Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。

older | 1 | .... | 251 | 252 | (Page 253) | 254 | 255 | .... | 269 | newer

    0 0

    13日(日本時間14日)、ロシア・エカテリブルクで開催された”ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ”の準々決勝戦。メインのWBO世界バンタム級タイトルマッチ。王者ゾラニ・テテ(南ア)に同級6位ミーシャ・アロイヤン(ロシア)が挑んだ一戦は、初回にダウンを奪ったテテが12回判定勝ち。スコアは114-111、114-111、114-110の3-0。テテは11月3日(日本時間4日)に英国で開催される、バーネットvsドネア勝者と対戦することになった。

     

     

    セミファイナル。クルーザー級のIBF挑戦者決定戦。2位ルスラン・ファイファ(ロシア)と3位アンドリュー・タビチ(米)の一戦は、タビチが12回判定勝ちで準決勝へ進出。スコアは114-113、115-112、116-111の3-0。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    13日(日本時間14日)。WBO世界ライトフライ級王者アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)=18勝(18KO)1敗=が、米・ラスベガスのハードロック・ホテル&カジノで開催されたゴールデン・ボーイ・プロモーション興行のメインで、同級11位アブラハム・ロドリゲス(メキシコ)=23勝(11KO.)1敗=の挑戦を受けた一戦は、第2ラウンドにアコスタが強烈な左フックを決めると、ロドリゲスは背中からキャンバスへ落下。ノーカウントで試合は停止された。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    13日(日本時間14日)、メキシコシティのリングに登場したWBC世界スーパーフェザー級3位で20連続KO中のエドゥアルド・エルナンデス(メキシコ・20歳)=26戦全勝(23KO)=は、保持するWBC同級ユース王座を賭けて、ルイス・ディアス・ペスターナ(コロンビア)=23勝(14KO.)3敗1分=と対戦。第2ラウンドKO勝ちで連続KO記録を21に伸ばした。エルナンデスはWBCから同級2位フランシスコ・バルガス(メキシコ)との挑戦者決定戦を指令されている。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    13日(日本時間14日)、米・ネブラスカ州オマハのCHI・ヘルスセンターで開催された、WBO世界ウェルター級タイトルマッチ。3階級制覇の王者テレンス・クロフォード(米)に、同級10位(WBA1位)ホセ・ベナビデス(米)=27戦全勝(18KO)=が挑んだ一戦は、クロフォードが最終ラウンド2分42秒TKO勝ち。

     

     

    セミファイナル。WBCコンチネンタル・アメリカ・フェザー級王座決定戦。シャクァー・スティーブンソン(米)とヴィオレ・シミオン(ルーマニア)の一戦は、スティーブンソンが3度のダウンを奪って初回3分TKO勝ちで新王者。勝ったスティーブンソンは9戦全勝(5KO)。敗れたシミオンは21勝(9KO)3敗。

     

    アンダーカードに出場した元WBO世界スーパーライト級王者マイク・アルバラード(米)は、ロビーキャノン(米)=16勝(7KO)13敗3分=に2回KO勝ち。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBCコンチネンタル・アメリカ・フェザー級王座決定戦。シャクール・スティーブンソン(米)vsヴィオレ・シミオン(ルーマニア)。10月13日(日本時間14日)、米・ネブラスカ州オマハ、CHI・ヘルスセンター。リオデジャネイロ五輪銀メダリストのスティーブンソンは、8戦全勝(4KO)。

     

     

    元世界ランカーのシミオンは21勝(9KO)2敗。昨年4月にスコット・クイッグ(英)に12回判定負けを喫して以来のリング。

     

     

    試合開始。

     

     

    初回。サウスポー、スティーブンソンの右フックでシミオンはダウン。

     

     

    再開後、スティーブンソンの連打からの左が決まるとシミオンは再びキャンバスへ落下。

     

     

    3度目のダウンは右フック。

     

     

    カウント途中で試合はストップ。TKOタイム初回3分。

     

     

    ボブ・アラムの祝福を受ける21歳の新王者スティーブンソンは、2017年4月のデビュー以来、これで9戦全勝(5KO)。今後のキャリアアップに注目。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBO世界ウェルター級タイトルマッチ。王者テレンス・クロフォード(米)vs同級10位(WBA1位)ホセ・ベナビデス(米)。10月13日(日本時間14日)、米・ネブラスカ州オマハ、CHI・ヘルスセンター。挑戦者のベナビデスは元WBA世界スパーライト級暫定王者。27戦全勝(18KO)。

     

     

    地元の大声援を受けながらリング登場の3階級制覇王者クロフォード。

     

     

    リングアナはルーベン・コントレラス(メキシコ出身・米在住)。試合開始。

     

     

    立ち上がり、好調を伺わせた挑戦者だったが、徐々に王者のスピードが上回って行く。

     

     

    べた足の挑戦者は手数も減りジリ貧に。

     

     

    最終ラウンド。クロフォードの痛烈な右アッパーでベナビデスはダウン。

     

     

    再開後、王者はすかさず追撃。

     

     

    ベナビデスがロープ際で大きくよろけた所で、セレスティーノ・ルイス(米)主審は試合をストップ。

     

     

    TKOタイム。12回2分42秒。

     

     

    11回までのスコアもクロフォードが大きくリードしていた。

     

     

    ウェルター級王座の初防衛に成功したクロフォードは、34戦全勝(25KO)。フランシスコ・バルカッセルWBO会長(左)、ジョン・ダガンWBO立会人も勝利を祝福。今後は更なるビッグマッチが期待される。ボブ・アラムのマッチメイクに注目。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBC世界スーパーバンタム級王者レイ・バルガス(メキシコ)が、12月に戦線復帰することをメキシコのプロモーター、オスワルド・キュキュレ(下写真右)が発表。12月15日(日本時間16日)に米・ニューヨークで開催されるカネロvsフィールディング興行か、12月1日(日本時間2日)に米国内で予定されるWBO世界スーパーウェルター級王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)の次期防衛戦興行のどちらかにバルガスは出場。フリオ・セハ(メキシコ)をストップして急浮上した、同級6位フランクリン・マンサニーリャ(ベネズエラ)=18勝(17KO)4敗=が挑戦者になる。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    今年3月に意外な初黒星を喫していた、プエルトリコ期待の次世代のスーパースター候補。元WBO世界ライト級1位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)=23勝(15KO)1敗=が、11月10日(日本時間11日)にプエルトリコ・グアイナボでリング復帰。ヤードリー・アルメンタ・クルス(メキシコ)=24勝(14KO)11敗1NC=とグローブを交える。果たして、復調ぶりやいかに?。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    IBF世界ライトヘビー級王者アルツール・ベテルビエフ(ロシア)のV2戦は、12月15日(日本時間16日)か22日(日本時間23日)に米国内で開催されるDAZN放映興行で、WBC3位、WBA7位、WBO8位のジョー・スミスJr(米)を相手に行われる事が明らかになった。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    11月24日(日本時間25日)にエディ・ハーンがモナコ・モンテカルロで開催する、DAZN配信興行のカードが決定。メインは、WBA世界クルーザー級休養王者デニス・レべデフ(ロシア)に12位マイク・ウィルソン(米)が挑むタイトル戦。WBA世界スーパーフライ級正規王者カリ・ヤファイ(英)は、同級13位イスラエル・ゴンサレス(メキシコ)=23勝(10KO)2敗=の挑戦を受ける。

     

     

    また、中国期待のヘビー級。北京五輪銀メダリストでWBO6位にランクされる張志磊(チャン・ツィーレイ/中国)=20戦全勝(16KO)=が、WBA14位アレクサンデル・ウスティノフ(ロシア)=34勝(25KO)2敗=と対戦。ラスベガスに住むチャンは、ロンドン五輪でアンソニー・ジョシュア(英)に敗れた復讐を、プロのリングで果たすことを夢見ている。ウスティノフは昨年11月に、ドイツでマヌエル・チャー(独)とのWBA正規王座決定戦で12回判定負けを喫して以来のリング。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBA世界ライトヘビー級王者ドミトリー・ビボル(キルギスタン)=14戦全勝(11KO)=のV5戦は、11月24日(日本時間25日)に米・アトランティックシティで、元WBC王者で9位のジャン・パスカル(カナダ)=33勝(20KO)5敗1分1NC=と対戦することで正式契約。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    20日(日本時間21日)に米・ラスベガスのパーク・シアターで、同級2位ロバート・ブラント(米)=23勝(16KO)1敗=とのWBA世界ミドル級正規王座の防衛戦に挑む、チャンピオン村田諒太(帝拳)選手の試合を、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)のプロモーター、トム・ロフラー氏が視察する。

     

     

    ロフラー氏は「村田が勝ったなら、ゴロフキンvs村田は間違いなく面白い試合になる。東京に行くことはエキサイティングだ」と語り、HBOがボクシング中継から撤退した今、ESPNのサポートを受ける村田選手とゴロフキンの試合は、「最も可能性が高い」としている。益々期待が高まる村田選手のラスベガス防衛戦。大いに楽しみです!。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)が、DAZNと契約。5年間、11試合の契約で最低3億6500万ドル(約410億円)が保証される。併せてカネロとの長期契約を延長したゴールデン・ボーイ・プロモーションは、カネロ戦以外に年間最大10回のDAZN配信興行を手掛ける事になった。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    昨年12月にワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に敗れ初黒星を喫した、元世界スーパーバンタム級王者ギレルモ・リゴンドウ(キューバ)は、今年8月にロック・ネイション・スポーツを離脱していたが、このほどアル・ヘイモンの”プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ”と契約。年内にもリング復帰を果たすことになった。楽しみです!。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    DAZNと契約するマッチルームUSAのエディ・ハーンは、サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)がDAZNと契約したことにより、同じDAZN興行を手掛けることになったゴールデン・ボーイ・プロモーションとは、好カード提供に関す友好関係を締結。

     

     

    スーパーバンタム級WBA正規王者ダニエル・ローマン(米)と、WBC王者レイ・バルガス(メキシコ)による王座統一戦は、2019年開催で合意。その一方、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と、ジャモール・チャーロ(米)に対しては、「カネロと戦いたければ、DAZNにいなければならない」と警告を発している。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    360プロモーションのトム・レフラーは、12月8日(日本時間9日)に米・ラスベガスがロサンゼルスで、HBOが放映する最後の興行を開催することを示唆。元4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)と、女子世界ウェルター級4団体統一王者シリア・ブレークフス(ノルウェー)が出場する。

     

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    アル・ヘイモンの”プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ”と契約した、元世界スーパーバンタム級王者ギレルモ・リゴンドウ(キューバ)のリング復帰は、12月1日(日本時間2日)に米・ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催される、WBC世界ヘビー級戦。デオンテイ・ワイルダー(米)vsタイソン・フューリー(英)のアンダーカードに決定。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    5月にジョシュ・ワーリントン(英)にスプリットの判定で敗れ王座を追われた、前IBF世界フェザー級王者リー・セルビー(英)が12月にリング復帰。現在、IBF世界スーパーフェザー級7位、WBO8位にランクされる”ウェールズ・メイウェザー”は、今後、世界ライト級王座獲得を目指す方針で、12月のテスト試合の後、アンソニー・クローラ(英)、リッキー・バーンズ(英)の元世界王者との対戦を希望している。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    IBF世界ライト級の指名試合。王者マイキー・ガルシア(米)と1位リチャード・コミー(ガーナ)の一戦は、再三に渡る入札延期を経て対戦合意に達したとされていたが、IBFが通達した期限内に正式の契約書を提出することが出来なかった。早速、コミー陣営は入札のやり直しを求めている。その一方、ガルシアはDAZNと契約するのではとの見方が強くなっている。今後に注目。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者ジェルボンテ・デービス(米)は、所属するメイウェザー・プロモーションからの離脱が噂されていたが、ここに来て、カネロ・アルバレスを擁してDAZNと契約したゴールデン・ボーイ・プロモーションのオスカー・デラホーヤが接近。これに対し、メイウェザー・プロモーションは法的措置も辞さない構えを見せているが、カネロがG・B・Pに移った時と同じ様相を呈しており、今後の展開が大いに注目される。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


older | 1 | .... | 251 | 252 | (Page 253) | 254 | 255 | .... | 269 | newer