Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。

older | 1 | .... | 172 | 173 | (Page 174) | 175 | 176 | .... | 269 | newer

    0 0

    2015年大晦日、日本のリングで高山勝成(仲里)選手からIBF世界ミニマム級王座を奪って行ったホセ・アルグメド(メキシコ)は、現在3度の防衛に成功中だが、指名試合期限が8月12日に迫っており、同級最上位にランクされる3位カルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)=30勝(17KO)2敗1分1NC=との対戦が、義務付けられている。

     

     

    しかし、アルグメドはブイトラゴ戦の前の7月に、日本で同級9位京口紘人(ワタナベ)選手との防衛戦を挟みたい意向を示し、IBFダリル・ピープルズ会長から特例承認の是非を求められたブイトラゴ陣営のリカルド・リゾ(ニカラグア出身・米在住)氏は、これを容認する意思を明らかにした。

     

     

    ブイトラゴは、アルグメドが京口選手に勝ち、なおかつカット等の負傷がない場合、9月に挑戦することになる。その指名試合は、アルグメドと同じカネロ・プロモーション所属のサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)が、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と雌雄を決する統一世界ミドル級戦興行に組み込まれる可能性が高い。

     

    アルグメドが万が一、負傷などで戦えない場合は、ブイトラゴは暫定王座決定戦に出場。京口選手がアルグメドに勝ち新王者となった場合は、京口選手に挑戦することになるという。正式発表が待たれます。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBO世界同級王者テリー・フラナガン(英)と、同級1位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)の指名戦は、フラナガンのフランク・ウォーレンと、ベルデホのボブ・アラム両プロモーターが交渉を重ね、9月9日(日本時間10日)に英・マンチェスターで開催される方向で基本合意。今後、細部を詰める最終的な交渉に入る模様。

     

     

    WBOのフランシスコ・バルカッセル会長が、ベルデホが指名挑戦試合に臨まない場合は、その権利を剥奪することを明らかにしたこともあり、ベルデホ陣営は挑戦の意思を固めていた。

     

     

    次世代のスーパースター候補が、完全アウェイのリングで無敗王者を相手にどんなパフォーマンスを見せるのかは、大いに楽しみです。今後に注目。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    元世界ライト級王者ブランドン・リオス(米)が、約1年7ヶ月ぶりにリング復帰。11日(日本時間12日)、米・カリフォルニア州ランカスターのパイオニア・イベント・センターで、アーロン・エレラ(メキシコ)とウェルター級10回戦でグローブを合わせたリオスは、7回2分11秒KOでエレラを破り、約2年5ヶ月ぶりの勝利を飾った。

     

     

    初回から両選手、激しく手を出し合った試合は、徐々にリオスが手数と有効打で抜け出す。6ラウンドには持ち前のノンストップ連打を見せたリオスは続く7回、強烈な右ボディでメキシカンに10カウントを聞かせた。再起に成功したリオスは、34勝(25KO)3敗1分。敗れたエレラは、32勝(21KO)7敗1分。

     

    スーパーライト級10回戦。IBF世界スーパーフェザー級2位からライト級へ転級。IBF14位にランクされるマリオ・バリオス(米)と、ホセ・ルイス・ロドリゲス(メキシコ)の一戦は、バリオスが7回37秒KO勝ち。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBFはスーパーフェザー級王者ジェルボンテ・デービス(米)への次期指名挑戦者を決める決定戦を、同級3位ビリー・ディブ(豪・下写真)と同級6位テビン・ファーマー(米)の両陣営に指令。6月26日(現地時間)までに対戦合意に達しない場合は入札となる。

     

     

    現在、同級の1、2位は空位で、4位は尾川堅一(帝拳)選手、5位は伊藤雅雪(伴流)選手となっている。今後の交渉と日本勢の動向に注目。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    10日(日本時間11日)に、英・ベルファストで開催されたIBF世界バンタム級タイトルマッチ。王者リー・ハスキンス(英)に同級10位ライアン・バーネット(英)が挑んだ一戦は、バーネットが119-107、119-107、108-118のスコアで新王者となったが、試合直後からハスキンスの勝ちとしたクラーク・サマティーノ(米)氏の採点が、歴上最悪と批判されていた問題で、IBFは全く逆のスコアでバーネットの勝ちであることを正式に認め、スコアの変更を発表した。

     

     

    サマティーノ氏が両選手の名前が記入されたスコアカードに、逆のスコアを記入していたということで、試合直後からプロモーター、エディ・ハーンはじめ多くの人が、この単純ミスを指摘していた。IBFは、「このレベルのスポーツではあってはならないミス」と声明している。

     

    2度のダウンがあって、どう考えてもハスキンスの118はない試合で、自らの勝利を確信していたというバーネットも、そのスコアを聞いた時には、「ほとんど気絶しかけた。恐ろしい瞬間でした」と語っている。

     

    勝敗が逆にならなかったのは不幸中の幸いだが、日本では村田諒太vsヌジカム戦の判定問題が大きく報道され、WBA会長が謝罪、ジャッジ2人が処分されたばかりだけに、後味悪いですね。このスポーツの根幹が揺らぎます。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    前WBA世界フェザー級スーパー王者カール・フランプトン(英)の再起戦は、WBC世界同級10位のアンドレス・グティエレス(メキシコ)が相手。試合は7月29日(日本時間30日)に英・ベルファストで開催される。

     

     

    フランプトンはWBC世界同級1位にランクされており、グティエレスとの試合は、王者ゲーリー・ラッセルJr(米)への指名挑戦権を賭けた一戦となるが、「これが地元でやる最後の試合」と公言している前王者は、WBA世界スーパーフェザー級2位にもランクされており、その先のプランは明日の正式発表を待ちたい。

     

    7月に24歳の誕生日を迎えるグティエレスは、35勝(25KO)1敗1分。唯一の黒星は昨年6月にクリスチャン・ミハレス(メキシコ)とのWBC同級シルバー王座決定戦で0-2判定負けを喫したもので、好試合が期待できそう。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    7月29日(日本時間30日)に、米・ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで開催される、WBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米)と、元4階級制覇王者エイドリアン・ブローナー(米)の140ポンド契約12回戦興行で、WBC世界ミドル級王座決定戦。同級1位セバスチャン・ヘイランド(亜)vs同級2位ジャモール・チャーロ(米)が行われることが正式決定。

     

     

    9月のミドル級頂上決戦。ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)vsサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)の後は、ゴロフキンが勝てばスーパーミドル級転向。カネロが勝てば、WBC王座は放棄するのではとの見方が強く、ヘイランドvsチャーロの勝者は次期王者に限りなく近くなる。

     

    村田諒太(帝拳)選手も3位にランクされており、その後の動向が大いに楽しみです。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)のプロモーター、フランク・ウォーレン(英)は、王者の次戦が9月になることを示唆。7月8日(日本時間9日)に予定されていた、暫定王者アフタンディル・クルツィゼ(ジョージア)との指名戦は、クルツィゼの逮捕により延期。

     

     

    WBOはクルツィゼ陣営に対し、ソーンダースとの対戦を延期することになった理由を、5日以内に明確にしない場合、暫定王座を剥奪することを8日(日本時間9日)付けで通告。

     

    まだWBOからの正式な発表はなく、現在はウォーレンも「クルツィゼ戦がどうなるかは、わからない」としているが、クルツィゼの暫定王座は剥奪の可能性が高く、ソーンダースはWBOの指令する選手と防衛戦を行うことになる。

     

     

    1位サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)はゴロフキン戦が決定。2位はデビッド・レミュー(カナダ)で、3位に村田諒太(帝拳)選手が位置しており、レミューの動向次第では村田選手にチャンスがやって来そう。今後に注目。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    フロイド・メイウェザーJr(米)が、UFCのスーパースター、コナー・マグレガー と対戦。154ポンド契約、10オンスグローブのボクシングマッチ12回戦で、試合は8月26日(日本時間27日)に、米・ラスベガスのTモバイル・アリーナで開催。

     

     

    UFCのことは全くわかりませんので何とも言えませんが、どうなんですかねこの試合?。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBOは世界ミドル級暫定王者アフタンディル・クルツィゼ(ジョージア)の王座を剥奪。クルツィゼは本拠とする米・ニューヨークで盗難、強盗、殺人に関与したとされ逮捕された犯罪組織の33人のロシア人と、グルジア人の一員に入っていた為に、7月に予定されていた王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)との試合が出来なくなっていた。

     

     

    9月にも次戦を行いたいというソーンダースの相手が誰になるのか。1位サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)はゴロフキン戦が決定。2位はデビッド・レミュー(カナダ)で、3位には村田諒太(帝拳)選手がいる。

     

    さて、どうなるか。今後のビジネスシーンに注目!。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBA世界ライトフライ級王者田口良一(ワタナベ)選手と、同級1位ロベルト・バレラ(コロンビア)の指名戦と、IIBF世界ミニマム級王者ホセ・アルグメド(メキシコ)vs同級9位京口紘人(ワタナベ)選手のダブル世界戦が正式発表。試合は7月23日に東京・大田区総合体育館で開催される。

     

     

    田口選手が勝てば、WBO世界同級王者田中恒成(畑中)選手との王座統一戦が、俄然クローズアップされることになる。また、興行のメインを飾ることになった京口選手は、元WBC世界バンタム級チャンピオン辰吉丈一郎(大阪帝拳)氏、直伝の左ボディで、プロデビュー最速の世界王座獲得を目指す。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    6月17日(日本時間18日)に米・ラスベガスで開催される、IBF、WBA、WBO世界ライトヘビー級王者アンドレ・ウォード(米)と、前王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)の再戦のファイトマネーは、ウォードが650万ドル(約7億2100万円)。これに対しコバレフは、チケット(日本風)売り上げとPPVの売り上パーセンテージのみが、ファイトマネーとなるスタイルを選択。

     

     

    セミファイナルのWBA世界スーパーバンタム級王者ギレルモ・リゴンドウ(キューバ)と、同級暫定王者・1位モイセス・フローレス(メキシコ)の指名試合は、リゴンドウが12万ドル(約1330万円)で、フローレスは2万5千ドル(約280万円)。

     

    USBAミドル級に出場の王者ルイス・アリアス(米)=17翔(8KO)無敗1NC=と、挑戦者アリフ・マゴメドフ(ロシア)=18勝(11KO)1敗=は、共に2万5千ドル(約280万円)となっている。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBCタイトル戦の無期限出場停止中の元WBA世界ヘビー級王者アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)が、7月1日にロシアで予定しているWBO世界同級11位アンドリー・ルデンコ(ウクライナ)との一戦が、WBO世界同級インターナショナル王座決定戦として開催されることが明らかになっている。

     

     

    ポベトキンは昨年5月に王者デオンテイ・ワイルダー(米)への挑戦試合を控えながら、薬物検査でメルドニウムの陽性反応が検出され試合は中止。その後、お咎め無しとなって12月にバーメイン・スティバーン(カナダ)との暫定王座決定戦がセットされたが、試合20時間前になって今度は禁止薬物オスタリンの陽性反応が明らかとなり、スティバーン戦はキャンセル。WBCはタイトル戦の無期限出場停止と、罰金25万ドルの支払いを命じていた。

     

    ポベトキンは先週、VADAのドーピング検査を受け陰性だった事が判明しているが、WBOは試合前にドーピング検査を行い、両選手共に陰性反応が出た場合のみ、タイトル戦として承認するとしている。

     

    37歳のポベトキンは、31勝(23KO)1敗。33歳のルデンコは、31勝(19KO)2敗1NC。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界フェザー級王者リー・セルビー(英)と、同級1位ジョナタン・バルロス(亜)の指名戦が、7月15日(日本時間16日)に英・ロンドンのウェンブリン・アリーナで開催される、クリス・ユーバンクJr(英)vsアルツール・アブラハム(独)興行で同時開催。

     

     

    IBF世界同級は2位にランクされるスコット・クイッグ(英)が、次期指名挑戦権を獲得しているが、3位のカール・フランプトン(英)も、セルビーの王座に食指を伸ばしていた。

     

    応援、深く感謝です! ウォードvsコバレフ・ライブ配信!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBCのマウリシオ・スライマン会長は、8月26日(日本時間27日)に米・ラスベガスで対戦が決まった、フロイド・メイウェザーJr(米)と、UFCのスーパースター、コナー・マグレガー(米)の、154ポンド契約、10オンスグローブのボクシングマッチ12回戦に、WBCが認定するダイヤモンド王座が賭けられる可能性があることを示唆。

     

     

    両選手のファイトマネーが、それぞれ1千万ドル(約110億円)と言われる、この世紀の一戦?を、WBCのトップがタイトル戦と認定する可能性を示唆した理由は、「ボクシングが世界中の注目を集めている」ということだが、これは認定料目当ての売名行為と言われても仕方ない。

     

    メイウェザーvsマクレガーは、海外メディアから1976年6月26日に、日本武道館で行なわれた現役の世界ヘビー級王者モハマッド・アリと、プロレスラー・アントニオ猪木による変則ルール15回戦が比較対象にあげられ、揶揄されている。

     

     

    この時のアリのファイトマネーは推定で18億円。当時中学生だった私は、テレビにかじりついて観戦した記憶があるが、真剣勝負ゆえにこうなったのかどうかは知らぬが、試合は見ている方からすると何とも味気ないものに終わった。この試合の特別リングサイド席は30万円。それでも完売。しかし、中間席はまばらだった。

     

    さて、メイウェザーvsマクレガーは、同日開催されるミゲール・コット(プエルトリコ)vs亀海喜寛に、強烈なカウンターブローを見舞ったという米メディアの声も多く聞かれるのだが、これには違和感を覚える。WBCがダイヤモンド王座戦として承認しないこ事を、説に願います。

     

    応援、深く感謝です! ウォードvsコバレフ・ライブ配信!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    17日(日本時間18日)、独・ヴェッツラーで開催されたWBA世界スーパーミドル級タイトルマッチ。正規王者タイロン・ツォイゲ(独)に同級5位ポール・スミス(英)が挑んだ一戦は、ツォイゲが12回判定勝ち。スコアはジャッジ三者が揃って119-108。

     

     

    2度目の防衛に成功したツォイゲは、21勝(11KO)無敗1分。同級スーパー王者ジョージ・グローブス(英)との対戦が待たれる。3度目の世界挑戦に失敗したスミスは、38勝(22KO)7敗。

     

    応援、深く感謝です! ウォードvsコバレフ・ライブ配信!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    17日(日本時間18日)、米・ラスベガス、マンダレイベイ・ホテル&カジノ。WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。スーパー王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)と、暫定王者モイセス・フローレス(メキシコ)の一戦は、リゴンドウが初回KO勝ち。

     

     

    ビック・ドラクリッチ(米)主審は、リゴンドウに後頭部を押えて打つなの注意。その直前に放たれていたリゴンドウの左フックが初回終了ゴング直後にフローレスを直撃。その刹那、フローレスはキャンバスへ倒れ大の字に。全く裁定が難しいタイミングで結末を迎えた試合は、反則、ノーコンテストの含みも持たせたが、結果はリゴンドウのKO勝ちとなった。

     

    USBA全米ミドル級タイトルマッチ。王者(IBF9位)のルイス・アリアス(米)に、IBF同級7位、WBC9位のアリフ・マゴメドフ(ロシア)が挑んだ一戦は、アリアスが5回1分16秒TKO勝ちで王座防衛に成功。

     

    WBA世界ライトヘビー級暫定王者ドミトリー・ビボル(ロシア)vsセドリック・アグニュー(米)のノンタイトル戦は、ビボルが4回1分27秒TKO勝ち。ビボルは11戦全勝(9KO)。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    17日(日本時間18日)、米・ラスベガス、マンダレイベイ・ホテル&カジノ。WBO、IBF世界ライトヘビー級と、WBA世界同級スーパー王座を保持するアンドレ・ウォード(米)と、前王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)の約7ヶ月ぶりのダイレクトリマッチは、ウォードが8回2分29秒TKO勝ち。

     

     

    試合開始から積極的に攻勢を仕掛けるコバレフに対し、ウォードは大きく距離を取る慎重な立ち上がり。王者の左に右を合わせる挑戦者。しかし、ウォードはコバレフの出鼻を叩き、打ち終わりにパンチを合わせる。

     

    中盤に入り、次第にウォードのペースに傾いて来たと思われた第8ラウンド。右でチャンスを掴んだウォードは、一気に攻勢に出る。後退するコバレフにボディ連打。体を丸めたコバレフを見たトニー・ウィークス(米)主審はここで試合をストップ。

     

    試合後、コバレフはローブローだと主張し、「なぜストップされたのかわからない」と不満を漏らし再戦を訴えたが、激しく消耗していたのは確かで、説得力に欠けた。勝ったウォードは、32戦全勝(16KO)。連敗となったコバレフは、30勝(26KO)2敗1分。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    17日(日本時間18日)、米・ラスベガス、マンダレイベイ・ホテル&カジノ。WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。スーパー王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)vs暫定王者・1位モイセス・フローレス(メキシコ)。

     

     

    ラウンド終了間際、リゴンドウが右手でフローレスの頭を押えながら両者のパンチが交錯。

     

     

    このリゴンドウの左がフローレスを直撃。しかし、その前にゴングが鳴っていた。

     

     

    ビック・ドラクリッチ(米)主審は、リゴンドウに後頭部を押えて打つなの注意。振り返ったらフローレスがキャンバスへ大の字になっていた。

     

     

    ここで試合は停止。

     

     

    長い協議の末にリゴンドウのKO勝ちが告げられた。

     

     

    スコアカードに記されたKOタイムは初回2分59秒。KOパンチは明らかにゴングが鳴った後にヒットしていたが。

     

     

    今回はある意味、面白い試合を見せたリゴンドウは、10度目の王座防衛に成功。18戦全勝(12KO)。次は誰と戦うのか?。大いに注目。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    17日(日本時間18日)、米・ラスベガス、マンダレイベイ・ホテル&カジノ。WBO、IBF世界ライトヘビー級、WBA世界同級スーパー王者アンドレ・ウォード(米)vs前王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)。

     

     

    約7ヶ月ぶりのダイレクトリマッチは、コバレフが積極的に攻め、ウォードは距離を取りながら、カウンターを狙った。

     

     

    第8ラウンド。ウォードの右でダメージを被ったコバレフは後退。

     

     

    ウォードのボディ連打で体を丸めたコバレフを見たトニー・ウィークス(米)主審は、ここで試合をストップ。TKOタイム8回2分29秒。

     

     

    7回までのスコアは、67-66、67-66でウォードと、68-65でコバレフ。

     

     

    試合後、コバレフはローブローだと主張し、「なぜストップされたのかわからない」と不満を漏らし再戦を訴えたが、ウォードの完勝といってよい試合だった。

     

    応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


older | 1 | .... | 172 | 173 | (Page 174) | 175 | 176 | .... | 269 | newer