Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。

older | 1 | .... | 147 | 148 | (Page 149) | 150 | 151 | .... | 269 | newer

    0 0

    無敗のニコラス・ウォータース(ジャマイカ)の挑戦を一蹴した、WBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は、次のターゲットに唯一の黒星を喫している相手、オルランド・サリド(メキシコ)との再戦をあげた。

     

     

    サリドに借りを返した後は、WBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)への挑戦。首尾よく3階級制覇を達成した後は、来年後半にもスーパーライト級でマニー・パッキャオ(比)とグローブを合わせることを考えている。

     

    パッキャオは、スーパーライト級リミットで戦うことに関しては、「なんの問題もない」とコメントしており、ロマチェンコが本当に増量してくると、夢のビッグマッチが実現するかもしれない。

     

    今後に大注目!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界スーパーライト級王者エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)への指名挑戦権を賭けた挑戦者決定戦が、12月10日(日本時間11日)、米・ロサンゼルスで開催される、クエジャールvsマレス戦のアンダーカードに組み込まれた。

     

     

    カードは、同級3位レオナルド・ザッパビグナ(豪)=35勝(25KO)2敗=と、同級4位セルゲイ・リピネッツ(ロシア)=10戦全勝(8KO)無敗=の組み合わせ。

     

    これも興味深い戦いです。果たして、どちらが指名挑戦権を手に入れるのか。大いに注目です。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    つにファイトマネーが100万ドルの大台を超えたWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)。そのロマチェンコの目の上のたんこぶが、プロ2戦目に苦杯を喫した相手オルランド・サリド(メキシコ)で、王者の復讐心は異常に強い。

     

     

    ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)に完勝した後も、サリドとの再戦を希望するロマチェンコに対し、サリド陣営も早速反応。ショーン・ギボンズ・マネジャーは、「サリドはロマチェンコを倒す唯一のファイター」だとし、再戦には大乗り気。

     

    リマッチ実現は条件次第ということになるのだろうが、ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)の公表されているファイトマネーが30万ドル。しかし、トップランクにより55万ドルが保証されているという情報もある。

     

     

    ロマチェンコの報酬アップは、対戦相手にとっても大いに歓迎というところで、今後の条件闘争が注目される。

     

    そしてサリドの他にもう一人、「ロマチェンコ、ウェルカム!」なのが、ギレルモ・リゴンドウ(キューバ)。「私はウェイト無差別。いつでも戦う準備は出来ている」と、増量していくライバルを挑発している。

     

     

    ボブ・アラムは、「個人的に観てみたい」と言っていただけに、ロマチェンコvsリゴンドウには、まだ興味がありそうな感じ。アラムに同感するファンも多く、本当になんとかしてくれないかなァという思いはありますね。

     

    今後に注目!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    英・プロモーター、エディ・ハーンは、WBA世界ライト級正規王者ホルヘ・リナレス(帝拳)選手と、前王者アンソニー・クローラ(英)の再戦を、来年3月25日(現地時間)に英国で開催することを示唆。

     

     

    リナレス選手をサポートするゴールデン・ボーイ・プロモーションのエリック・ゴメス社長も、これには異存が無い事を明らかにしており、両者の再戦が行われるのは間違いなさそうです。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    元ライト級王者のブランドン・リオス(米)と、元ウェルター級王者ビクター・オルティス(米)による、ウェルター級での生き残りを賭けたサバイバル戦が、2月4日(現地時間)に、米・ロサンゼルスでセットされる。

     

     

    リオス(30歳)は昨年11月、ティモシー・ブラッドリーに9回TKO負けを喫し、引退を表明。しかしその後、「5年の契約期間は終わった」として、トップランクからのフリーエージェントを宣言。長年連れ添ったロバート・ガルシア・トレーナーとも袂を分けての再出発となる。

     

    一方のオルティス(29歳)。フロイド・メイウェザーJr(米)と対戦したのは、もう5年前になる。ビッグマネーを稼いだ後は、めっきり試合も減り、今年4月のアンドレ・ベルト(米)戦では、4回KO負けで5年前の借りを返された。

     

     

    私生活も荒れ気味で、8月にコンサート会場での暴行事件で、執行猶予3年の有罪判決を受けると、9月には飲酒運転で逮捕されるなど散々。

     

    共に今は世界トップ15に入っていないが、かつて人気選手と好ファイトを演じて来た知名度はまだ健在。再びトップ戦線に絡むには、どちらも負けられないサバイバル戦となる。両選手の報酬も気になりますね。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界バンタム級挑戦者決定戦。同級3位オマール・ナルバエス(亜)vs同級5位エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)は、来年1月13日(現地時間)にアルゼンチンのチュブにて開催されることを、興行権を持つナルバエス側の、KO・インターナショナルが発表。

     

     

    井上尚弥(大橋)選手にWBO世界スーパーフライ級王座を追われた41歳ナルバエスが、執念を燃やす3階級制覇チャレンジへの道を自ら切り開くのか、それとも、15戦全勝(10KO)無敗のロドリゲスが、老雄に引導を渡すのか。大いに注目の一戦です。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBA世界スーパーウェルター級王者エリスランディ・ララ(キューバ)の次期防衛戦は、来年1月13日(現地時間)に米・フロリダ州マイアミで、元王者の同級10位ユーリ・フォアマン(ベラルーシ)を相手に行われる。

     

     

    2014年7月、サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)に惜敗しているララ(33歳)だが、この試合はララの勝利を声にする関係者、ファンも多かった。以後、カネロとの再戦の機会を望んでいるが、なかなかビッグマッチに恵まれない。23勝(13KO)2敗2分。

     

    一方のフォアマン(36歳)は、2010年6月にミゲール・コット(プエルトリコ)に世界王座を奪われて以来のチャンス到来。昨年12月、2年のブランクを経てリングに復帰したが、今年は一戦のみで、王者圧倒的優位の予想は動かないだろう。34勝(10KO)2敗1NC。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    休養中のWBC世界スーパーフェザー級王者フランシスコ・バルガス(メキシコ)の復帰戦が、来年1月28日(現地時間)に米国でのHBO放映ファイトで計画されている。G・B・Pのエリック・ゴメス副社長が語ったもの。

     

     

    WBC世界同級は、同級1位三浦隆司(帝拳)選手と、2位ミゲル・ローマン(メキシコ)による暫定王座決定戦が指令されており、こちらの方の行方も気になる所。同時期に日本で行われそうな感じもしますが?。

     

    ゴメス氏はオルランド・サリド(メキシコ)、ローマン、三浦選手、「バルガスは誰とでも戦う」とし、王座統一を希望するWBO世界同級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との戦いにも、条件次第で受け入れる姿勢を示している。

     

    WBC世界スーパーフェザー級戦線。面白くなりそうです!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBC世界スーパーフェザー級王者フランシスコ・バルガス(メキシコ)vsWBO世界同級暫定王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)。WBC世界同級1位三浦隆司(帝拳)vs2位ミゲル・ローマン(メキシコ)が、来年1月28日(現地時間)に米・カリフォルニア州インディオで、HBOファイトとして開催されることを、ESPNが伝えている。

     

     

    バルガスvsベルチェル戦に、WBOの暫定王座が賭けられるのかどうかは分からないが、ルール上勝者は、WBO世界同級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との対戦義務を持つことになる。

     

    WBCの暫定王座決定戦となる三浦vsローマン戦勝者は、バルガスvsベルチェル戦勝者と対戦することになるが、それぞれの試合の結果により、その後のビジネスは動いて行きそう。来週にも予定されるという、正式発表が待たれます。

     

    スーパーフェザー級の主役は完全にロマチェンコに移ったが、ロマチェンコへの刺客として海外ファン、識者からは日本のハードパンチャー、三浦選手、そして内山高志(ワタナベ)選手を期待する声もある。楽しみですね。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    ミドル級からスタートし、世界ヘビー級を制したこともあるロイ・ジョーンズJr(米)が、来年2月17日(現地時間)に米・デラウエア州ウィルミルトンで、WBF世界クルーザ級王座決定戦に出場。マイナー団体ながら、世界5階級制覇がかかることになる。

     

     

    試合日には48歳となっている元4冠王の対戦相手は、ボビー・ガン(米)。43歳になる元世界挑戦者は現在3連敗中、これが3年2ヶ月ぶりの復帰戦で、戦績は21勝(18KO)6敗1分1NC。

     

    安全パイに見えるガンだが、それでも心配なのは最近のジョーンズJrの打たれ脆さ。よもやの一発を喰らわないことを祈りたい。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    2日(日本時間3日)、ロシア・モスクワで開催されたIBF世界ライト級挑戦者決定戦。同級3位リチャード・コミー(ガーナ)vs同級5位デニス・シャフィコフ(ロシア)は、シャフィコフが12回判定勝ち。スコアは116-112、115-113、112-116の2-1。

     

     

    コーミーは地元シャフィコフの圧力に屈し、現王者ロバート・イースターJr(米)との王座決定戦に続き、惜しい試合を落とした。イースターJrへの挑戦権を獲得した、サウスポーのファイター、シャフィコフは、38勝(20KO)2敗1分。コーミーは、24勝(22KO)2敗。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    オルランド・サリド(メキシコ)のショーン・ギボンズ・マネジャーは、ボブ・アラムからWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との再戦交渉開始の連絡を受けたことを報告。ロマチェンコに唯一の黒星を与えた男サリドは、再戦にも自信満々。

     

     

    坐骨神経痛で休養を余儀なくされたサリドだが、来春のリング復帰には問題なさそうで、今後の条件闘争に注目が集まる。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界ライトフライ級王者八重樫 東 (大橋)選手の2度目の防衛戦は、IBF世界ミニマム級8位サマートレック・ゴーキャットジム(タイ)が相手。当初は11月26日に比国で行われた暫定王座決定戦の勝者ミラン・メリンド(比)と対戦の予定だったが、メリンドが鼻骨骨折で辞退。

     

     

    八重樫vsサマートレック戦の勝者が、90日以内にメリンドと対戦することになる。試合は12月30日に東京・有明コロシアムで開催。WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(大橋)vs前WBA世界同級王者河野公平(ワタナベ)とのダブル世界戦。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界スーパーライト級タイトルマッチ。王者のエドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)が、同級15位ジュリアス・インドンゴ(ナミビア)を相手にした3度目の防衛戦は、3日(日本時間4日)、ロシア・モスクワで行われ、インドンゴが初回40秒KO勝ちで王座奪取。

     

     

    試合は初回、プレスを強め出ていこうしたトロヤノフスキーに、身長179センチの長身サウスポー、インドンゴの左ロングフックがヒット。キャンバスへ崩れ落ちた王者のダメージは深刻で、ノーカウントで試合はストップとなっている。

     

    33歳の新王者インドンゴは、21戦全勝(11KO)無敗。これが初黒星のトロヤノフスキー(36歳)は、25勝(22KO)1敗。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    3日(現地時間)、ロシア・モスクワ興行のメイン。IBF世界クルーザー級タイトルマッチ。王者デニス・レベデフ(ロシア)vs同級2位ムラト・ガシエフ(ロシア)は、5回にダウンを奪ったガシエフが12回判定勝ちで新王者。スコアは116-112、116-111、113-114のスプリット。

     

     

    WBA世界同級スーパー王座も保持しているレベデフは、正規王者ベイブド・シュメノフ(カザフスタン)との対戦を指令されていたが、WBA6位にランクされるガシエフと対戦。WBAはこの戦いを世界戦として承認しなかった。

     

    23歳の新王者ガシエフは、24勝(17KO)無敗1NC。敗れた37歳のレベデフは、29勝(22KO)3敗。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    IBF世界スーパーバンタム級3位岩佐亮佑(セレス)選手が、指名挑戦権を獲得。大晦日に京都で行われる同級王者ジョナサン・グスマン(ドミニカ)vs小國以載(角海老宝石)の勝者に挑戦することになった。

     

     

    米・コネチカット州マシャンタケットに乗り込んだ岩佐選手は、11月19日(日本時間20日)に同級6位ルイス・ロサ(プエルトリコ)との挑戦者決定戦を行う予定だったが、前日計量でロサは125ポンドと3ポンド超過。3時間後の再計量でも124ポンドまでしか落とせず、ギブアップ。試合は中止となっていた。

     

    プロモーターサイドから、オーバーウェイトでの試合開催を要請された岩佐陣営だが、これは拒否して正解。

     

    岩佐陣営の小林昭司会長は来年春の挑戦を目指し、米国でのスパー合宿を計画するなどして調整して行く事を示唆している。楽しみですね!。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    3日(日本時間4日)、英・スコットランド・ペイズリーで開催されたWBO世界ミドル級タイトルマッチ。王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)に、同級10位アルツール・アカボフ(ロシア・米在住)が挑んだ一戦は、ソーンダースが12回判定勝ち。スコアは116-113、116-112、115-113の3-0。

     

     

    王座獲得から約1年ぶりのリング登場のソーンダースが、不出来ながらも、何とかアカボフを振り切り初防衛に成功。次戦はWBOから指令されたスーパーウェルター級王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)との対戦になるのかに、注目が集まります。

     

    WBOインターコンチネンタル・スーパーライト級タイトルマッチ。16戦無敗(9KO)のWBO世界同級5位・王者ジャック・カテロール(英)vsディエゴ・ゴンサロ・ロケ(亜)は、カテロールが10回判定勝ち。スコアは100-89、100-90、99-91の3-0。

     

    元IBF世界バンタム級王者ポール・バトラー(英)は、アレキサンダー・カサレス(メキシコ)に10回大差の判定勝ち。スコアは100-91×3。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBO世界ミドル級タイトルマッチ。王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)vs同級10位アルツール・アカボフ(ロシア・米在住)。3日(日本時間4日)、英・スコットランド・ペイズリー、ラグーン・レジャー・センター。約1年ぶりのリング登場となるソーンダース。

     

    IMG_5190.jpgIMG_5192.jpg

     

    世界初挑戦のアカボフ。

     

    IMG_5198.jpg

     

    前統一世界ヘビー級王者タイソン・フューリーがベルトを掲げて入場。

     

    IMG_5210.jpgIMG_5219.jpgIMG_5226.jpgIMG_5228.jpg

     

    試合開始。

     

    IMG_5239.jpgIMG_5252.jpgIMG_5270.jpgIMG_5289.jpg

     

    サウスポー同士の一戦は速いパンチの交換で、主導権争いが繰り広げられた。

     

    IMG_5308.jpgIMG_5325.jpgIMG_5329.jpgIMG_5332.jpgIMG_5335.jpgIMG_5370.jpgIMG_5382.jpgIMG_5388.jpgIMG_5390.jpgIMG_5418.jpgIMG_5425.jpg

     

    前に出るアカボフ。ソーンダースはロープを背にしながらも、うまくパンチを殺した。

     

    IMG_5428.jpgIMG_5453.jpgIMG_5484.jpgIMG_5491.jpgIMG_5524.jpgIMG_5528.jpgIMG_5532.jpgIMG_5538.jpg

     

    試合は中盤以降、ようやくソーンダースが抜け出す。

     

    IMG_5550.jpgIMG_5566.jpgIMG_5579.jpgIMG_5599.jpgIMG_5626.jpgIMG_5633.jpgIMG_5637.jpgIMG_5671.jpgIMG_5675.jpg

     

    挑戦者も最後まで抵抗。

     

    IMG_5687.jpgIMG_5714.jpgIMG_5732.jpgIMG_5742.jpgIMG_5748.jpgIMG_5767.jpgIMG_5769.jpgIMG_5776.jpg

     

    試合終了。王者の手があがったが、快勝には程遠く、その表情は渋い。

     

    IMG_5794.jpgIMG_5800.jpgIMG_5834.jpg

     

    スコアは116-113、116-112、115-113。

     

    IMG_5812.jpg

     

    WBO立会人は、元五輪金メダリストで、元WBO世界フェザー級王者のイストバン・コバチ(ハンガリー)氏。

     

    IMG_5824.jpgIMG_5845.jpg

     

    初防衛に成功したソーンダースの次戦は、サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)らとの対戦が予測されるが、この日の出来を見る限り、「相当、厳しい戦いになる」との見方が強い。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    WBC世界スーパーフライ級王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)と、前王者カルロス・クアドラス(メキシコ)の再は、来年3月、米・ニューヨークで、行われることになる模様。

     

     

    NY開催となれば連動してくるのが、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)vsダニエル・ジェイコブス(米)の、世界ミドル級WBA指令試合。交渉はまだ継続中で、3月18日(現地時間)、マジソン・スクエア・ガーデン開催の話もある。

     

    このあたり、どう繋がってくるのか。大いに楽しみです。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


    0 0

    元IBF世界バンタム級王者ポール・バトラー(英)vsアレキサンダー・カサレス(メキシコ)。3日(日本時間4日)、英・スコットランド・ペイズリー、ラグーン・レジャー・センター。世界王座復帰を狙うバトラーは、ゾラニ・テテ(南ア)に敗れて以来5連勝中。

     

    IMG_4340.jpgIMG_4342.jpg

     

    カサレスは13勝(6KO)7敗。これまでKOされたことがないタフネスが自慢。

     

    IMG_4371.jpgIMG_4428.jpgIMG_4452.jpgIMG_4510.jpg

     

    試合の主導権を握ったのはバトラー。上下の打ち分けで、積極的にメキシカンを攻め立てるが、カサレスもしぶとく抵抗。

     

    IMG_4565.jpgIMG_4639.jpgIMG_4640.jpgIMG_4645.jpg

     

    試合は決定的シーンがないまま10回を終了。バトラーの手があがった。スコアは100-91×3。

     

    IMG_4653.jpgIMG_4665.jpg

     

    バトラーは、23勝(12KO)1敗。今後は同国人のWBA世界バンタム級正規王者ジェームス・マクドネル、IBF世界同級王者リー・ハスキンスへの挑戦を目指す他、WBO世界同級王座挑戦者決定戦への出場も考えているという。

     

    応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

    【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】


older | 1 | .... | 147 | 148 | (Page 149) | 150 | 151 | .... | 269 | newer