦全勝(5KO)。

     

     

    試合開催はディアスJrが出場を予定している、9月16日(日本時間17日)のゴロフキンvsカネロ興行か、ワーリントンが10月21日(日本時間22日)に英・リーズで予定する次戦興行のどちらかになるものと思われる。今後の交渉に注目。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    9月22日(日本時間23日)に、米・アリゾナ州ツーソンで防衛戦を予定しているWBO世界フェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ)の挑戦者は、同級4位のジェネシス・カシミ・セルバニャ(カシミ・比)。22戦全勝(19KO)のバルデスと、29戦全勝(12KO)のセルバニャ。面白い試合になりそうです。

     

     

    同日はWBO世界スーパーミドル級王者ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)vs同級1位ジェシー・ハート(米)のタイトルマッチと、WBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)への挑戦が延期となった、同級1位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)も出場を予定。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    8月5日(日本時間6日)、米・ロサンゼルス、マイクロソフト・シアター。WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)vs同級10位ミゲル・マリアガ(コロンビア)。

     

     

    王者ロマチェンコは3度目の防衛戦。

     

     

    挑戦者マリアガは、4月にWBO世界フェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ)に判定負けして以来の試合。

     

     

    左はマリアガのプロモーター、トゥト・サバラJr(米)。中央はWBO立会人リチャード・デキュア(米)。右はパコ・バルカッセル(プエルトリコ)WBO会長。

     

     

    レフェリーはジャック・ライス(米)。

     

    1R。

     

     

    2R。

     

     

    3R。

     

     

    ロマチェンコの左でマリアガ、ダウン。

     

     

    4R。

     

     

    このラウンドも王者が挑戦者を自在に攻めたが、偶然のバッティングで左目尻をカット。

     

     

    5R。

     

     

    6R。

     

     

    ロマチェンコの猛攻をマリアガは懸命に凌ぐ。

     

     

    7R。

     

     

    ロマチェンコ猛攻。

     

     

    王者の左で挑戦者はこの試合2度目のダウン。

     

     

    立ち上がったマリアガが再開に応じたところでラウンド終了となったが、この後、挑戦者コーナーが棄権を申し出て試合は終了。

     

     

    ボブ・アラムが勝利を祝福。

     

     

    7回までのスコアはジャッジ2者がロマチェンコのフルマーク。

     

     

    6連続KO勝利で3度目の防衛を果たしたロマチェンコは、12月に次戦を予定。対戦相手候補には、ギレルモ・リゴンドウ(キューバ)、オルランド・サリド(メキシコ)、ミゲル・ベルチェル(メキシコ)らの名前があがっている。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    マニー・パッキャオ(比)に勝ったこともある、元2階級制覇王者ティモシー・ブラッドリー(米)が引退を発表。ラストファイトは昨年4月のパッキャオとのラバーマッチで判定負けを喫したもの。ブラッドリーは、「私はこれ以上戦う気持ちを持っていません。十分、稼ぎました。ファンの皆様に感謝しますと引退の弁。

     

     

    5日(日本時間6日)行われたWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)vs同級10位ミゲル・マリアガ(コロンビア)を放映したESPNの解説を務めたブラッドリー。

     

    第2の人生に栄光あれ!。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    ホルヘ・リナレス(帝拳)選手と2度に渡り激闘を演じた、元WBA世界ライト級王者アンソニー・クローラ(英)と、元3階級制覇王者リッキー・バーンズ(英)の元王者対決が実現。試合は10月7日(日本時間8日)に、英・マンチェスターのマンチェスター・アリーナで、ライト級12回戦として開催される。

     

     

    地元では絶大な人気を誇る両選手が、より大きな報酬が得られる場所で戦うことに異存がない意志を示していた一戦は、クローラの地元マンチェスターでの開催となったが、バーンズは、「私は場所を気にしない。ベストな男が勝つことになる」と、大人のコメント。

     

    勝者が浮かび上がり、敗者は厳しい状況に追い込まれるサバイバルマッチ。このカードが時間を置かずに実現するところが、英国ボクシング界の隆盛につながっていると思います。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    絶対不利。日本国内でも無名といってよいWBO世界フライ級6位木村 翔 (青木)選手が、7月28日に中国、上海・オリエンタル・スポーツセンターで、オリンピック2大会連続金メダル獲得の記録を持つ、”中国の黄金の拳”、ゾウ・シミン(中国)の持つWBO世界同級王座に挑戦。歴史的大番狂わせをやってのけた。

     

     

    有吉会長を先頭に、気合十分の木村陣営。

     

     

    中国の英雄は、世界戦興行を自らの手でプロモート。

     

     

    左端はJBC代表としてリングに上がった安河内 剛 事務局長。右端はレオン・パノンチーヨWBO立会人(ハワイ出身タイ在住)。

     

     

    フレディ・ローチに代わるゾウの新トレーナーは、元WBA世界スーパーバンタム級王者ヨベル・オルテガ(ベネズエラ・右端)。

     

    1R。

     

     

    2R。

     

     

    3R。

     

     

    4R。

     

     

    5R。

     

     

    6R。

     

     

    7R。

     

     

    8R。

     

     

    9R。

     

     

    10R。

     

     

    ついにダウンのチャンピオン。

     

     

    何とか立ち上がったゾウだが、試合はここでストップ。新王者はリングに寝転がって喜びを表した。TKOタイム11回2分28秒。

     

     

    中国の英雄は潔く新王者を称えた。

     

     

    10回までのスコアは、ロバート・ホイル(米)こそ96-94で木村選手のリードとしていたが、サワン・タウィクーン(タイ)は96-94、エドワード・リガス(比)は97-93でゾウのリードとなっていた。

     

     

    ゾウはリング上で敗戦の弁。しかし試合翌日、「男は失ったものを取り返すために戦い続ける必要がある」と宣言し、リターンマッチを希望。36歳の前王者は、中国の輪島功一を目指すことになった。

     

     

    KO以外に勝ち目無しと見られていた完全アウェイのリングで、見事なKO勝利を挙げた木村選手の防衛ロードは、現在、JBCを通じWBOに確認中で、同級1位五十嵐俊幸(帝拳)選手との指名試合が有力だが、ゾウ側がオプションを握っており再戦の可能性も。木村選手の今後に期待!

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界スーパーミドル級4位、WBC5位にランクされるクリス・ユーバンクJr(英))と、WBC世界同級3位アブニ・イユリディン(トルコ)による、" ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ " 初戦は、10月7日(日本時間8日)にドイツのシュトゥットガルトの、15,500人収容のハンス・マルティン・シュライヤー・ハレでの開催が決定。

     

     

    ドイツを準ホームにする26歳のイユリディンは、16戦全勝(10KO)。キャリア2度目の海外遠征で敵地に乗り込む形になったユーバンクJrは、「ドイツで戦うことは気にしていない。大事なことは勝利を手にすることだ」と語り、優勝への自信をうかがわせた。25勝(19KO)1敗。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBO世界スーパーバンタム級王者ジェシー・マグダレノ(米)と、同級1位セサール・フアレス(メキシコ)による指名戦は、10月31日(日本時間11月1日)に米国の西海岸(場所未定)で開催されることが明らかになった。放映はESPN。

     

     

    ノニト・ドネア(比)に勝って王座を獲得したマグダレノは、25戦全勝(18KO)。今度が2度目の防衛戦。一方のフアレスは、敗れはしたがドネアとの激闘で名前をあげた。20勝(15KO)5敗。好戦的同士で噛み合う展開になり、面白い試合が期待出来そうです。

     

     

    同日はIBF世界ライトヘビー級挑戦者決定戦。同級2位アルツール・ベテルビエフ(ロシア)vs同級3位エンリコ・コーリン(独)も組み込まれる。この試合はトップランクが、コーリン擁するザワーラント・ィベンツの8万ドル(約880万円)を大きく上回る、31万5千ドル(約3500万円)で興行権を落札していた。

     

    王者アンドレ・ウォード(米)への挑戦権を手にするのは、11戦全勝オールKO勝ちのベテルビエフ(32歳)か、23勝(6KO)1敗のレコードを持つ、27歳のコーリンか。こちらも注目の一戦です。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界ヘビー級、WBA世界同級スーパー王座を保持するアンソニー・ジョシュア(英)は、両団体から指名防衛戦を義務付けられているが、プロモーター、エディ・ハーンは、IBF世界同級2位クブラト・プーレフ(ブルガリア)との一戦を、10月28日(日本時間29日)に、英・カーディフのミレニアム・スタジアム(74,500人収容)で開催するプランがあることを示唆。

     

     

    これに呼応してかどうかはわからないが、WBAヒルベルト・メンドサ・ジュニア会長は、WBAが義務付けた同級1位ルイス・オルティス(キューバ)戦が、プーレフとの指名戦と重複する問題を解決するために、IBFと協議する意向をあらわにしている。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBAはバンタム級正規王者ジェームス・マクドネル(英)と、同級3位リボリオ・ソリス(ベネズエラ)再戦の入札を改めて指令。8月21日(日本時間22日)にパナマシティのWBA本部で開催される。

     


    マクドネルvsソリスⅡは両陣営から契約合意に至った事が報告され、7月3日(日本時間4日)に予定されていた入札は回避。契約書の提出が待たれたが、最終契約まで至らなかった。最低入札価格は12万ドル(約1350万円)で、ファイトマネーの分配はマクドネル75%、ソリスが25%となっている。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    元2階級制覇王者ファン・マヌエル・ロペス(34歳)と、世界挑戦試合で引き分けたこともあるジェイソン・ペレス(29歳)による、プエルトリコ人同士によるサバイバル戦が決定。試合は9月30日(日本時間10月1日)に、プエルトリコ・フンコスで開催される。

     

     

    かつて自慢の強打でKOの山を築いたファンマも、オルランド・サリド(メキシコ)に連敗を喫した後は、打たれ脆さが目立つようになり、2014年にはフランシスコ・バルガス(メキシコ)、ヘスス・クエジャル(亜)に連続KO負け。一度はリングから離れた。

     

    しかし昨年10月、同国人の元王者ウィルフレッド・バスケスJrとの生き残りを賭けた復帰戦に勝利。自信を取り戻したファンマは、再び世界戦線への突入を目指し、トップとの戦いを希望していた。35勝(32KO)5敗。

     

    一方のぺレスは2014年11月に、当時のIBF世界フェザー級王者エフゲニー・グラドビッチ(ロシア)へ挑んだ試合で引き分け。しかし、翌年から4連敗と調子を落とし、今年に入ってようやく連敗から脱出し2連勝。ファンマ戦は再浮上を賭けた大事な一戦となる。25勝(17KO)4敗1分。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


older | 1 | .... | 180 | 181 | (Page 182) | 183 | 184 | .... | 269 | newer