Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。

older | 1 | .... | 148 | 149 | (Page 150) | 151 | 152 | .... | 269 | newer

    0 0

    継続されているIBF世界ヘビー級王者アンソニー・ジョシュア(英)と、元世界同級統一王者ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)の対戦交渉は、来年4月29日(現地時間)に開催の方向でまとまりつつある。

     

     

    ジョシュアの持つIBF王座が賭けられる他に、空位となっているWBAスーパー王座の決定戦となる試合は、英・ロンドンにある”サッカーの聖地”、ウェンブリー・スタジアムを会場として予定。

     

    同スタジアムでは、2014年5月にIBF・WBA世界スーパーミドル級タイトルマッチ。カール・フロッチ(英)vsジョージ・グローブス(英)第2戦が行われ、8万人の観衆を動員している。

     

    まずはジョシュアが10日(現地時間)に予定される、エリック・モリナ(米)との防衛戦でどんな試合を見せるのか。楽しみですね。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    ミゲール・コット(プエルトリコ)の復帰戦が、来年2月25日(現地時間)に米・テキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで予定されている。対戦相手の筆頭は、ジェームス・カークランド(米)で、元スーパーライト級王者ラモン・ピーターソン(米)の名前も候補にあがっている。

     

     

    サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)に敗れて以来、1年以上の時を置いて再起戦に挑むコットの興行は、HBO・PPVで放映を予定。

     

    しかし、カネロにショッキングな3回KO負けを喫して以来、1年半以上もリングを遠ざかっているカークランドは、PPVファイトでコットと戦う相手としては役者不足の声が強く、パッシングが激しい。

     

    そしてまた、ピーターソンも1年以上試合から遠ざかっており、「他に相手はいないのか?」の声が多数あがっている。

     

    さて、どうなるか?。今後に注目!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBAはミドル級スーパー王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と、正規王者ダニエル・ジェイコブス(米)の指名戦の入札を発表。入札は12月19日(現地時間)に、パナマシティのWBA本部で開催される。

     

     

    ゴロフキンvsジェイコブス戦は3月18日(現地時間)に、米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで、HBOの放映により開催されるとの予測が強かったが、WBAが指定した時間内に両陣営が契約には至らなかった。

     

    また、ヒルベルト・メンドサ・ジュニアWBA会長は、交渉がまとまらないスーパバンタム級スーパー王者ギレルモ・リゴンドウ(キューバ)vs暫定王者モイセス・フローレス(メキシコ)の指名試合も、同日に入札とすることを表明している。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    元4階級制覇王者ミゲール・コット(プエルトリコ)の復帰戦は、来年2月25日(現地時間)に米・テキサス州フリスコのフォードセンター(12000席)で、ジェームス・カークランド(米)とのスーパーウェルター級12回戦で行われることが決定。

     

     

    HBO・PPVで放映が予定される興行には、WBA世界スーパバンタム級スーパー王者ギレルモ・リゴンドウ(キューバ)vs暫定王者モイセス・フローレス(メキシコ)も組み込むことになる模様で、WBAが発令した12月19日の入札期限前の契約を目指して、交渉中であることが明かされている。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBAはスーパーミドル級スーパー王座決定戦。同級1位ヒョードル・チュディノフ(ロシア)vs同級3位ジョージ・グローブス(英)を指令。この王座は、薬物使用疑惑で退路を絶たれたフェリックス・シュトルム(独)が10月に王座を返上している。

     

     

    正規王者にジョバンニ・デ・カロリス(伊)が存在する中でのスーパー王座決定戦指令は、不可解と見られている。交渉期限は30日間。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    3階級制覇を達成したWBC世界スーパーバンタム級チャンピオン長谷川穂積(真正)選手が、現役引退を表明。「自分自身に対して、これ以上証明するものがなくなった」と語った王者は、2日後に開催されるWBC総会に出席し、その場で王座を返上する。

     

     

    「ボクサー長谷川穂積の挑戦は今日で終わるんですけど、これから一人の人として長谷川穂積の挑戦はまだまだ続くのでこれからもよろしくお願いします」

     

    ファンの皆様に、大きな感動と勇気を与えてくれた長谷川選手。お疲れ様でした。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    10日(現地時間)、英・マンチェスターで同級11位カリッド・ヤファイ(英)を相手に、防衛戦を予定していたWBA世界スーパーフライ級正規王者ルイス・コンセプシオン(パナマ)は、前日計量で正規ウェイトを作れず王座剥奪。試合は王座決定戦として行われ、ヤファイが勝った場合のみ新王者となることで挙行される。

     

     

    8月に東京で河野公平(ワタナベ)選手から王座を奪って行ったコンセプシオン。「ヤファイに勝って、次はファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の挑戦を受ける。要は条件次第。よく考えて、オファーするように」と豪語していたが、とんだ失態を犯してしまった。

     

    オーバーウェイトした相手との対戦を承諾したヤファイは、「世界チャンピオンになることを100%確信している」と、自信を見せている。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    10日(日本時間11日)に、米・ネブラスカ州オマハで開催予定のWBC&WBO世界スーパーライト級タイトルマッチ。王者テレンス・クロフォード(米)vsWBC3位・WBO2位ジョン・モリナ(米)の前日計量が同地で行われ、挑戦者のモリナが計量失格。

     

     

    クロフォードは139.6ポンドで一発クリアしたが、モリナは1回目144ポンド。2時間の猶予を与えられた再計量でも143.4ポンドで、140ポンドのリミットを作れなかった。試合はクロフォードが勝った場合のみ、防衛成功と認められる変則世界戦として行われる。

     

    クロフォードのファイトマネーは150万ドル(約1億7300万円)。モリナは40万ドル(約4600万円)だが、オーバーウェイトで1万ドル単位の罰金(非公開)を、クロフォードに支払うことになる。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    10日(日本時間11日)に米・ロサンゼルスでゴングを迎える、ダブル世界戦のファイトマネーは、WBA世界フェザー級タイトルマッチ。正規王者ヘスス・クエジャル(亜)vs挑戦者アブネル・マレス(メキシコ)は、両選手共に70万ドル(約8070万円)。

     

     

    IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチは、王者ジャモール・チャーロ(米)が55万ドル(約6340万円)。挑戦者の同級1位ジュリアン・ウィリアムス(米)は25万ドル(約2880万円)。

     

    IBF世界スーパーライト級挑戦者決定戦。同級3位レオナルド・ザッパビグナ(豪)vs同級4位セルゲイ・リピネッツ(ロシア)は、共に3万ドル(約350万円)。

     

    16戦全勝(11KO)無敗。世界スーパーウェルター級WBC5位、WBA10位、WBO15位のエリクソン・ルビン(米)は、50万ドル(約5800万円)。対戦相手のフアン・ウバルド・カブレラ(ドミニカ)は、7千ドル(約80万円)となっている。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    10日にニュージーランド・オークランドのベクター・アリーナで開催されたWBO世界ヘビー級王座決定戦。同級1位ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)vs同級3位アンディ・ルイスJr(米)は、パーカーが12回判定勝ちで新王者。スコアは115-113、115-113、114-114の2-0。

     

     

    タイソン・フューリー(英)の返上した王座を決める決定戦は、ルイスが序盤から積極的に前進。強打のパーカーはそれをさがりながら捌く展開。試合は決定的シーンはなく最終ラウンドを終了。地元の大声援に支えられたパーカーの手があがっている。

     

    新王者パーカーは、22戦全勝(18KO)無敗。惜しくも王座獲得ならなかったルイスJrは、29勝(19KO)1敗。

     

    セミファイナル。WBOインターコンチネンタル・ウェルター級タイトルマッチは、王者・WBO世界同級2位のジェフ・ホーン(豪)が、WBO世界同級8位アリ・フネカ(南ア)に、6回30秒TKO勝ち。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    10日(日本時間11日)、英・マンチェスターで行われたWBA世界スーパーフライ級王座決定戦。前日計量でオーバーウェイト。王座を剥奪された前王者ルイス・コンセプシオン(パナマ)と、同級10位カリッド・ヤファイ(英)の一戦は、ヤファイが12回判定勝ち。スコアは120-108、119-108、117-110の3-0。

     

     

    試合は前進するコンセプシオンをヤファイが足を使って捌く展開。ヤファイは接近するとクリンチでパナマ人の攻撃を寸断。地元のヤファイがポイントを押さえて行く形で迎えた第10ラウンド、ヤファイの左フックからの右でコンセプシオンはダウン。

     

    その後、逆転を狙って攻勢に出たコンセプシオンだが、ヤファイのアウトボクシングを崩す事は出来なかった。27歳の新王者ヤファイは21戦全勝(14KO)無敗。敗れたコンセプシオンは、35勝(24KO)5敗。

     

    ヘビー級8回戦に出場したWBA世界同級1位ルイス・キングコング・オルティス(キューバ)は、デビッド・アレン(英)に7回2分59秒TKO勝ち。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    10日(日本時間11日)、英・マンチェスター興行のメイン。IBF世界ヘビー級タイトルマッチ。王者アンソニー・ジョシュア(英)に同級8位エリック・モリナ(米)が挑んだ一戦は、ジョシュアが3回2分2秒TKO勝ち。

     

     

    試合開始からモリナはロープを背にガードを固める。ジョシュアは多彩な左でタイミングを図り、手を出さない挑戦者を追う。徐々に回転をあげた王者は、第3ラウンド強烈な右ストレートでモリナをダウン。何とか立ち上がったモリナだが、ジョシュアは容赦ない追撃。すかさずレフェリーストップとなった。

     

    圧勝でV2に成功したジョシュアは、18戦全勝(18KO)無敗。次戦はリングサイド最前列で観戦したウラジミール・クリチコ(ウクライナ)との対戦が予定される。全く不甲斐ない戦いぶりで敗れたモリナは、25勝(19KO)4敗。

     

    セミファイナル。WBC世界ヘビー級挑戦者決定戦と銘打たれた12回戦。WBC世界同級10位ディリアン・ホワイト(英)vs同級11位デレック・チゾラ(英)は、両選手、力の限りを尽くした激しい打撃戦を展開。一進一退の攻防戦の末に、ホワイトが12回判定勝ち。スコアは115-114、115-113、114-115の2-1。

     

    前WBA世界スーパーバンタム級正規王者スコット・クイッグ(英)vsWBC世界同級10位ホセ・カエタノ(メキシコ)は、空位のWBAインターナショナル・フェザー級王座を賭けて対戦。クイッグが9回1分23秒TKO勝ちで王座を獲得。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ。王者ジャモール・チャーロ(米)と、挑戦者・同級1位ジュリアン・ウィリアムス(米)の一戦は、チャーロが5回2分6秒KO勝ち。
     


    試合は第2ラウンドにダウンを奪い有利に立った王者が、5回に右アッパーでダウンを追加。立って来た挑戦者に、今度は強烈な左フックで留めをさした。
     
    IBF世界スーパーライト級挑戦者決定戦。同級3位レオナルド・ザッパビグナ(豪)vs同級4位セルゲイ・リピネッツ(ロシア)は、リピネッツが8回1分32秒KO勝ち。
     
    16戦全勝(11KO)無敗。世界スーパーウェルター級WBC5位、WBA10位、WBO15位のエリクソン・ルビン(米)vsフアン・ウバルド・カブレラ(ドミニカ)は、ルビンが2回2分9秒TKO勝ち。
     
    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃
    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    10日(日本時間11日)、米・ロサンゼルスで開催されたWBA世界フェザー級タイトルマッチ。正規王者ヘスス・クエジャル(亜)vs挑戦者アブネル・マレス(メキシコ)は、マレスが12回判定勝ちで新王者。スコアは117-110、116-111、112-115の2-1。

     

     

    試合は序盤戦をマレスがリード。しかし、クエジャルも中盤から反撃。両選手互いに譲らぬ激しい攻防戦となった。拮抗したラウンドが続いた中迎えた第11ラウンド、挑戦者がサウスポーの王者が出てくる所に右ストレートを合わせると、クエジャルは背中からキャンバスへ。

     

    このダウンが勝負を分ける形になり、マレスが判定勝利で世界王座に返り咲いた。好ファイト。勝ったマレスは、30勝(15KO)2敗1分。カール・フランプトンvsレオ・サンタクルス戦の勝者との対戦を希望している。6度目の防衛に失敗したクエジャルは、28勝(21KO)2敗。早速、再戦を希望した。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    10日(日本時間11日)、米・ネブラスカ州オマハで開催されたWBC&WBO世界スーパーライト級タイトルマッチ。王者テレンス・クロフォード(米)vsWBC3位・WBO2位ジョン・モリナ(米)は、クロフォードが8回2分32秒TKO勝ち。

     

     

    前日計量で挑戦者モリナがオーバーウェイトで計量失格。王者が勝った場合のみ防衛成功となる変則世界戦となった試合は、頭を下げて前進、ビッグパンチを振るうモリナを、サウスポースタンスのクロフォードが自在にコントロール。

     

    迎えた第8ラウンド、左ボディストレートを受けコーナーに後退するモリナに、クロフォードが一気に襲いかかり、強烈な右フックを決めるとモリナはキャンバスへ崩れ落ちる。同時にマーク・ネルソン(米)主審が試合をストップした。

     

    セミファイナル。IBF世界ライト級8位レイムンド・ベルトラン(メキシコ)が、WBO世界同級4位メイソン・メイナード(米)とグローブを交えた一戦は、ベルトランが7回51秒KO勝ち。メイナードが保持していたWBO北米同級王座を獲得するとともに、空位だったWBC北米同級王座も手に入れている。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    フリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ)が、1年5ヶ月ぶりにリング登場。ドミニク・ブリッジ(独)を相手にした169ポンド契約10回戦は、チャベスJrが10回判定勝ちで復帰戦を飾った。10日(日本時間11日)、メキシコ・モンテレー、モンテレー・アリーナ。

     

     

    試合はジャジ三者が揃って99-91とスコアする、チャベスJrの圧勝。50勝目(2敗1分1NC)をあげた元ミドル級王者だが、再びビッグ舞台へ上がるほどのアピールは出来なかった。

     

    さて、今後どんなレールが敷かれるのかに注目!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界ヘビー級王者アンソニー・ジョシュア(英)と、元3団体統一ヘビー級王者ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)が、来年4月29日(現地時間)に英・ロンドンのウェンブリー・アリーナで対戦することが、正式決定。

     

     

    試合はジョシュアの持つIBF王座が賭けられる他に、空位となっているWBAスーパー王座の決定戦となる。

     

    リングサイド最前列で見つめるクリチコの前で、エリック・モリナ(米)の挑戦を一蹴したジョシュアは、「歴史に残る試合。私はさらなる高みを目指している。壮絶な試合になるだろう」と自信満々で決戦の時を待つ。

     

    一方のクリチコも、「経験は若さを上回るもの。戦う準備は出来ている」と、若きチャンピオンとの戦いを心待ちにしている。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBC&WBO世界スーパーライト級タイトルマッチ。王者テレンス・クロフォード(米)vsWBC3位・WBO2位ジョン・モリナ(米)。試合は挑戦者のオーバーウェイトで、王者が勝った場合のみ防衛となる変則世界戦となった。10日(日本時間11日)、米・ネブラスカ州オマハ、センチュリーリンク・センター。

     

    IMG_6421.jpgIMG_6389.jpg

     

    リミットを3.4ポンドオーバーのモリナ。その胸中やいかに。

     

    IMG_6438.jpgIMG_6481.jpgIMG_6605.jpg

     

    試合は前進しビッグパンチを振り回すモリナを、サウスポースタイルの王者が自在にコントロール。

     

    IMG_6702.jpgIMG_6730.jpgIMG_6741.jpg

     

    暴れ牛モリナを捌く、闘牛士クロフォード。

     

    IMG_6747.jpgIMG_6753.jpgIMG_6816.jpgIMG_6843.jpgIMG_6889.jpgIMG_6894.jpg

     

    第8ラウンド、ニュートラルコーナーへ後退したモリナに、クロフォードが一気に襲い掛かる。

     

    IMG_6906.jpgIMG_6909.jpg

     

    強烈な右フックでモリナが崩れ落ちると同時に、マーク・ネルソン(米)主審は試合をストップ。

     

    IMG_6920.jpg

     

    TKOタイム8回2分32秒。

     

    IMG_7006.jpgIMG_6977.jpg

     

    全く危なげない試合ぶりで圧勝のクロフォードは、30戦全勝(21KO)無敗。今後の動向が大いに注目されます。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBA世界フェザー級新正規王者アブネル・マレス(メキシコ)のプロモーター、リチャード・シェーファーは、マレスが今後、世界フェザー級王座を統一して行くことを明言。まずは1月28日(現地時間)に米・ラスベガスで予定されるWBA世界同級スーパー王座戦、カール・フランプトン(英)vsレオ・サンタクルス(メキシコ)の勝者か、IBF世界同級王者リー・セルビー(英)との対戦を目指す。

     

     

    マレス、フランプトン、サンタクルス、セルビー、そしてWBC世界同級王者ゲーリー・ラッセルJr(米)は、全てアル・ヘイモン傘下にあり、今後のマッチメークは順番の違いこそあれ、これらの王者対決を実現させて行くことは大いに可能な状態。

     

    マレスの王座返り咲きにより、フェザー級王者対決のファイトマネーは100万ドルを超えていくことになるのは確実で、生き残った者が、さらなる高報酬を獲得して行くことになる。

     

    今後のシェーファーの手腕に期待!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    12月30日に日本で予定されていた井上拓真(大橋)選手との防衛戦がキャンセルとなった、WBO世界バンタム級王者マーロン・タパレス(比)のV1戦は、現在、3つのオファーがあり、王者陣営が検討中。

     

     

    英、ロンドンからは元IBF世界同級王者ポール・バトラー(英)、同じくベルファストからは15戦全勝(9KO)無敗で、WBC8位、WBA15位にランクされるライアン・バーネット(英)からの招聘で、他に、3月に日本で防衛戦を行うプランもあるという。

     

    果たしてタパロスは稼げる英国リングを選択するのか、最初の予定通リ日本のリングに上がるのか。今後に注目!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


older | 1 | .... | 148 | 149 | (Page 150) | 151 | 152 | .... | 269 | newer