Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。

older | 1 | .... | 160 | 161 | (Page 162) | 163 | 164 | .... | 269 | newer

    0 0

    WBA世界ライトヘビー級3人目の世界王者。暫定世界王座を保持するドミトリー・ビボル(キルギスタン)は、4月14日(日本時間15日)に米・メリーランド州オクソン・ヒルのMGMナショナル・ハーバーで、ノーランクのサミュエル・クラークソン(米)=19勝(12KO)3敗=を相手に2度目の防衛戦を行う。TV放映は、USA Showtime。

     

     

    昨年5月にフェリックス バレラ(ドミニカ)から暫定王座を奪ったビボルは、2月23日(日本時間24日)にロシアで13位ロバート・ベリッジ(ニュージーランド)を4回TKOに降して、初防衛に成功したばかりで、今度が米国3戦目となる。9勝(7KO)無敗。

     

    WBA世界ライトヘビー級はスーパー王者にアンドレ・ウォード(米)、正規王者にネイサン・クレバリー(英)が君臨。ビボルはウォードとの対戦を望んでいる。

     

    ミニサンドバッグ・キーホルダー入荷! 現役最強ボクサーのダブル競演は3月19日、午前10時からWOWOWで生中継。

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    2014年4月、IBF世界スーパーバンタム級王者として来日、長谷川穂積(真正)選手の挑戦を7回TKOで一蹴したキコ・マルティネス(スペイン・31歳)が英国遠征。WBC世界フェザー級3位、IBF4位のジョシュ・ワーリントン(英)と対戦。試合は5月13日(日本時間14日)に英・リーズで開催される。

     

     

    カール・フランプトン(英)に世界王座を追われたマルティネスは、その後、スコット・クイッグ(英)の持っていたWBA世界スーパーバンタム級王座へ挑戦するも2回TKO負け。フェザー級に転じた昨年2月、WBA王者レオ・サンタクルス(メキシコ)へ挑戦のチャンスを掴んだが、ここも5回TKO負け。

     

    約5ヶ月後、地元スペインのリングで再起戦に挑んだが、3連敗中のエウセビオ・オセジョ(ニカラグア)=28勝(8KO)20敗3分=と、よもやの引き分け。11月にレオネル・ヘルナンデス(ニカラグア)=10勝(1KO)20敗2分=を8回判定に降し、ようやく再起に成功した。

     

     

    一方のワーリントンは24勝(5KO)無敗の26歳で、世界フェザー級王座への挑戦を目前に控え、落ち目の元王者を撃破し更に勢いをつけたい所。

     

    再浮上を目指すマルティネス=36勝(26KO)7敗1分=が、ワーリントンのホームリング、リーズで、どんな戦いを見せるのか。大いに注目したい。

     

    ミニサンドバッグ・キーホルダー入荷! 現役最強ボクサーのダブル競演は3月19日、午前10時からWOWOWで生中継。

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    今年度中に各クラスの世界チャンピオンを一人に絞りたい考えを持つWBAヒルベルト・メンドサJr会長は、フェザー級スーパー王者レオ・サンタクルス(メキシコ)と、正規王者アブネル・マレス(メキシコ)の対戦を指令することを示唆。

     

     

    「サンタクルスには前王者カール・フランプトン(英)との再々戦の交渉時間を与えたが、彼(サンタクルス)は、ベルファスト(フランプトンの地元)へ行く意思はないようだ。今度はサンタクルスとマレスに対戦交渉を命じることになる」(メンドサJr会長)

     

    両者は2015年8月に対戦。2-0(117-111、117-111、114-114)のスコアでサンタクルスが勝利しているが、試合は期待に違わぬ激戦で、ジャッジ2者がサンタクルスの6点リードとスコアしたものの、微妙なラウンドも多く「再戦で決着を」の声が上がっていた。

     

    またメンドサJr会長は、ウェルター級スーパー王者キース・サーマン(米)と、正規王者レイモント・ピーターソン(米)による王座統一戦についても、来週中にも対戦交渉開始を指令する考えがあることを言及。

     

     

    しかし、「サーマンにはガルシアとの再戦話しがあることを知っているので、その為の交渉期間を考慮する」としており、来週までに再戦話が具体化してくると王座統一戦指令は、後回しの可能性もある。

     

    ピーターソンはサーマンとの対戦を望んでおり、サーマンが同時に保持するWBC世界同級王座の次期指名挑戦者は、4月22日(日本時間23日)に米・ニューヨークで開催される3位ショーン・ポーター(米)と、4位アンドレ・ベルト(米)による挑戦者決定戦で決まることになっている。

     

    WBA世界王座。世界チャンピオンは各クラスに一人という原則に回復することを期待。

     

    ミニサンドバッグ・キーホルダー入荷! 現役最強ボクサーのダブル競演は3月19日、午前10時からWOWOWで生中継。

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    元川崎新田ジム所属で、2007年度の全日本ウェルター級新人王を獲得し、現在は米国でリング活動を続けている高橋 岳 (29歳)選手が、14日(日本時間15日)、米・ミシシッピ州チュニカのフィッツジェラルド・カジノ&ホテルで開催された、プレミア・ボクシング・チャンピオンズ興行で、10戦無敗(6KO)のジャモンティ・クラーク(米)との、スーパーライト級8回戦に出場。 

     

     

    黒人サウスポーのクラークと激しい打撃戦を展開したが、7回終了TKOで敗れた。2010年4月の試合を最後に、JBCからの引退勧告を受け日本でのリング活動を諦めた高橋選手は、米・カリフォルニア州、ネバダ州のメディカル・チェックをパスし、2014年9月に米国でリング復帰。

     

    今年2月にエイドリアン・ブローナー(米)と戦ったエイドリアン・グラナドス(米)には敗れたものの、これまで4勝(1KO)をあげている。通算15勝(7KO)7敗1分。今後にも注目!。

     

    ミニサンドバッグ・キーホルダー入荷! 現役最強ボクサーのダブル競演は3月19日、午前10時からWOWOWで生中継。

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

     WBA世界スーパーフライ級王者カリ・ヤファイ(英)の初防衛戦は、WBO世界同級11位村中 優  (フラッシュ赤羽)選手を相手に行われることを、エディ・ハーンのマッチルーム・スポルトが正式発表。試合は5月13日(日本時間14日)に英・バーミンガムで開催される。

     

     

    ヤファイはルイス・コンセプシオン(パナマ)から奪った王座の初防衛戦で、生まれ育ったバーミンガムでの凱旋試合となる。戦績は21戦全勝(14KO)無敗。世界初挑戦の村中選手は、25勝(8KO)2敗1分。

     

    ミニサンドバッグ・キーホルダー入荷! 現役最強ボクサーのダブル競演は3月19日、午前10時からWOWOWで生中継。

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBC世界ライトヘビー級王者アドニス・ステベンソン(ハイチ→カナダ)への指名挑戦権を持つ、同級1位エレイデル・アルバレス(コロンビア)が、「待ち料金」を受け取り次戦での世界挑戦を見送り。ステベンソンは同級10位ショーン・モナハン(米)を相手に、4月29日(日本時間30日)に米・ニューヨーク州ユニオンデールで防衛戦を行う。

     

     

    2013年11月以来行われていないこのクラスの指名試合は、ステベンソンvsモナハン勝者と、アルバレスが対戦。その勝者は挑戦者決定戦として対戦が指令されている、同級3位ジョー・スミスJr(米)と、同級4位アレクサンデル・ゴズディク(ウクライナ)戦勝者と対戦することになっている。

     

    ミニサンドバッグ・キーホルダー入荷! 現役最強ボクサーのダブル競演は3月19日、午前10時からWOWOWで生中継。

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBC世界スーパーバンタム級の新王者レイ・バルガス(メキシコ)への指名挑戦者を決める決定戦。同級3位アンセルモ・モレノ(パナマ)と、同級4位フリオ・セハ(メキシコ)の一戦は、5月27日(日本時間28日)にパナマシティで開催されることになった。

     

     

    同日はWBC世界ミニマム級の挑戦者決定戦も同時開催。同級1位サウル・フアレス(メキシコ)と、同級2位リロイ・エストラーダ(パナマ)が、王者ワンヘン・メナヨーシン(タイ)への指名挑戦権を賭けて戦う。

     

    ミニサンドバッグ・キーホルダー入荷! 現役最強ボクサーのダブル競演は3月19日、午前10時からWOWOWで生中継。

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    18日(日本時間19日)、米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催される現役最強ボクサーのダブル競演。世界ミドル級戦と、WBC世界スーパーフライ級戦に出場する選手の公開されたファイトマネーは。

     

     

    WBA世界ミドル級スーパー王者で、WBC、IBF世界同級王座も保持するゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が、250万ドル(約2億8200万円)で、対戦相手のWBA世界同級正規王者ダニエル・ジェイコブス(米)は、175万ドル(約1億9700万円)。

     

    WBC世界スーパーフライ級タイトマッチは、王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が、55万ドル(約6200万円)。挑戦者の元王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)は、7万5千ドル(約850万円)。

     

     

    アンダーカードに出場する前WBC世界スーパーフライ級王者カルロス・クアドラス(メキシコ)は、10万ドル(約1130万円。対戦相手のデビッド・カルモナ(メキシコ)は、1万2500ドル(約140万円)。

     

    WBCライト級コンチネンタル・アメリカ戦に出場の王者ライアン・マーティン(米)は、2万5千ドル(約280万円)、挑戦者のブライアント・クルス(米)が、1万5千ドル(約170万円)となっている。

     

     現役最強ボクサーのダブル競演は3月19日、午前10時からWOWOWで生中継。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    間もなくゴングを迎えるWBA世界ミドル級スーパー王者で、WBC、IBF世界同級王座も保持するゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と、WBA世界同級正規王者ダニエル・ジェイコブス(米)の世界ミドル級タイトルマッチ。

     

     

    昨日の前日計量はゴロフキンが159.6ポンド、ジェイコブスが159.8ポンドでパス。IBFルールによって義務付けられている同日計量に現れたゴロフキンは、170ポンドの許容範囲内の169.6ポンドでクリアしたが、ジェイコブスは同日計量を拒否。この試合でジェイコブスが勝ってもIBF王座は獲得できない事になった。

     

    現役最強ボクサーのダブル競演は3月19日、午前10時からWOWOWで生中継。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    18日(日本時間19日)、米・ニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン興行。前WBC世界スーパーフライ級王者で同級1位にランクされるカルロス・クアドラス(メキシコ)と、昨年5月にWBO世界同級王者井上尚弥(大橋)選手に挑戦し、12回判定で敗れたダビド・カルモナ(メキシコ)の一戦は、クアドラスが10回判定勝ち。

     

     

    スコアは97-93、97-93、96-94の3-0。クアドラスはしぶといカルモナのボクシングを最後まで崩すことは出来ず、圧倒する場面を作ることは出来なかった。ポイント差以上に接近しているように見えた試合。

     

    WBCライト級コンチネンタル・アメリカ・タイトルマッチ。王者ライアン・マーティン(米)vs挑戦者ブライアント・クルス(米)は、マーティンが8回45秒TKO勝ち。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    18日(日本時間19日)、米・ニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン興行。WBC世界スーパーフライ級タイトマッチ。王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)に、元王者で同級2位のシーサケット・ソールンビサイ(タイ)が挑戦した一戦は、シーサケットが12回判定勝ちで新王者。スコアは114-112、114-112、113-113の2-0。

     

     

    初回、ロマゴンの足が揃った所にシーサケットの右アッパーが身体を捉え、ロマゴンが倒れ、8カウントを聞く波乱のスタート。3回には偶然のバッティングでロマゴンが右目上をカット。6回には右側頭部もカットし、以後、出血に悩まされながらの戦いとなった。

     

    両選手、接近戦での我慢比べの打ち合いは、共に互いに譲らず最終ラウンドまで続いた。そして、よもやのロマゴン落城。驚きました!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    18日(日本時間19日)、米・ニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン。WBA世界ミドル級スーパー王者で、WBC、IBF世界同級王座も保持するゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と、WBA世界同級正規王者ダニエル・ジェイコブス(米)が激突した一戦は、ゴロフキンが12回判定勝ち。スコアは115-112、115-112、114-113の3-0。

     

     

    試合は静かな立ち上がり。ゴロフキンが強いプレスでジェイコブスを追うが、ジェイコブスは足を使い距離を取る。第4ラウンド、ジェイコブスの一瞬の隙を付いたゴロフキンは右2発でダウンを奪う。すぐに立ったジェイコブス。ゴロフキンは深追いはしない。

     

    以後も互いの強打を警戒しながらの戦いとなり、追うゴロフキンに対し、ジェイコブスは足を使い左右にスイッチしながら、速いパンチを返す。9回はゴロフキンの右アッパーでジェイコブスはダメージを負うが、すぐに回復。

     

    しかし、10回以降ゴロフキンは手数が減り、ジェイコブスが速いパンチで反撃。接戦となって試合は終了。ゴロフキンが小差の判定をものにした。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    18日(日本時間19日)、米・ニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン興行。WBC世界スーパーフライ級タイトマッチ。王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)に、元王者で同級2位のシーサケット・ソールンビサイ(タイ)が挑戦した試合は、世紀の大番狂わせ。

     

     

    初回、ロマゴンの足が揃った所にシーサケットの右アッパーが身体を捉え、ロマゴンが倒れると、スティーブ・ウィルス(米)主審は8カウントを数えた。

     

     

    3回には偶然のバッティングでロマゴンが右目上をカット。6回には右側頭部もカットし、流血を気にしながらの苦しい試合となった。

     

     

    ロマゴンの連打がシーサケットを捕らえるが、見た目ほどのダメージを与えられず、シーサケットも負けずに打ち返した。

     

     

    微妙な判定はシーサケットに!。

     

     

    グリーン・フェルドマン114-112、ジュリー・レダーマン(米)114-112でシーサケット。ワレスカ・ロルダン(米)は113-113のイーブン。第6ラウンド、シーサケットはヘッドバッドで減点1。

     

     

    大番狂わせの勝利をあげ、王座返り咲きに成功したシーサケットは、42勝(38KO)4敗1分。

     

    今後の動向が大いに注目される。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    18日(日本時間19日)、米・ニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン。WBA世界ミドル級スーパー王者で、WBC、IBF世界同級王座も保持するゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と、WBA世界同級正規王者ダニエル・ジェイコブス(米)が激突。

     

     

    第4ラウンド、ジェイコブスの一瞬の隙を付いたゴロフキンが右2発でダウンを奪う。

     

     

    互いの強打を警戒し合いながらの試合となった。

     

     

    終盤、手数で上回ったのはジェイコブス。

     

     

    試合終了。判定はゴロフキン!。

     

     

    マックス・デルーカ(米)114-113、ドン・トレッラ(米)115-112、スティーヴ・ワイズフェルド(米)115-112の3-0。下のIBFスコアカード、真ん中のトレッラの合計点は計算違い。

     

     

    期待の18連続KO防衛は成らなかったが、WBA王座統一に加え17度目、WBC6度目、IBF3度目の防衛に成功したゴロフキンは、37勝(33KO)無敗。

     

    早くも次戦が注目されます!。

     

     


    0 0

    18日(日本時間19日)、シーサケット・ソールンビサイ(タイ)によもやの判定負けで、WBC世界スーパーフライ級王座を追われた前王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)は、「今すぐにも再戦がしたい。勝ったのは私だと思っています。ジャッジの採点は残念です」と、即時再戦を求めるコメントを発表。

     

     

    米・メディア、関係者の間でもこの試合の判定に対する疑問の声が多数上がっており、ESPNのダン・ラファエル氏は8点差、殿堂入りしている元審判員のジョー・コルテス氏も6点差でロマゴンの勝ちを推している。

     

    今後のビジネス戦線に注目!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界ウェルター級の指名試合。王者ケル・ブルック(英)vs同級1位エロール・スペンスJr(米)の一戦は、5月27日(日本時間28日)に、英・シェフィールドで開催されることが決定。

     

     

    世界ミドル級の統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に敗れて以来の再起戦となるブルックと、21勝(18KO)無敗のスペンスJr。

     

    英国開催。果たしてどんな結果になるのか。大いに注目です。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    メジャー4団体の世界王座統一目指す、WBC、IBF世界ミドル級、WBA世界同級スーパー王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の次戦は、残るWBO王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)との王座統一戦がプランにあがっている。

     

     

    18日(日本時間19日)に行われたダニエル・ジェイコブス(米)戦前から話が出ていた、6月10日にカザフスタンでゴロフキンvsソーンダースを開催するというもので、ソーンダース陣営は積極的にこの戦いの実現を訴えている。

     

    ゴロフキン陣営のトム・レフラーは、「この試合がカザフスタンで開催されることになった場合、HBOで米国に放映されることは契約に至っていない」としていたが、ここに来て、「英国開催」もありえることを示唆。

     

     

    ソーンダースと、プロモーターのフランク・ウォーレンも今度は本気で戦う姿勢を見せており、今週末にも「英国開催」で交渉がまとまる可能性が高いと見られている。

     

    今後の交渉に注目!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBC世界フライ級王者ファン・エルナンデス(メキシコ)はESPNのインタビューで、今週からトレーニングに戻り、初防戦は指名挑戦者の同級1位比嘉大吾(白井・具志堅)選手と、5月20日に日本で戦う事を明言。

     

     

    12戦オールKO勝ちの挑戦者を迎える事になる王者は、「私はタイで36戦無敗(28KO)のナワポーン・ソー・ルンビサイ(タイ)に勝っている。何の問題もありません」と、自信満々。

     

    「世界チャンピオンとして日本へ行けることに、大変な喜びを感じます」

     

    正式発表が待たれます。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBCマウリシオ・スライマン会長は、スーパーフェザー級の指名試合。王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)vs同級1位三浦隆司(帝拳)の入札が回避され、対戦が合意に達した事を発表。試合は米・カリフォルニア州ロサンゼルス地区で、で6月24日(日本時間25日)、もしくは7月15日(日本時間16日)に開催される。

     

     

    プロモーターはゴールデン・ボーイ・プロモーションで、HBOが放映を予定。強打のベルチェルと三浦選手の戦いは、海外のファン、関係者からも、好ファイトの期待が多く寄せられている。

     

    大舞台での”ボンバー・レフト”炸裂を大いに期待したい!。

     

    応援、深く感謝です! リナレスvsクロラ 3/26早朝 先行ライブ配信 WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBC、WBO世界スーパーライト級王者テレンス・クロフォード(米)が5月20日(日本時間21日)に、米・ニュージャージー州ニューアークで予定する次期防衛戦の相手は、WBC同級3位のフェリックス・ディアス(ドミニカ)が相手。

     

     

    北京五輪金メダリストのディアスが、マニー・パッキャオ(比)の対戦相手としてノミネートされているクロフォードを相手に、ついに世界初挑戦のリングに立つ。

     

    楽しみなカードです!。

     

    応援、深く感謝です! リナレスvsクロラ 3/26早朝 先行ライブ配信 WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


older | 1 | .... | 160 | 161 | (Page 162) | 163 | 164 | .... | 269 | newer