Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。

older | 1 | .... | 209 | 210 | (Page 211) | 212 | 213 | .... | 269 | newer

    0 0

    WBA世界ライト級タイトルマッチ。王者ホルヘ・リナレス(帝拳)vs同級15位メルシト・へスタ(比)。1月27日(日本時間28日)、米・カリフォルニア州イングルウッド、ザ・フォーラム。リナレス選手はこれが3度目の防衛戦。

     

     

    6年ぶりの世界挑戦となるへスタは、31勝(17KO)1敗2分。

     

     

    2月8日(日本時間9日)に引退試合を控えたロイ・ジョーンズJr(米)。HBOは現役選手としては対象外としながらも、解説者として高く評価。

     

     

    WBA立会人。左はジョージ・マルティネス(アルゼンチン出身・カナダ在住・村田・エンダム再戦で来日)と、ホセ・オリバー・ゴメス( パナマ )。 

     

     

    ここ3戦、リナレス選手の新ビジネスマネジャーとして陣営に名を連ねるラスベガス在住のホセ・マヌエル・デラクルース。ゴールデン・ボーイのロベルト・ディアスによると、ラスベガスにリナレス選手とともにボクシングジムを開設したとのこと。

     

     

    1R。

     

     

    2R。

     

     

    3R。

     

     

    4R。

     

     

    5R。

     

     

    6R。

     

     

    7R。

     

     

    8R。

     

     

    9R。

     

     

    10R。

     

     

    11R。

     

     

    試合終了。

     

     

    公式スコアはエスター・ロペス(米)118-110、マックス・デルーカ(米)118-110、エドワード・エルナンデスSr(米)117-111。

     

     

    V3に成功したリナレス選手は44勝(27KO)3敗とし、次戦でビッグマッチを希望。ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、マイキー・ガルシア(米)との戦いが期待されている。今後に注目。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    IBFが指令していたバンタム級王者ライアン・バーネット(英)と、同級3位エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)による指名戦は、2月12日(日本時間13日)に、米・ニュージャージー州スプリングフィールドのIBF本部で入札の開催が決定していたが、両選手の戦いはない。ロドリゲス陣営は、バーネットが王座を返上したことを明かし、同級4位ポール・バトラー(英)との王座決定戦を、4月21日(日本時間22日)のアミール・カーン(英)復帰戦興行で行うとしている。

     

     

     

    WBA世界同級スーパー王座を保持するバーネットは、3月31日(日本時間4月1日)に開催されるジョシュアvsパーカーの世界ヘビー級王座統一戦興行に出場し、同王座の防衛戦に挑むことになる模様。正式発表が待たれます。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    映画「ロッキー」のモデルとなったボクサー、チャック・ウェプナー(米)の知られざる栄光、挫折、再生を描いた伝記ドラマ、『チャック 〜“ロッキー”になった男〜』が、8日午後9時からWOWOWシネマで放映されます。

     

     

    最強王者、絶対に勝ちめ無しと言われたジョージ・フォアマン(米)をKOし、奇跡の世界ヘビー級王座奪還を果たしたモハメド・アリ(米)の初防衛戦の挑戦者に選ばれたのは、酒屋のセールスマンが本業だったウェプナー。

     

    100人の内99人が自信を持ってアリのKO負けを予想したフォアマン戦に勝利したアリが、”血まみれの希望”という白人挑戦者ウェプナーを選んだというくだりは、「ロッキー」そのもの。”悪い冗談”と受け取られたほどのタイトルマッチで、ウェプナーは予想外の戦いを見せた。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    WBA世界ウェルター級正規王座決定戦。同級1位ティーラチャイ・シッモーセン(タイ)vs同級3位ルーカス・マティセ(亜)。1月27日(日本時間28日)、米・カリフォルニア州イングルウッド、ザ・フォーラム。元WBC世界スーパーライト級暫定王者のマティセは、初の正規世界王座獲得を狙う。

     

     

    初の世界戦。米国初戦となるティーラチャイは、38勝(28KO)無敗。

     

     

    WBAメンドーサJr会長 の右腕的存在であったが、昨年11月の年次総会前に突然WBAを解任されたフリオ・タイム(パナマ)氏が、突然タイ陣営とともにリングに登場。WBA立会人は大困惑。

     

     

    左端はギャラクシー・プロモーションの総帥二ワット・オスラワン氏。

     

     

    1R。

     

     

    2R。

     

     

    3R。

     

     

    4R。

     

     

    5R。

     

     

    6R。

     

     

    7R。

     

     

    第8ラウンド。マティセの左ストレートでティーラチャイはダウン。

     

     

    よく立ったティーラチャイだったが、再開後、同じパンチで再びダウン。起き上がることが出来なかった。

     

     

    7回までのスコアカード。ジャッジの一人はティーラチャイの左ジャブにポイントを与えていた。

     

     

    新王者マティセは、39勝(36KO)4敗1NC。同級スーパー王者キース・サーマン(米)との王座統一戦が期待される。WBAランキングは1位にダニー・ガルシア(米)、2位マニー・パッキャオ(比)と続くが、マティセはパッキャオとの対戦にも興味を示している。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    WBAはスーパーフェザー級王者アルベルト・マチャド(プエルトリコ)と、同級2位ラファエル・メンサー(ガーナ)の指名戦入札を、2月19日(日本時間20日)にパナマシティのWBA本部で開催することを発表。最低落札価格は12万ドルで、ファイトマネーの分配はマチャド75%、メンサー25%となっている。

     

     

    マチャド擁するゴールデン・ボーイ・プロモーションは、5月のゴロフキンVSカネロ興行のアンダーカードでこの一戦を実現したい考えを持っているが、メンサーの世界挑戦にはガーナ政府も肩入れ。ドン・キングが代理人となっており、今後の交渉が注目される。なお、マチャドに敗れた前王者ジェスレル・コラレス(パナマ)は、G・B・Pとの契約は無くなっている。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     

     


    0 0

    WBC世界ライトヘビー級王者アドニス・ステベンソン(カナダ)と、前WBA世界同級王者バドゥ・ジャック(スウェーデン)のタイトルマッチは、5月19日(日本時間20日)に、カナダ・モントリオールのベル・センターで開催。そしてこの興行には、待たされ続ける同級1位エレイデル・アルバレス(コロンビア)も出場する。

     


    WBC世界同級の指名試合は2013年11月以来行われていない。アル・ヘイモン=メイウェザ(ジャック)=WBC。ウ~ンとしか言いようがありません!。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    ミドル級にからヘビー級まで制した49歳の元4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr(米)が、8日(日本時間9日)、故郷の米・フロリダ州ペンサコーラのリングに登場。空位のWBUクルーザー級王座決定10回戦で、スコット・シグモン)(米・30歳)=30勝(16KO)11敗1分=と対戦。10回判定勝ちで有終の美を飾った。スコアはジャッジ三者が揃って98-92.の3-0。

     

     

    長きに渡りパウンド・フォー・パウンド最強と言われたこともあるジョーンズJrは、66勝(47KO)9敗。今後はHBOの解説者と、自ら主宰するRJJプロモーションのプロモーターとしてボクシング界と関わって行くことになる。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    2月9日(日本時間10日)、コロンビア・メデリンで入札が開催された、WBA世界ヘビー級正規王者マヌエル・チャー(独)と、同級2位フレス・オケンド(プエルトリコ)の指名戦は、オケンド陣営がチャー陣営の10万1千ドルを大きく上回る60万ドルで落札。ファイトマネーの分配は50%ずつとなる。

     

     

    オケンド擁するスクエアー・リングのジョン・ホワイトは、4月か5月にオケンドの故郷米・シカゴでタイトル戦を行いたい意向を明らかにし、TV局が放映することを期待している。入札に敗れたチャー陣営は、「シカゴで戦うことは問題ではない」としており、もう3年半以上リングに上がっていない44歳のオケンドとの対戦に自信を持っている。今後の動向に注目。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    ボブ・アラムはワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)の次戦は、5月12日(日本時間13日)に米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで、WBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(帝拳)選手と戦う計画を進めていることをメディアに明かした。決定が待たれます!。

     

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    10日(日本時間11日)にメキシコ・カンクンのプラザデトロスで開催されるWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)vs挑戦者マクスウェル・アウク(ガーナ)の前日計量が同地で行われた。

     

     

    ベルチェルは130ポンドのリミットでクリア。

     

     

    アウクは129ポンドでパス。後方はアベル・ゴンザレスWBC立会人。

     

     

    メキシコで放送を担当するTVアステカ局の面々。中央は元WBC首脳のエドアルド・ラマゾン(アルゼンチン出身・メキシコ在住)。

     

     

    インタビューを受けるカンクン・ボクシングのペペ・ゴメス・プロモーター。この興行はサンフェル・プロモーション、ボクシング・タイム・プロモーションとの共催。

     

     

    左端はサンフェル・プロモーションのナンバー3、ギレルモ・ブリトー。初戦に続いて山中vsネリのため来日予定。「フフフ。何度やっても・・・」と、ネリの必勝を確信していた。右端はWBC職員でもあるティト・ゴンザレス共同立会人。

     

     

    メキシコ・南東部。カリブ海沿岸、ユカタン半島の先端に位置するカンクンは世界的リゾート地として名高い。

     

     

    代打の代打で初めての世界挑戦を迎えるアウクは、44勝(30KO)3敗1分というレコードを持つがそのほとんどが自国ガーナで無名選手を相手にして来たもの。王座奪取へ向け、大いなる自信をあらわにしているが、ベルチェルの強打にどう対抗するのか。注目の一戦です。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    IBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ。王者ジェルウィン・アンカハス(比)vs同級9位イスラエル・ゴンサレス(メキシコ)。2月3日(日本時間4日)、米・テキサス州コーパスクリスティ、バンク・オブ・アメリカ・センター。ボブ・アラムのトップランクと契約、ESPNと専属契約を結び米国リング初登場となるアンカハス。

     

     

    ゴンサレスは、21勝(8KO)1敗。

     

     

    長身の白人は、アンカハスに関し、トップランクとパッキャオ・プロモーション二社間のコーディネイターを務めるショーン・ギボンズ(米)。オルランド・サリドらを配下に置いている。

     

     

    レフェリーはラファエル・ラモス(米)。試合開始。

     

     

    アンカハスの左でゴンサレスはダウン。

     

     

    2R。

     

     

    3R。

     

     

    4R。

     

     

    5R。

     

     

    6R。

     

     

    7R。

     

     

    8R。

     

     

    9R。

     

     

    アンカハスの左ストレートでゴンサレスはこの試合2度目のダウン。

     

     

    再開に応じた挑戦者だったが、王者の左フックを浴びると再びキャンバスへ落下。

     

     

    ラモス(米)主審は、すかさず試合をストップ。TKOタイム10回1分50秒。

     

     

    右は元WBC世界ライトフライ級王者ロデル・マヨール(比)。

     

     

    デビッド・マッカラーIBF立会人(米)

     

     

    9回までのスコアもジャッジ三者が王者のフルマークとするワンサイドゲームだった。

     

     

    米国デビュー戦を見事な勝利で飾り、4度目の防衛に成功したアンカハスは、27勝(19KO)1敗1分。この日の勝ちっぷりを見たアラムは、アンカハスが第2のマニー・パッキャオ(比)になるだろうと絶賛。今後のマッチメイクが注目される。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    WBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ。王者ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)vs同級4位ハビブ・アハメド(ガーナ)。2月3日(日本時間4日)、米・テキサス州コーパスクリスティ、バンク・オブ・アメリカ・センター。ラミレスは3度目の防衛戦。

     

     

    世界初挑戦のアハメドは、25勝(17KO)無敗1分。

     

     

    左はジャッジ出身のマイケル・パーニック立会人(米)。レフェリーはローレンス・コール(米)。

     

     

    1R。

     

     

    2R。

     

     

    3R。

     

     

    偶然のバッティングによりラミレスが左眉から出血。ドクターチェックが入る。

     

     

    4R。

     

     

    5R。

     

     

    挑戦者陣営のセコンドが勝負を諦め棄権の意思表示をすると、コール(米)主審は試合をストップ。TKOタイム6回2分31秒。

     

     

    5回までのスコアも王者のワンサイド。

     

     

    快勝でV3に成功したラミレスは、37戦全勝(25KO)。試合後、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズの優勝者との対戦を希望している。世界王座統一戦を目指すラミレスの今後のマッチメイクに注目。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    WBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は地元キエフでの記者会見で、正式発表が待たれるWBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(帝拳)選手への挑戦試合は、「来週にも署名される」と発言。5月12日(日本時間13日)に米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで両選手が激突するのは間違いなさそうです。楽しみです!。

     

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    10日(日本時間11日)、メキシコ・カンクンのプラザデトロスで開催されたWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)に挑戦者マクスウェル・アウク(ガーナ)が挑んだ一戦は、ベルチェルが3回TKO勝ち。

     

     

    試合はミスマッチと予想された通りベルチェルの圧勝となった。2度目の防衛に成功したベルチェルは、次戦で同級1位ミゲル・ローマン(メキシコ)の挑戦を受けることを義務付けられている。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    10日(日本時間11日)、メキシコ、シウダー・フアレスのリングに登場したWBC世界スーパーフェザー級1位ミゲル・ローマン(メキシコ)は、元世界挑戦者のアリスティデス・ペレス(コロンビア)=31勝(17KO)10敗2分=と対戦し、5回TKO勝ちで空位のWBCインターナショナル・スーパーフェザー級王座を獲得。

     

     

    勝ったローマンは次戦でWBC世界同級王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)へ指名挑戦することになる。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)vs挑戦者マクスウェル・アウク(ガーナ)。2月10日(日本時間11日)、メキシコ・カンクン、プラザデトロス。故郷での凱旋試合となったベルチェルは2度目の防衛戦。

     

     

    アウクは、44勝(30KO)3敗1分の好レコードを持つが、そのほとんどは自国で無名選手を相手にしたもので、代打の代打で急遽決まった世界挑戦には、試合前からミスマッチの声も聞かれた。

     

     

    初回、ロングレンジでのパンチの交換。

     

     

    徐々に王者のパワーが勝って行く。

     

     

    第3ラウンド。ベルチェルの右ストレートがサウスポーのアウクを捕らえダウンを奪う。

     

     

    王者の猛攻の前に挑戦者は2度目のダウン。

     

     

    ここも再開に応じたアウクだったが、ベルチェルの詰めは鋭く試合はストップ。

     

     

    TKOタイム3回2分46秒。

     

     

    この試合を観戦したWBC、WBO世界クルーザー級王者アレクサンデル・ウシク(ウクライナ)もリングに上がった。

     

     

    圧勝でV2に成功したベルチェルは、33勝(29KO)1敗。次戦で同級1位ミゲル・ローマン(メキシコ)の挑戦を受けることを義務付けられている。猛ファイター、ローマンとの一戦は見ごたえある打撃戦となりそうです。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    WBCラテン・スーパーウェルター級王座決定戦。WBC世界同級15位ハイメ・ムンギア(メキシコ)vsホセ・カルロス・パス(亜)。2月10日(日本時間11日)、メキシコ・カンクン、プラザデトロス。サンフェル・プロモーション期待のムンギアは26戦全勝(22KO)の21歳。

     

     

    27歳のパスは21勝(12KO)6敗1分け。

     

     

    試合開始。

     

     

    初回。ムンギアは早くもダウンを奪う好調な立ち上がり。

     

     

    第3ラウンド。ムンギアの左ボディでパスはこの試合2度目のダウン。

     

     

    パスはキャンバスへ右膝をついたままテンカウントを聞いた。KO.タイム3回2分59秒。

     

     

    期待のムンギアの快勝にサンフェル・プロ代表のフェルナンド・ベルトランもご満悦。期待のホープの今後のマッチメイクに注目。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     

     


    0 0

    WBA世界バンタム級統一(スーパー)王座と、IBF世界同級王座を保持していたライアン・バーネット(英)は、IBF王座を返上。3月31日(日本時間4月1日)のジョシュアvsパーカー興行で、元WBA世界同級暫定王者で1位にランクされるヨンフレス・パレホ(ベネズエラ)を相手に防衛戦を行う事を、エディ・ハーンが発表。

     

     

    バーネットは18戦全勝(9KO)。対するパレホは21勝(10KO)2敗1分。バーネットが返上したIBF王座は、同級3位エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と、同級4位ポール・バトラー(英)との間で争われる(1、2位は空位)ことになり、バドラーが出場する4月21日(日本時間22日)のアミール・カーン(英)復帰戦興行で、ロドリゲスと戦う可能性が高いと見られている。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    3月9日(日本時間10日)に米・サウスダコタ州デッドウッドで開催が決まっているWBC世界スーパーライト級暫定王座決定戦に出場を予定していた4位ビクトル・ポストル(ウクライナ)は、左手親指の骨折で出場を辞退。代わって前WBA、IBF世界同級王者で9位にランクされるジュリアス・インドンゴ(ナミビア・下写真)が、2位レジス・プログレイス(米)との暫定王座決定戦に出場する。

     

     

    インドンゴは昨年8月のテレンス。クロフォード(米)との王座統一戦に敗れた後、今年に入りルー・ディベラのディベラ・エンターテイメントと契約。プログレイスをサポートし、この興行を手掛けるディベラが、代打としてインドンゴを指名した。放映はShowtime。

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


    0 0

    WBO世界スーパーバンタム級王者ジェシー・マグダレノ(米)と、同級暫定王者アイザック・ドビ(ガーナ)による王座統一戦は、4月28日(日本時間29日)に米・メリーランド州開催が有力。マグダレノは約1年ぶりの復帰戦。ドビは今年1月、地元ガーナで1位だったセサール・フアレス(メキシコ)を5回TKOに破り暫定王座を獲得している。

     

     

    ★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                     


older | 1 | .... | 209 | 210 | (Page 211) | 212 | 213 | .... | 269 | newer