Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。

older | 1 | .... | 242 | 243 | (Page 244) | 245 | 246 | .... | 269 | newer

    0 0

    トップランクのボス、ボブ・アラムはワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)の今後のスケジュール・プランを示唆。8月25日(日本時間26日)に行われる、WBO世界ライト級王者レイ・ベルトラン(メキシコ)と、2位ホセ・ペドラサ(プエルトリコ)戦の勝者と、12月1日(日本時間2日)に戦い勝利した後、来年3月にマイキー・ガルシア(米)との対戦を希望している。ビッグマッチの実現。大いに楽しみです。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    IBFはスーパーフェザー級の新王者テビン・ファーマー(米)への指名挑戦権を決める決定戦を指令。3位ギヨーム・フレノワ(仏)と、4位デビス・ボスキエロ(伊)の両陣営が対戦交渉に入っている。2011年11月に粟生隆寛(帝拳)選手の持っていた、WBC世界同級王座に挑戦して12回判定負けの記録が残る、37歳のボスキエロ=46勝(21KO)5敗2分は、フレノワ(35歳)=46勝(12KO)1敗=にキャリア唯一の黒星を与えている過去があるが、果たして今度はどうか。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    2010年11月に日本のリングで、長谷川穂積(真正)選手と空位のWBC世界フェザー級王座を争った、ファン・カルロス・ブルゴス(メキシコ)が、9月28日(日本時間29日)に米・カリフォルニア州テメキュラのペチャンガ・リゾート&カジノ興行に出場。IBF世界ライト級15位デビン・ハニー(米)=19戦全勝(13KO)=とグローブを交える。ブルゴスは長谷川選手に敗れた後、マイキー・ガルシア(米)に負けたのが唯一の黒星で、33勝(21KO)2敗2分。再浮上を賭けた一戦、応援したくまりますね!。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    

     


    0 0

    WBA世界バンタム級正規王者の井上尚弥(大橋)選手が、元WBA世界同級スーパー王者で4位にランクされるフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ)と対戦するタイトルマッチが、10月7日に横浜アリーナで開催されることが正式発表。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の準々決勝戦として行われる。試合はフジテレビ系で生中継。米国、欧州にも配信される。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    4月に横浜アリーナのリングで比嘉大吾(白井・具志堅)選手を9回TKOに破り、WBC世界フライ級王者となったクリストファー・ロサレス(ニカラグア)は、18日(日本時間19日)、英・ベルファストのウィンザー・パークで、挑戦者パディ・バーンズ(アイルランド)に、強烈な右ボディアッパー一発でテンカウントKO勝ち。初防衛に成功したロサレスは、母の従弟に当たるローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が敗れた、WBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)との対戦を希望。

     

     

    ロサレスは比嘉陣営に残り二つのオプションを押さえられているが、白井・具志堅ジムの具志堅用高会長はTEIKENプロモーションに全てを一任。先のバーンズ戦にはTEIKENプロからの委任により、ショーン・ギボンズ(米・上写真右)氏が英国に赴いている。

     

     

    様々な関係を考えると、決して減量が楽ではないロサレスが、シーサケットに挑戦という構図も浮かんでくる。今後の動向に注目!。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)への次期指名挑戦者を決める決定戦。4位リー・ハスキンス(英・下写真)vs5位ケニー・デメシリョ(比)の入札は、マニー・パッキャオのMPプロモーションが、1万1,100ドルを提示したウェスカントリーボクシングを押さえ、2万6千ドルで落札。ファイトマネーの分配はハスキンスが、60%の1万5,600ドル。デメシリョが40%の1万400ドルとなる。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBO世界フライ級チャンピオン木村 翔 (青木)選手と、前IBF世界ミニマム級王者の京口紘人(ワタナベ)選手が、本番さながらの4ラウンドのスパーリングを展開。「闘志丸出しの激しいスパーは、お互い収穫になったことでしょう」(大竹重幸氏)。

     

     

    木村選手は9月24日に名古屋で、指名挑戦者の1位田中恒成(畑中)選手を相手に3度目の防衛戦が決定。一方、ライトフライ級で2階級制覇を狙う京口選手は、9月25日に後楽園ホールでWBA6位。WBC8位にランクされるチボ・モナベサ(インドネシア)=18勝(8KO)無敗2分=と戦うことが発表された。

     

     

    前回の防衛戦kら2ヶ月弱のスパンでV3戦に挑む木村選手は、「正直キツいスケジュールだが」と言いながらも、「疲れは1週間で抜けたし、減量も問題ない。スパーリングをこなしていけば大丈夫」と闘志満々。26日から2週間予定している恒例のタイ合宿で仕上げにかかる。

     

    階級を上げて、「パワーがついてきたと思う」と言う京口選手は、「4団体の王者の動向を見て、挑戦できるところがあれば」(渡辺 均 会長)と、早ければ大晦日にも2階級制覇に挑む構え。そして将来的には、「フライ級も」と意欲を見せている。両選手の次戦に注目。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    英国のスポーツ専門チャンネルSky Sportsの解説者、元世界スーパーミドル級王者カール・フロッチ(英)が選出したパウンド・フォー・パウンド・ランキングで井上尚弥(大橋)選手が3位に挙げられている。1位はワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)だが、「日本のモンスターは最高のパンチャーになる可能性がある」と、その将来を予測。

     

     

    ちなみにランキングは、2位テレンス・クロフォード(米)、4位アレクサンダー・ウシク(ウクライナ)、5位シーサケット・ソールンビサイ(タイ)、6位マイキー・ガルシア(米)、7位ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)、8位エロール・スペンスJr(米)、9位サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)。10位レオ・サンタクルス(メキシコ)となっている。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    IBF世界スーパーフェザー級の新王者テビン・ファーマー(米)が、10月20日(日本時間21日)に米・マサチューセッツ州ボストンのTDガーデンで開催される、ソーンダースvsアンドラーデ興行に出場。同級7位ジェームス・テニーソン(英)=22勝(18KO)2敗=を相手に初防衛戦に挑む。

     

     

    一般的にテレビ受けしないだろうと揶揄されるファーマーだが、プロモーターのルー・ディベラは、エディ・ハーンからの提案に乗り、今後もDAZNファイトで頻繁にリングに上がり、稼いで行きたいとの意向を示唆している。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    20日(日本時間21日)に米・ニュージャージー州スプリングフィールドのIBF本部で入札が予定されていた、ミニマム級王座決定戦。1位マーク・アンソニー・バリガ(比・下写真)=9戦全勝(1KO)=と、3位カルロス・リコナ(メキシコ)=13戦全勝(2KO)=の一戦は、対戦合意に達し入札を回避。試合は米国で開催されることになる。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    .英・プロモーターのランク・ウォーレンが、2万ドルで単独落札していたIBF世界フェザー級挑戦者決定戦。3位キッド・ギャラード(カタール・下写真左)=1、2位は空位=と、8位トカ・カーン・クレイリー(リベリア・下写真右)戦は、10月20日(日本時間21日)に米・マサチューセッツ州ボストンのTDガーデンで開催のソーンダースvsアンドラーデ興行で行われる。

     

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBA世界スーパーフェザー級正規王者アルベルト・マチャド(プエルトリコ)の2度目の防衛戦は、10月27日(日本時間28日)に米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン・シアターで開催される、ジェイコブスvsデレイビャンチェンコ興行で、WBCフェザー級20位のユアンデール・エバンス(米)=20勝(14KO)1敗=を相手に行われることが正式発表された。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    9月15日(日本時間16日)に米・ラスベガスのTモバイル・アリーナで再戦する、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と、サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)戦の勝者へ贈られるWBCベルトがお披露目。既に発表されているオフィシャルは、レフェリー、ベンジエステーブスJr(米)。ジャッジはグレン・フェルドマン(米)、デイブ・モレッティ(米)、スティーヴ・ワイズフェルド(米)となっている。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBA世界ミドル級正規チャンピオン村田諒太(帝拳)選手の2度目の防衛戦は、10月20日(日本時間21日)に米・ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート アンド カジノで、同級2位の指名挑戦者ロバート・ブラント(米)を相手に行われる。

     

     

    WBAが開催した入札条件。ファイトマネーの分配が王者、挑戦者がそれぞれ50%づつに対し、不満を爆発させたボブ・アラムは入札をボイコット。ブラント陣営のグレッグ・コーエン・プロモーションが、20万2,114ドルで落札していたが、アラムは村田選手の王座剥奪も辞さずの構えでWBAに睨みを聞かせていた。

     

     

    しかし、その後アラムとコーエンは改めて交渉に入り、対戦に合意。WBAが開催した入札は無視される形で、村田vsブラントは開催されることになった。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBC世界ス-パーフェザー級王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ・下写真)と、同級1位ミゲル・ローマン(メキシコ)の指名試合は、11月3日(日本時間4日)に米・カリフォルニア州、もしくはテキサス州開催で合意に達したことを、トップランクが伝えている。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    25日(日本時間26日)に米・アリゾナ州グレンデールで開催されるダブル世界戦興行のファイトマネー。WBO世界スーパーバンタム級戦は、王者アイザック・ドグボエ(ガーナ)が、6万5千ドル(約720万円)。挑戦者の同級6位大竹秀典(金子)選手は、2万5千ドル(約280万円)。

     

     

    WBO世界ライト級タイトル戦は、王者レイ・ベルトラン(メキシコ)が20万ドル(約2220万円)。挑戦者の元IBF世界スーパーフェザー級王者ホセ・ペドラサ(プエルトリコ)は、12万5千ドル(約1390万円)となっている。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    25日(日本時間26日)、米・アリゾナ州グレンデールのヒラ・リバー・アリーナで開催されたWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。王者アイザック・ドグボエ(ガーナ)に、同級6位の大竹秀典(金子)選手が挑んだ一戦は、ドグボエが初回TKO勝ち。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    25日(日本時間26日)、米・アリゾナ州グレンデール、ヒラ・リバー・アリーナ興行のメイン。WBO世界ライト級王者レイ・ベルトラン(メキシコ)に、同級2位ホセ・ペドラサ(プエルトリコ)が挑んだタイトル戦は、ペドラサが12回判定勝ちで、新王者。

     

    勝ったベルトランペドラサは、12月1日(日本時間2日)の米・トップランク興行で、WBA世界同級スーパー王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との王座統一戦が予定されている。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。王者アイザック・ドグボエ(ガーナ)vs同級6位大竹秀典(金子)。8月25日(日本時間26日)、米・アリゾナ州グレンデール、ヒラ・リバー・アリーナ。”リングの職人”大竹選手は、2度目の世界挑戦。

     

     

    ガーナ期待の王者ドグボエは2度目の防衛戦。

     

     

    リングアナウンサーは、ルーペ・コントレラス(メキシコ出身・米在住)。

     

     

    リチャード・デ・クイアー(米)WBO立会人と、フランシスコ・バルカッセルWBO会長(右)。

     

     

    試合開始。

     

     

    頭を付け合う打ち合いに入ったが、王者のパワーが一枚上。

     

     

    1分過ぎ、ドグボエの左アッパーで大竹選手、ダウン。

     

     

    再開に応じた挑戦者だが、今度は王者の右で2度目のダウン。

     

     

    ドグボエは強烈な左フックで襲い掛かる。

     

     

    足元が大きく揺れる挑戦者をみた、クリス・フローレス(米)主審は、すかさず試合をストップ。

     

     

    圧倒的パワーでV2に成功したドグボエは、20戦全勝(14KO)。世界スーパーバンタム級王座の統一へ向け、「全ての準備は出来ている」と強い自信を見せている。今後のマッチメイクに注目。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


    0 0

    WBO世界ライト級タイトルマッチ。王者レイ・ベルトラン(メキシコ)vs同級2位ホセ・ペドラサ(プエルトリコ)。8月25日(日本時間26日)、米・アリゾナ州グレンデール、ヒラ・リバー・アリーナ。デビューから18年の時間をかけて世界王座を獲得したベルトランは、これが初防衛戦。

     

     

    挑戦者ペドラサは、元IBF世界スーパーフェザー級王者。

     

     

    リチャード・デ・クイアー(米)WBO立会人。

     

     

    25日(日本時間26日)に亡くなったアリゾナ州選出の上院議員ジョン・マケイン氏の追悼が行われた。

     

     

    リングアナウンサーは、ルーペ・コントレラス(メキシコ出身・米在住)。

     

     

    ESPNの解説は、ティモシー・ブラッドリーJr(米)。

     

     

    試合開始。

     

     

    攻勢をかける王者だが、この日は正確性に欠けた。

     

     

    サウスポーにスイッチしたペドラサが、手数とヒットでもベルトランを上回りポイントをピックアップして行く。

     

     

    第11ラウンド。ペドラサの左アッパーがベルトランを襲う。

     

     

    ベルトランは痛恨のダウン。

     

     

    王者は何とか11ラウンドを逃げ延び、試合は最終ラウンドへ。

     

     

    ラスト10秒、王者が挑戦者の猛攻にさらされている中、試合終了ゴング。

     

     

    公式スコアはロバート・ホイル(米)117-110、ルービン・ロッキー・テイラー(米)115-112、リサ・ジアンパ(米)117-110で、いずれもペドラサ。

     

     

    2階級制覇に成功したペドラサは、25勝(12KO)1敗。新王者は今後、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、マイキー・ガルシア(米)との対戦を熱望。12月1日(日本時間2日)のトップランク興行で、ロマチェンコとの王座統一戦に挑む可能性が高い。

     

    ★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                    


older | 1 | .... | 242 | 243 | (Page 244) | 245 | 246 | .... | 269 | newer