Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。

older | 1 | .... | 151 | 152 | (Page 153) | 154 | 155 | .... | 269 | newer

    0 0

    31日、岐阜メモリアルセンターで開催されたWBO世界ライトフライ級王座決定戦。同級1位モイセス・フェンテス(メキシコ)vs同級2位田中恒成(畑中)は、田中選手が5回1分52秒TKO勝ちで新王者。

     

     

    試合は立ち上がりから左右自在なフットワークを使い、速いコンビネーションを繰り出す田中選手がリード。元WBO世界ミニマム級及びライトフライ級暫定王者のフェンテスを圧倒する中京の怪物は、迎えた第5ラウンド、フェンテスをロープ際に後退させると一気の連打。なんとかこらえていたフェンテスだが、最後は根負けしたようにキャンバスへ沈んだ。

     

    田中選手は井上尚弥選手に並ぶ8戦目での2階級制覇に成功。畑中会長、田中選手、おめでとうございます!。

     

    セミファイナルの日本フェザー級タイトルマッチ。チャンピオン 林 翔太(畑中)選手に、元WBA世界スーパーバンタム級王者下田昭文(帝拳)選手が挑戦した一戦は、 林 選手が10回判定勝ち。スコアは95-94、95-94、97-94の3-0。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    31日、島津アリーナ京都で開催されたIBF世界スーパーバンタムタイトルマッチ。同級5位小國以載(角海老宝石)選手が、22戦全KO無敗の同級王者ジョナサン・グスマン(ドミニカ)に挑んだ一戦は、小國選手が12回判定勝ちで新王者。スコアはジャッジ三者が揃って115-112の3-0。

     

     

    殊勲の小國選手は19勝(7KO)1敗1分。グスマンは22勝(22KO)1敗1NC。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

     


    0 0

    31日、東京・大田区総合体育館で開催されたダブル世界戦。メインのWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。スーパー王者ジェスリール・コラレス(パナマ)に、前王者内山高志(ワタナベ)選手が挑んだ一戦は、コラレスが12回判定勝ち。スコアは117-110、115-112、113-114の2-1。

     

     

    WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ。チャンピオン田口良一(ワタナベ)vs同級3位カルロス・カニザレス(メキシコ)は、12回引分。スコアは116-112、112-116、114-114の三者三様。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    31日、島津アリーナ京都で開催されたWBA世界フライ級タイトルマッチ。正規王者井岡一翔(井岡)選手に、同級暫定王者で1位にランクされるスタンプ・キャットニワット(タイ)が挑んだ一戦は、井岡選手が7回2分51秒TKO勝ち。

     

     

    第2ラウンド、まさかのダウンを喫した井岡選手だったが、ここから冷静にボクシングを組み立て、強い左ボディを織り交ぜた上下への打ち分けでペースを掌握。7回、2度のダウンを奪ってケリを付けた。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

     

     


    0 0

    IBF世界スーパーバンタムタイトルマッチ。王者ジョナサン・グスマン(ドミニカ)vs同級5位小國以載(角海老宝石)。

    31日、島津アリーナ京都。世界初挑戦の小國選手は、18勝(7KO)1敗1分。

     

    IMG_1639.jpgIMG_1652.jpg

     

    グスマンは22勝(22KO)無敗1NCの強打の持ち主。

     

    IMG_1691.jpgIMG_1824.jpg

     

    第3ラウンド、挑戦者は左ボディで先制のダウンを奪う。

     

    IMG_1928.jpgIMG_1978.jpgIMG_2011.jpgIMG_2199.jpg

     

    王者も強いパンチで逆転を狙う。

     

    IMG_2346.jpgIMG_2497.jpg

     

    挑戦者の左ボディが王者にグサリ突き刺さる。

     

    IMG_2524.jpgIMG_2559.jpgIMG_2599.jpgIMG_2695.jpg

     

    両選手、互いに顔を腫らしながらの激しい打撃戦は最後まで続いた。

     

    IMG_2770.jpg

     

    試合終了。勝者は小國選手。

     

    IMG_2798.jpgIMG_2865.jpg

     

    スコアはジャッジ三者が揃って115-112の3-0。

     

    IMG_2818.jpg

     

    強打の王者を相手に真っ向勝負を挑み、見事に王座を獲得した小國選手は、「しんどかったけど、みんなの応援に支えられました」。

     

    初防衛戦は指名挑戦者の岩佐亮佑(セレス)との対戦が義務付けられている。これも非常に楽しみなカードです。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

     


    0 0

    31日、島津アリーナ京都で開催されたWBA世界フライ級タイトルマッチ。正規王者井岡一翔(井岡)選手に、同級暫定王者で1位にランクされるスタンプ・キャットニワット(タイ)が挑んだ一戦は、第2ラウンドに井岡選手がスタンプの右でダウンの波乱のスタート。

     

    IMG_3070.jpgIMG_3071.jpgIMG_3111.jpgIMG_3125.jpg

     

    王者はダウン後、冷静に速い左ジャブからボクシングを立て直し。

     

    IMG_3272.jpg

     

    左ボディも有効だった。

     

    IMG_3278.jpgIMG_3333.jpgIMG_3460.jpgIMG_3578.jpg

     

    第7ラウンド。井岡選手は強烈な左ボディでダウンを奪い返す。

     

    IMG_3592.jpgIMG_3594.jpg

     

    ダメージは甚大。王者の追撃でスタンプは再びキャンバスへ崩れ落ちる。

     

    IMG_3609.jpgIMG_3619.jpg

     

    ここで試合はストップ。TKOタイム7回2分51秒。

     

    IMG_3652.jpgIMG_3675.jpg

     

    「倍返ししようと思っていました」

     

    IMG_3682.jpgIMG_3696.jpg

     

    ダウンこそ喫したが、その後はスタンプを圧倒。強いボクシングでV4に成功した井岡選手は、喜びを爆発させた。今後はWBO世界同級王者ゾウ・シミン(中国)との王座統一戦話もあり、実現が期待されます。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ。チャンピオン八重樫 東 (大橋)選手vsミニマム級8位サマートレック・ゴーキャットジム(タイ)。12月30日、東京・有明コロシアム。王者はこれが約7ヶ月ぶりのリング、2度目の防衛戦。

     

    IMG_9156.jpgIMG_9161.jpgIMG_9135.jpgIMG_9141.jpg

     

    サマートレックは初めての世界挑戦で井上尚弥(大橋)選手に敗れた後、14連勝中。

     

    IMG_9174.jpgIMG_9180.jpgIMG_9197.jpg

     

    試合開始。

     

    IMG_9234.jpgIMG_9260.jpgIMG_9278.jpgIMG_9300.jpg

     

    王者は軽快なフットワークを使い、速い左で距離をコントロール。打っては離れる作戦。

     

    IMG_9307.jpgIMG_9310.jpgIMG_9345.jpgIMG_9354.jpgIMG_9370.jpgIMG_9404.jpgIMG_9413.jpgIMG_9416.jpg

     

    7回以降、ギアを上げた八重樫選手は、一転、接近戦を選択。プレスを強め、サマートレックを潰しにかかった。

     

    IMG_9446.jpgIMG_9469.jpgIMG_9512.jpg

     

    打撃戦は、王者のパワーが断然上。

     

    IMG_9531.jpgIMG_9533.jpgIMG_9568.jpgIMG_9577.jpgIMG_9672.jpgIMG_9682.jpgIMG_9684.jpgIMG_9712.jpgIMG_9740.jpgIMG_9765.jpgIMG_9788.jpgIMG_9806.jpgIMG_9810.jpgIMG_9812.jpgIMG_9817.jpg

     

    ラストラウンド。ファンの期待はKO防衛。八重樫選手は前に出る。

     

    IMG_9855.jpgIMG_9860.jpgIMG_9867.jpg

     

    王者の右で挑戦者、グラリ。

     

    IMG_9880.jpgIMG_9885.jpgIMG_9898.jpg

     

    チャンピオン、一気の連打。

     

    IMG_9900.jpgIMG_9906.jpgIMG_9909.jpg

     

    ついにストップ。TKOタイム12回2分13秒。

     

    IMG_9927.jpgIMG_9967.jpgIMG_9960.jpgIMG_9974.jpg

     

    3人の子どもたちからの「お父ちゃん、頑張って!」の熱烈な声援に応えた八重樫選手は、「うれしいです。まだまだ未熟ですが、来年も引き続き応援してください」。

     

    次戦は同級暫定王者ミラン・メリンド(比)との王座統一戦を予定。来年2月には34歳となる王者の、さらなる進化に期待!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界ウェルター級王者ケル・ブルック(英)は、同級1位エロール・スペンスJr(米)との指名試合が義務付けられているが、ここに割って入ってきたのが、WBC世界同級1位にランクされるアミール・カーン(英)。ブルックはスペンスJrとの指名戦に比べ、桁違いの報酬が見込まれるカーンとの同国人対決に心が揺れている。

     

     

    昨年5月のサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)戦で、第6ラウンド、痛烈な失神KO負けを喫しているカーンは、4月に再起戦を予定。ただし、これはブルックとの対戦ではなく調整試合で、ブルック戦はその後になる。

     

     

    一方、IBFはブルックvsスペンスJrはの戦交渉がまとまらない場合、2月25(日本時間26日)に入札を開催する意向で、ブルック陣営は王座を返上してもビッグな報酬が見込まれるカーン戦に向かうのか、指名戦に挑むのか、大きな決断を迫られている。

     

     

    もちろん、スペンスJrに勝ってカーンの挑戦を受けるという、王者としての道はあるが、果たしてそのリスクを背負うのか、どうか。ブルックの答えはいかに?。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBO世界バンタム級王者マーロン・タパレス(比)陣営は、来週にも次戦の相手を決めることを示唆。3人の日本人選手と、英国のライアン・バーネットから対戦オファーが来ていることを明かし、V1戦は海外リングとなるとしている。

     

     

    タパレス陣営が明かしている日本人選手は、井上拓真(大橋)、松本 亮 (大橋)、大森将平(ウォズ)の3選手。

     

    エディ・ハーンvs日本人選手によるタパレス争奪戦。V1戦相手に選ばれるのは、果たして誰になるのか。王者陣営の選択に注目。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBO世界ミドル級3位村田諒太(帝拳)vsブルーノ・サンドバル(メキシコ)。73.4キロ契約10回戦。12月30日、東京・有明コロシアム。ロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田選手が、世界前哨戦と位置づけたリングに登場。

     

    IMG_8757.jpgIMG_8762.jpgIMG_8780.jpg

     

    25歳のサンドバルは、19勝(15KO)1敗1分。

     

    IMG_8802.jpgIMG_8799.jpgIMG_8729.jpgIMG_8806.jpgIMG_8808.jpgIMG_8813.jpg

     

    試合開始。

     

    IMG_8862.jpgIMG_8873.jpgIMG_8881.jpgIMG_8883.jpgIMG_8903.jpgIMG_8916.jpgIMG_8926.jpgIMG_8932.jpgIMG_8956.jpgIMG_8957.jpgIMG_8964.jpgIMG_8983.jpgIMG_9008.jpgIMG_9019.jpgIMG_9020.jpgIMG_9022.jpg

     

    村田選手の右がサンドバルを襲うと、メキシカンは村田選手にもたれかかるように倒れる。

     

    IMG_9023.jpgIMG_9024.jpg

     

    スリップと判定されたが、サンドバルのダメージは甚大。

     

    IMG_9025.jpgIMG_9029.jpg

     

    なんと立ったが、すぐに再びキャンバスへ崩れ落ちた。

     

    IMG_9030.jpgIMG_9031.jpg

     

    ようやくカウントが入る。

     

    IMG_9032.jpgIMG_9037.jpgIMG_9044.jpg

     

    テンカウント。KOタイム3回2分53秒。メキシカンは大きなダメージを被った。

     

    IMG_9054.jpgIMG_9069.jpgIMG_9071.jpgIMG_9079.jpgIMG_9094.jpgIMG_9113.jpgIMG_9115.jpg

     

    WBO世界ミドル級王者のビリー・ジョー・ソーンダース(英)への挑戦を目論む村田陣営は、既に好条件でオファーを出している。帝拳ジム本田明彦会長は、「精神面、体力、パンチ力のすべてで世界レベル」と実力を評価。世界戦はタイミング次第となるが、「2017年中にはできると思う。村田なら海外でも勝てる」と太鼓判を押した。

     

    村田選手の世界初挑戦は、いよいよ秒読み。今後の動向に注目!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    ロンドン五輪バンタム級銅メダリスト・清水 聡 (大橋)vsカルロ・デメシーリョ(比)。フェザー級8回戦。12月30日、東京・有明コロシアム。清水選手は9月にプロデビュー、これが2戦目のリング。

     

    IMG_8433.jpgIMG_8446.jpgIMG_8418.jpgIMG_8427.jpg

     

    2016年10月、天笠 尚 (山上)選手と戦ったデメシーリョは、判定で敗れたとはいえ、よく粘る善戦だった。

     

    IMG_8450.jpgIMG_8455.jpg

     

    試合開始。

     

    IMG_8500.jpgIMG_8510.jpgIMG_8536.jpgIMG_8556.jpgIMG_8583.jpgIMG_8584.jpgIMG_8585.jpgIMG_8587.jpgIMG_8591.jpgIMG_8593.jpgIMG_8600.jpgIMG_8615.jpgIMG_8624.jpgIMG_8632.jpgIMG_8644.jpgIMG_8648.jpgIMG_8669.jpgIMG_8675.jpg

     

    清水選手のカウンターの右フック一発で、デメシーリョは失神。

     

    IMG_8677.jpgIMG_8681.jpgIMG_8686.jpg

     

    KOタイム3回1分9秒。

     

    IMG_8708.jpgIMG_8715.jpgIMG_8727.jpg

     

    大橋ジム・大橋秀行会長は、「来年は勝負を賭ける」とステップアップを公言。清水選手は、「あんまり調子に乗らないよう、焦らず行きます」としているが、2017年はランキング上位を目指すことになる。

     

    どんな相手をピックアップして来るのか。今後のマッチメークが楽しみです。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBO世界ミニマム級暫定王座決定戦。同級1位モイセス・カジェロス(メキシコ)vs同級2位福原辰弥(本田フィットネスジム)は、2月26日に熊本県上天草市の松島総合運動公園で開催される。これは昨年のWBO総会で同級王者高山勝成(仲里)選手が、試合でカットした傷の回復に6ヶ月の猶予を要請。暫定王座が設置されることになっていたもの。

     

     

    総会ではジョー小泉氏が、カジェロスと同級3位山中竜也(真正)選手の両陣営が日本での対戦に合意済みで、この一戦を暫定王座決定戦にすることを要請。認められていたが、その後ランキング上位の福原選手も参戦を表明。最終的にランキング上位者同士での開催となった。

     

     

    カジェロスvs福原戦の勝者は、高山選手との王座統一戦が義務付けられている。 

     

    「待ちに待ったチャンス。何とか熊本でタイトルマッチができるよう尽力したい」(本田憲哉会長)としていた福原陣営は、念願かなっての地元開催が実現。力が入る。福原選手は、18勝(7KO)4敗6分。カジェロスは、25勝(14KO)6敗1分。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBA世界フライ級タイトルマッチ。正規王者井岡一翔(井岡)vs同級暫定王者・1位スタンプ・キャットニワット(タイ)。12月31日、島津アリーナ京都。井岡選手は4度目の防衛戦。

     

    IMG_2886.jpgIMG_2882.jpg

     

    18歳のスタンプは、15戦全勝(6KO)無敗。

     

    IMG_2870.jpgIMG_2900.jpg

     

    WBA立会人はロバート・マック(米)。

     

    IMG_2912.jpg

     

    ジャッジ、レヴィ・マルティネス(米)。

     

    IMG_2915.jpgIMG_2920.jpg

     

    ジャッジ、セルジオ・カイズ(米)。

     

    IMG_2938.jpg

     

    本業は「ナニワプロモーション」所属のムード歌謡歌手。「演歌の職人」を目指す小川ゆうじリング・アナ。

     

    IMG_2945.jpgIMG_2951.jpgIMG_2952.jpg

     

    主審はラファエル・ラモス(米)。

     

    試合開始。

     

    IMG_2984.jpgIMG_2986.jpgIMG_3011.jpgIMG_3070.jpg

     

    第2ラウンド。スタンプの右で井岡選手がダウン。波乱のスタートとなった。

     

    IMG_3071.jpgIMG_3111.jpgIMG_3122.jpgIMG_3125.jpg

     

    王者はダウン後、冷静に速い左ジャブからボクシングを立て直した。

     

    IMG_3272.jpg

     

    左ボディも有効だった。

     

    IMG_3275.jpgIMG_3278.jpgIMG_3315.jpg

     

    ジャッジ、レイナ・ウルバエス(ベネズエラ)。

     

    IMG_3333.jpgIMG_3337.jpgIMG_3366.jpgIMG_3375.jpgIMG_3460.jpgIMG_3474.jpgIMG_3498.jpgIMG_3502.jpgIMG_3508.jpgIMG_3510.jpgIMG_3511.jpgIMG_3553.jpgIMG_3558.jpgIMG_3578.jpg

     

    第7ラウンド。井岡選手は強烈な左ボディでダウンを奪い返す。

     

    IMG_3590.jpg

     

    立ち上がったスタンプに、王者はすかさず追い打ち。

     

    IMG_3592.jpgIMG_3594.jpgIMG_3607.jpgIMG_3608.jpg

     

    こらえきれず、スタンプは再びキャンバスへ落下。

     

    IMG_3609.jpgIMG_3619.jpg

     

    ここで試合はストップ。TKOタイム7回2分51秒。

     

    IMG_3641.jpgIMG_3652.jpgIMG_3682.jpgIMG_3675.jpgIMG_3696.jpg

     

    これで井岡選手の世界戦通算勝利数は13に。国内歴代最多記録は具志堅用高(協栄)氏の持つ14勝。あと1勝と迫った王者は、「やるからには超えたいし、超えられると思う」。

     

    今後は、世界フライ級の世界王座統一へ意欲を燃やしている。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    井上尚弥(大橋)選手が王座に君臨するWBO世界スーパーフライ級で、1位に躍進したレックス・ツォー(中国)が、ボブ・アラムのトップランク社と2018年まで契約を延長。「井上との対戦を楽しみにしている」と怪気炎をあげている。

     

     

    ホームタウン香港では絶大な人気を誇るツォーの次戦は、3月11日にIBO世界王座3階級制覇の、IBO世界同級王者ギデオン・ブゼレジ(南ア)=18勝(4KO)5敗=を相手に、香港コンベンション&エキシビジョンセンターで予定されている。

     

    ランキング1位に上昇したことで、地元香港ではツォーの世界王座奪取にかかる期待が一気に膨らんでいるが、関係者は「井上はバンタム級に上げる計画もあるようだ」との見解も漏らしており、王座決定戦狙いの可能性も高い。

     

     

    アラムは4月1日にマカオで、WBO世界フライ級王者ゾウ・シミン(中国)のV1戦を計画。ランキング最上位者との対戦が予想されるが、WBA世界同級王者井岡一翔(井岡)選手との王座統一戦を希望する声も、王座獲得直後から聞こえて来ており、マカオでアラムの持ち駒と日本人選手の対決が起こる可能性も、近い将来に有り得そう。

     

    今後に注目!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBO世界ライトフライ級王座決定戦。同級1位モイセス・フェンテス(メキシコ)vs同級2位田中恒成(畑中)。12月31日、岐阜メモリアルセンターで愛ドーム。田中選手は井上尚弥(大橋)選手に並ぶ8戦目での2階級制覇を狙う。

     

    IMG_0838.jpgIMG_0872.jpg

     

    元WBO世界ミニマム級及びライトフライ級暫定王者のフェンテス。

     

    IMG_0812.jpgIMG_0857.jpgIMG_0868.jpgIMG_0882.jpg

     

    試合開始。

     

    IMG_0901.jpgIMG_0921.jpg

     

    左右自在なフットワークを使い、速いコンビネーションを繰り出す田中選手は好調な立ち上がり。

     

    IMG_0933.jpgIMG_0953.jpgIMG_0954.jpgIMG_0955.jpgIMG_0980.jpgIMG_1005.jpgIMG_1097.jpgIMG_1113.jpg

     

    試合の主導権は完全に田中選手が握った。

     

    IMG_1133.jpgIMG_1170.jpgIMG_1193.jpgIMG_1250.jpgIMG_1258.jpg

     

    第5ラウンド、フェンテスをロープ際に追い込んだ田中選手は一気のラッシュ。

     

    IMG_1278.jpgIMG_1281.jpgIMG_1282.jpg

     

    懸命にこらえていたフェンテスだが、根負けしたようにキャンバスへ崩れ落ちた。

     

    IMG_1291.jpgIMG_1292.jpg

     

    ここで試合はストップ。TKOタイム5回1分52秒。

     

    IMG_1307.jpgIMG_1334.jpg

     

    圧倒的強さを見せつけて2階級制覇に成功した田中選手は、8戦全勝(5KO)無敗。今後は、IBF世界同級王者八重樫 東 (大橋)選手、WBA世界同級王者田口良一(ワタナベ)選手らとの、王座統一戦を希望。

     

    「やりたいという思いしかない」と意欲を示す新王者の今後に期待!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と、元2階級制覇王者オルランド・サリド(メキシコ)の再戦は、来年3月25日(現地時間)に、米・ラスベガスかロサンゼルスで開催されることで合意に達したと伝えられていたが、ここに来てどうやら破談に。

     

     

    昨夏の交渉では、ロマチェンコ陣営が50万ドルのオファー出しながら合意に達していなかったが、今回も「サリドの要求する法外なファイトマネーを用意したのに、結局戦わない」とボブ・アラムは怒りを隠さない。

     

    サリドのショーン・ギボンズ・マネジャーも、ロマチェンコ陣営との交渉は「合意に達していたと思っていたが・・・」と、ここに来てトーンダウン。どうやら1月28日(日本時間29日)に開催される、フランシスコ・バルガス(メキシコ)vsミゲル・ベルチェル(メキシコ)の、WBC世界同級タイトル戦の結果を見極めた上で、次の方向性を決める腹積もりだ。

     

    既にロマチェンコは別の相手を物色中で、両者の今春の対戦はなさそう。今後のビジネス・シーンに注目。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。王者ジョナサン・グスマン(ドミニカ)vs同級5位小國以載(角海老宝石)。12月31日、島津アリーナ京都。世界初挑戦の挑戦者は緊張の面持ちで入場。

     

    IMG_1601.jpgIMG_1611.jpgIMG_1619.jpg

     

    自信満々のグズマン陣営。左はサンプソン・リューコーイッツ代理人。

     

    IMG_1621.jpgIMG_1629.jpg

     

    IBF立会人はアニバル・ミラモンテス(亜・米在住)。

     

    IMG_1639.jpgIMG_1643.jpgIMG_1656.jpgIMG_1660.jpg

     

    元JBC海外部長であり、角海老宝石ジム創設者の鈴木正雄氏。

     

    IMG_1587.jpg

     

    政野敦徳リングアナ。

     

    IMG_1669.jpgIMG_1671.jpgIMG_1673.jpg

     

    元日本ミニマム級王者の阿部弘幸トレーナー。

     

    試合開始。

     

    IMG_1682.jpgIMG_1691.jpgIMG_1697.jpgIMG_1719.jpgIMG_1721.jpgIMG_1741.jpgIMG_1784.jpgIMG_1806.jpgIMG_1808.jpgIMG_1823.jpg

     

    第3ラウンド、小國選手のボディブローでグズマン、ダウン。

     

    IMG_1824.jpgIMG_1826.jpgIMG_1827.jpgIMG_1829.jpgIMG_1876.jpgIMG_1894.jpgIMG_1928.jpgIMG_1935.jpgIMG_1957.jpgIMG_1978.jpgIMG_1994.jpgIMG_2010.jpgIMG_2011.jpgIMG_2031.jpgIMG_2084.jpgIMG_2109.jpgIMG_2199.jpgIMG_2200.jpgIMG_2201.jpgIMG_2203.jpgIMG_2234.jpgIMG_2248.jpgIMG_2305.jpgIMG_2322.jpgIMG_2328.jpgIMG_2346.jpgIMG_2365.jpgIMG_2367.jpgIMG_2424.jpgIMG_2449.jpgIMG_2474.jpgIMG_2497.jpgIMG_2524.jpgIMG_2530.jpgIMG_2539.jpgIMG_2559.jpgIMG_2625.jpgIMG_2654.jpg

     

    第11ラウンド。これはスリップと判定された。

     

    IMG_2677.jpg

    IMG_2695.jpgIMG_2725.jpgIMG_2733.jpgIMG_2755.jpgIMG_2770.jpg

     

    最終12ラウンド終了。勝者は小國選手。

     

    IMG_2798.jpgIMG_2817.jpgIMG_2818.jpgIMG_2819.jpgIMG_2865.jpg

     

    スコアはジャッジ三者が揃って115-112。

     

    IMG_2835.jpgIMG_2838.jpgIMG_2840.jpgIMG_2841.jpgIMG_2846.jpg

     

    見事な王座奪取をやり遂げた小國選手。「あれほどうまくいくとは」。ボディ狙いの陣営の作戦は見事だった。初防衛戦は、IBFから同級3位岩佐亮佑(セレス)選手との対戦が義務付けられている。次戦も、面白い試合となりそうです。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    昨年12月31日に東京・大田区総合体育館で開催されたWBA世界ライトフライ級タイトルマッチで、チャンピオンの田口良一(ワタナベ)選手に挑戦し、12回引き分けた同級3位カルロス・カニザレス(ベネズエラ)が帰国後、弁護士を通しWBAへ再戦を要求する事を明らかにしている。

     

     

    「勝ったのは私です。採点は公平には程遠いものでした。再戦はすぐに行われるべきです」(カニザレス)

     

    この試合のスコアは、デレク・ミラハム(豪)が116-112でカニザレス、フィリップ・ベルベケ(ベルギー)が114-114、オクタビオ・ロドリゲス(パナマ)は116-112で田口選手の三者三様。

     

    現在1位にランクされるロベルト・バレラ(コロンビア)には、2015年10月に11回判定勝ち(2-1)しているカニザレスは、16勝(13KO)無敗1分。今後の動向に注目。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    元WBC世界ミニマム級王者ナパ・キャットワンチャイ(タイ)が、フォークリフトにひかれる事故で死亡した事が報じられている(詳細は不明)。ナパは1988年に井岡一翔(井岡)選手の叔父、元2階級制覇王者の井岡弘樹(グリーンツダ)選手から世界王座を奪い、通算2勝1引き分け。

     

     

    90年には大橋秀行(ヨネクラ)選手の手に移っていた王座に挑戦したが判定で敗れた。その後も戦い続けたナパは大橋氏の愛弟子、川嶋勝重(大橋)選手に5回TKO負けするなど、晩年は日本のリングで4連敗を喫し引退(2000年)していた。

     

    日本のリングを大いに沸かせた元王者は、49歳の若さで避ってしまった。心よりご冥福をお祈り致します。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    ボブ・アラムが熱心なのがマニー・パッキャオ(比)と、テレンス・クロフォード(米)戦の実現。ウェイトはパッキャオがスーパーライト級まで落とすことで問題ないが、ここに来てパッキャオ側が出した条件は、ファイトマネー最低保証2000万ドル(約23億4000万円)。

     

     

    これはこの試合がHBO・PPVで放映された場合のみ可能な数字だが、現状ではこのカードでパッキャオに2000万ドルの報酬を保証するのは厳しいとの見方が一般的で、実現の可能性は?。

     

    現在、パッキャオには4月22日(現地時間)に、WBO世界ウェルター級2位ジェフ・ホーン(豪)と戦うプランが具体化しつつあるが、開催地はホーンの地元豪州で、これが実現した場合、パッキャオにどれほどの報酬が見込まれるのか、驚きの声があがっている。

     

    果たしてアラムの策略は、いかに。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


older | 1 | .... | 151 | 152 | (Page 153) | 154 | 155 | .... | 269 | newer