Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。

older | 1 | .... | 177 | 178 | (Page 179) | 180 | 181 | .... | 269 | newer

    0 0

    WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)vs同級1位三浦隆司(帝拳)。15日(日本時間16日)、米・カリフォルニア州イングルウッド、フォーラム。

     

     

    試合開始。

     

     

    初回終了間際、三浦選手がダウン。

     

     

    王者は足を使い、距離を取る作戦に徹底した。

     

     

    ボンバー・レフトに逆転の期待がかかったが・・・。

     

     

    12回終了。ベルチェルの手があがった。中盤以降、ボディを効かせたものの、決定打を打ち込めなかった敗者は、「うまく逃げられた」。

     

     

    公式スコアはヒューバート・ミン(米)116-111、マックル・デルーカ(米)119-108、マウロ・ディ・フィオーレ(伊・米在住)120-109で、いずれもベルチェル。

     

     

    初防衛に成功。戦績を32勝(28KO)1敗としたベルチェルは、「次は誰と戦いたい?」との問いに、「デイビス、ロマチェンコ、コラレス、誰でもいいから統一戦をしたい。準備はオーケー。もちらん私が勝つよ」と、強気のコメント。今後に注目。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBA世界スーパーフェザー級タイトル戦。スーパー王者ジェスリール・コラレス(パナマ)vs同級10位ロビンソン・カステリャノス(メキシコ)。15日(日本時間16日)、米・カリフォルニア州イングルウッド、フォーラム。

     

     

    試合開始。

     

     

    日本で内山高志(ワタナベ)選手に2度勝ち名前をあげたコラレスは、G・B・Pと契約し米国リング初登場。積極的な攻撃を仕掛けた。

     

     

    しかし第4ラウンド、コラレスは2度のダウンを奪われる。

     

     

    7回、今度はカステリャノスがダウン。

     

     

    第10ラウンド。バッティングでカットしたカステリャノスの右頬からの出血がひどくなり、試合は停止。31秒、勝敗は負傷判定に持ち込まれた。

     

     

    ザック・ヤング(米)は94-94のイーブン。パット・ラッセル(米)は96-92でコラレス。そして残るカーラ・カイズ(米)は、94-93でコラレス。第10ラウンドを10-9でコラレス優勢としたのが決め手となった。

     

     

    2度目の防衛に成功したコラレスは、22勝(8KO)1敗1NC。米国での顔見せを終えたコラレスのこの夜の報酬は、7万5千ドル(約840万円)。しかし、この勝利で次戦からはもっと大きなファイトマネーを得ることになるだろう。今後に注目。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBCインターナショナル・ライトヘビー級タイトルマッチ。王者・WBC3位ジョー・スミスJr(米)vs挑戦者・WBC6位スリバン・バレラ(キューバ)。15日(日本時間16日)、米・カリフォルニア州イングルウッド、フォーラム。

     

     

    試合開始。

     

     

    初回、バレラがダウン。

     

     

    しかし、第2ラウンド以降、バレラは立て直してポイントをピックアップしていった。

     

     

    10回終了。

     

     

    オフィシャルのスコアは、オマー・ミンタン(メキシコ)96-93、エドワード・エルナンデスSr(米)97-92、フェルナンド・ビジャレアル(米)97-92でバレラ。

     

     

    世界上位進出を決めた新王者バレラは、20勝(14KO)1敗。唯一の黒星はアンドレ・ウォード(米)に喫したもの。一方、約7年ぶりの黒星となったスミスJrは、23勝(19KO)2敗。

     

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)と、同級1位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)の指名試合は、9月16日(日本時間17日)に英国開催で合意に達していたが、フラナガンの足の負傷を理由に延期されることになった。

     

     

    フラナガンのケガの具合は明らかにされていないが、ベルデホ擁するトップ・ランクのカール・モレッティは、「ベルデホは引き続きトレーニングを続け、スケジュールの変更に応じた計画を立てる」としている。

     

    また、英・プロモーター、フランク・ウォーレンは、WBO世界ミドル級タイトルマッチ。王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)vs同級5位ウィリー・モンローJr(米)が、9月16日(日本時間17日)に、英・ロンドンンのカッパーボックス・アリーナで、開催される事を正式発表している。

     

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBO世界フェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ)と、WBO世界スーパーミドル級王者ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)が、9月22日(日本時間23日)に米・アリゾナ州ツーソンで、揃って防衛戦に挑む。また、アンダーカードには元アマ王者マイケル・コンラン(英)も出場。

     

     

    2度目の防衛戦となるラミレスは、同級2位ジェシー・ハート(米)=22戦全勝(18KO)=と対戦。V3戦となるラミレスの相手はまだ未定で、コンランはプロ入り4戦目となる。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界ウェルター級王者エロール・スペンスJr(米)への次期指名挑戦者を決める決定戦。3位カルロス・オカンポ(メキシコ)vs4位コンスタンチン・ポノマレフ(ロシア・下写真)の入札が、18日(日本時間19日)に米・ニュージャージー州スプリングフィールドのIBF本部で開催された。

     

     

    入札に参加したのは、ポノマレフ擁するトップランクのカール・モレッティ副社長のみで、30150ドル(約338万円)で落札。ファイトマネーの分配は50%づつで、15日以内に契約書が提出され、試合は90日以内に開催される予定。

     

    オカンポは21戦全勝(12KO)。昨年は拳の負傷で挑戦者決定戦への出場を辞退していたポノマレフは、32戦全勝(13KO)。トップランクは9月末から10月中旬の開催を目論んでおり、今後、オカンポ陣営のサンフェル・プロモーションと協議される。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界ミドル級挑戦者決定戦。1位トリアーノ・ジョンソン(バハマ)vs2位セルゲイ・デレイビャンチェンコ(ウクライナ)は、8月25日(日本時間26日)に米・オクラホマ州マイアミのバッファローランカジノ&リゾートで開催。勝者は9月に行われるゴロフキンvsカネロのミドル級頂上決戦勝者への挑戦権を得る。

     

      

     

    この試合はデレイビャンチェンコ陣営のディベラ・エンターテイメントが、121.100.02ドル(約1360万円)で落札していた。試合はプレミア・ボクシング・チャンピオンズ興行で行われる。

     

    ジョンソン(33歳)は、20勝(14KO)1敗。ニューヨーク州ブルックリンに住む元トップアマ、デレイビャンチェンコは、10勝(8KO)無敗。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)vs同級1位三浦隆司(帝拳)。15日(日本時間16日)、米・カリフォルニア州イングルウッド、フォーラム。

     

     

    マイケル・ジョージWBC立会人(米)。

     

     

    1R。

     

     

    初回終了間際、三浦選手がよもやのダウン。

     

     

    2R。

     

     

    3R。

     

     

    4R。

     

     

    5R。

     

     

    6R。

     

     

    ベルチェルのプロモーター、フェルナンド・ベルトラン(メキシコ)。

     

    7R。

     

     

    8R。

     

     

    9R。

     

     

    10R。

     

     

    11R。

     

     

    公式スコアはヒューバート・ミン(米)116-111、マックル・デルーカ(米)119-108、マウロ・ディ・フィオーレ(伊・米在住)120-109で、いずれもベルチェル。

     

     

    初防衛に成功。戦績を32勝(28KO)1敗としたベルチェルは、「次は誰と戦いたい?」との問いに、「デイビス、ロマチェンコ、コラレス、誰でもいいから統一戦をしたい。準備はオーケー。もちらん私が勝つよ」と、強気のコメント。今後に注目。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBO世界ライトフライ級チャンピオン田中恒成(畑中)選手の2度目の防衛戦が、9月13日にエディオンアリーナ大阪で、同級14位パランポン・CPフレッシュマート(タイ)を相手に行われることが正式発表。同日はIBF世界スーパーバンタム級王者小国以載(角海老宝石)vs同級3位岩佐亮佑(セレス)とのダブル世界戦となる。TBS系列で放映。

     

     

    5月の初防衛戦では、16戦全勝オールKO勝ちの指名挑戦者アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)を文句なしの判定で破り、世界的評価を上げた田中選手の試合は、5度目の世界戦にして初の全国中継となる。田中選手は9戦全勝(5KO)。パランポンは、14勝(8KO)1敗。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBFはスーパーフェザー級王者ジェルボンテ・デービス(米)への次期指名挑戦者を決める決定戦を、同級5位テビン・ファーマー(米)と、同級7位フランシスコ・フォンセカ(コスタリカ)の両陣営に指令。7月26日(現地時間)が交渉期限となる。

     

      

     

    IBF世界同級は1、2位が空位で3位にランクされるビリー・ディブ(豪)は出場を辞退。ルー・ディベラ傘下のファーマー(左)=25勝(5KO)4敗1分=と、フォンセカ=19勝(13KO)無敗1分=の組み合わせとなった。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBA世界スーパーフェザー級タイトル戦。スーパー王者ジェスリール・コラレス(パナマ)vs同級10位ロビンソン・カステリャノス(メキシコ)。15日(日本時間16日)、米・カリフォルニア州イングルウッド、フォーラム。

     

     

    日本で内山高志(ワタナベ)選手に2度勝って評価を上げたコラレスは、ゴールデン・ボーイ・プロモーションと契約。これが米国第一戦。この夜の報酬は7万5千ドル(約840万円)。

     

     

    キャリア序盤は3勝7敗。5連敗も経験しているカステリャノスは、5月にユリオルキス・ガンボア(キューバ)をKOして再浮上。報酬は5万ドル(約560万円)。

     

     

    左はカステリャノスのメキシコ人プロモーター、ドクター・ファウスト・ガルシア。1984年のロス五輪に出場。 

     

     

    左はコラレスの地元プロモーターのロヘリオ・エスピーニョ。隣はその右腕としてビジネスをサポート。2度の内山戦で来日したアントニオ・クリストバル。

     

     

    レフェリーは、ジェリー・カンツ(米)。

     

    1R。

     

     

    2R。

     

     

    3R。

     

     

    4R。

     

     

    カステリャノスの左でコラレス、ダウン。

     

     

    コラレス、右アッパーで2度目のダウン。

     

     

    5R。

     

     

    6R。

     

     

    7R。

     

     

    王者の左で今度は挑戦者がダウン。

     

    8R。

     

     

    9R。

     

     

    10R。

     

     

    前に出るコラレスの頭がカステリャノスの顔面に激突。ドクターチェックが入る。

     

     

    第10ラウンド、31秒。試合は停止され、勝敗は負傷判定に持ち込まれた。

     

     

    勝者はコラレス。

     

     

    ザック・ヤング(米)は94-94のイーブン。パット・ラッセル(米)は96-92でコラレス。そして残るカーラ・カイズ(米)は、94-93でコラレス。第10ラウンドを10-9でコラレス優勢としたのが決め手となった。

     

     

    ”石の拳”、ロベルト・デュラン(パナマ・左から二人目)もコラレスを祝福。パナマに凱旋帰国した王者は、同日のメインで三浦隆司(帝拳)選手を破ったWBC世界同級王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)との王座統一戦を希望している。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    7月29日(日本時間30日)に、米・ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで開催される、WBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米)と、元4階級制覇王者エイドリアン・ブローナー(米)の140ポンド契約12回戦興行に、ラウシー・ウォーレン(米)vsマックジョー・アローヨ(プエルトリコ)による、IBF世界スーパーフライ級挑戦者決定戦が追加。

     

      

     

    1階級落としての2階級制覇を狙うことになった、前WBA世界バンタム級スーパー王者ウォーレンは、14勝(4KO)2敗。比国でアンカハスに王座を追われて以来の再起戦となるアローヨは、17勝(8KO)1敗。

     

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBO世界フライ級7位の木村 翔 (青木)選手が、今朝、成田発の航空機で決戦の地、中国・上海へ出発。28日に上海・オリエンタル・スポーツセンターで、WBO世界同級王者ゾウ・シミン(中国)へ挑戦する。

     

     

    青木ジム・有吉会長から招かれ、木村選手の調整ぶりを観察に行った大竹重幸氏も、「スタミナはバッチリ。良い練習をしてたよ」と言うことで、上手いチャンピオンに対する戦い方も決まっている。

     

    この初防衛戦は王者のゾウが自らプロモート。無名挑戦者を迎えての地元凱旋試合となるが、KO防衛に色気を見せている節もあり、木村選手の思い切ったアタックに期待したい!。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBFはライト級王者ロバート・イースターJr(米)への指名挑戦者を決める決定戦を、同級3位アレハンドロ・ルナ(米)と、同級6位リチャード・コミー(ガーナ)の両陣営に通達。8月4日(現地時間)までに対戦合意に達しない場合は入札となる。

     

     

    コーミーは昨年9月のイースターJrとの王座決定戦で、ダウンを奪うもスプリットの判定負け。再戦は認められず、12月にロシアで行われたデニス・シャフィコフ(ロシア)との挑戦者決定戦でも、同じくスプリットの判定に泣いたが、今年3月、地元ガーナで連敗をストップ。

     

    最近になってコーミー(30歳)の実力を高く評価する、米・プロモーター、ルー・ディベラがコーミーのプロモート権を獲得。今後は、米・ニューヨークに拠点を移し訓練されていくことになる。25勝(22KO)2敗。

     

     

    TGBプロモーションのトム・ブラウン(故ダン・グーセンの義弟)と契約するルナは、22戦全勝(15KO)のレコードを持つ25歳で、コーミー戦は大事なキャリアアップを賭けた一戦となる。

     

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    39歳の元世界ウェルター級王者アントニオ・マルガリート(メキシコ)の復帰3戦目が、9月2日(日本時間3日)にメキシコ・チワワでカーソン・ジョーンズ(米・30歳)=40勝(30KO)11敗3分=を相手に行われる事が明らかになった。

     

     

    マルガリートは昨年3月、約4年4ヶ月ぶりにカムバック。2連勝を飾ってはいるが、内容的には今一つ。ビッグマッチを望む元王者だが、ジョーンズ戦を落とすようだと、今度こそ本当の引退となりそう。40勝(27KO)8敗1NC。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBAはライト雄王者ホルヘ・リナレス(帝拳)選手と、同級1位ルーク・キャンベル(英)の指名戦を、21日(日本時間22日)付けで指令。30日以内に対戦合意に達しない場合は入札となる。

     

     

    リナレス選手は9月23日(日本時間24日)に、米・カリフォルニア州イングルウッドのフォーラムで次戦が予定されている。ロンドン五輪バンタム級金メダリストのキャンベルは、17勝(14KO)1敗。交渉の行方に注目。

     

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    7月29日(日本時間30日)に、米・ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで、140ポンド契約12回戦で対戦するWBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米)と、元4階級制覇王者エイドリアン・ブローナー(米)の一戦に、WBCのダイヤモンド王座が賭けられることになった。

     

     

    この試合はウェイト作りに信用のないブローナーが、オーバーウェイトした場合、50万ドルの違約金を支払うことになっている。しかし、ここに来てダイヤモンド王座戦承認とは驚きました。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    優勝賞金1000万ドル(約11億1100万円)。賞金総額5000万ドル(約55億5500万円)の「世界ボクシング・スーパーシリーズ」のクルーザー級部門の初戦カード、WBO王者アレクサンデル・ウシク(ウクライナ)vs元王者マルコ・フック(独)は、9月9日(日本時間10日)にウシクの地元ウクライナで開催を予定。

     

     

    WBC王者マイリス・ブリエディス(ラトビア)vsマイク・ペレス(キューバ)は9月30日(日本時間10月1日)に、ラトビア・リガのアリーナ・リガで開催されることが正式発表された。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    22日(日本時間23日)、メキシコ・チワワ州イダルゴ・デル・パラルのリングに登場した、元2階級制覇王者ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)は、21勝(9KO)無敗1分のジェシー・クリス・ロサレス(比)と対戦。第2ラウンド2分42秒KO勝ちで、保持するWBCラテン・スーパーフェザー級王座の防衛に成功。

     

     

    戦前、自信をあらわにし、ビッグネームを喰って世界戦線へのステップアップを狙ったロサレスだったが、ゴンサレス得意の左フックの前に2度のダウンを喫し、あっけなく試合は終わった。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    23日、東京・大田区総合体育館で行われたWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ。チャンピオン田口良一(ワタナベ)選手が、同級1位の指名挑戦者ロベルト・バレラ(コロンビア)と対戦した一戦は、田口選手が9回24秒TKO勝ち。

     

     

    スタートから自慢の強打を振って来た挑戦者だが、序盤から強気で受け止めた王者は、強烈な左ボディでバレラのスタミナを奪って行く。迎えた第9ラウンド、動きが鈍った挑戦者がロープ際で田口選手の連打に捕まったところで試合はストップとなった。田口選手の快勝。

     

    53キロ契約ノンタイトル8回戦に出場した元WBA世界スーパーフライ級チャンピオン河野公平(ワタナベ)選手は、ラムボー・ゴーラットスポーツスクール(タイ)に、5回1分35秒TKO勝ちで再起戦に勝利。

    応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


older | 1 | .... | 177 | 178 | (Page 179) | 180 | 181 | .... | 269 | newer